生徒の挑戦を応援、大阪市北区のトミー先生のバク転教室

現代社会では、意識をしていないと、身体を動かしていない時間の方が多いと感じることがありませんか?そして、身体をなかなか動かさないことによって、運動不足になったり筋力が低下したりして、生活習慣病になってしまうなんてことも少なくはありません。

また大人だけではなく、お子さんでも、昔に比べて身体を動かす遊びよりも自宅でゲームをしたり、インターネットをしたりと自宅で過ごす時間が増えています。その結果、なかなか体力がつかない、といった親御さんのお悩みもよく耳にします。

時代の流れとともに変化が生じるのは仕方のないことですが、それでも身体を楽しく動かすことができれば、今よりも自然と健康的になっていくものではないでしょうか。

さて今回は、お子さんに楽しく身体を動かす方法を学んで欲しいと思っている親御さんや、大人になっても楽しく運動不足を解消したいと思っている方にこそぜひご紹介したい、子供はもちろん大人も身体を楽しく動かせる大阪市北区のトミー先生のバク転教室さんにお話をお伺いしてきました。

こちらでは、実際にどのような運動をすることが可能なのか、またなぜこのお仕事を始められたのかなど、そのきっかけや今までにあった印象的な出来事、ご自身のお仕事に対してどのような想いがあるのかなど、より具体的な内容を詳しく代表に聞いていこうと思います。

トミー先生のバク転教室さんとは

筆者
トミー先生のバク転教室さんについて、まずは詳しくお話をお聞かせください。こちらのお仕事をはじめることになったきっかけなどがあれば、ぜひ教えてください。
代表
私は、小学校2年生に体操を始めて、辞めた時期もありましたが、高校生まで選手として続けていました。その後に、インストラクターの専門学校でエアロビクスに出会い、そのおもしろさを知り、最初は体操ではなく大人の方にエアロビクスやヨガ、ピラティスを教えていました。
筆者
今とは異なり、大人の方のみにレッスンを行っていたのですね。
代表
はい、しかし自身の子どもが生まれたことをきっかけに、子供への指導にも興味が湧いたので、お子さんたちに体操の指導を始めるようになりました。
筆者
ご自身のお子さんがきっかけでお子さんにも指導をしたいと思い始めたのは、とても素敵なことだと思います。
代表
ありがとうございます。当教室にはお子さんはもちろんですが、大体の年齢ですと、年少さん~60代のシニアの方まで、幅広い年代の方に通っていただいています。

 

筆者
体操というのは、幅広い世代が楽しむことができるのですね。今は、どのような年代の方が一番多いのでしょうか?
代表
現時点で一番多いのは、小学生のお子さんですね。特に人気があるのは、キッズアクロバットクラスです。基本的な技から応用まで幅広く取り組んでいくクラスです。
そして、基礎クラスもありますので、まずは体操を始めさせたいということであれば、こちらのクラスに参加していただくことをおすすめしています。
筆者
こちらで指導するにあたって、何か気をつけていることなどありますか?
代表
そうですね。運動を楽しんでもらうことはもちろんなのですが、運動するにあたって怪我はつきものですので、まずは怪我をしないよう気をつけています。
筆者
確かにお子さんだと目を離した隙に、無理な運動をしてしまって怪我をする恐れもありますよね。
代表
はい、そうならないように当教室では少人数制を取り入れて、お子さんたちに常に気を配れるようにしています。
筆者
それはとても大切なことですね。
代表
はい、楽しいはずの運動で怪我をしてしまうのはとても残念なことなので、そうならないように常に気をつけて、指導することを心がけています。

 

準備体操から楽しんでもらえるように

筆者
トミー先生のバク転教室さんでは、お仕事をされる上で、これだけは譲れないといった部分や、ここだけはこだわっているといった部分があれば教えてください。
代表
こだわりというか、とにかく楽しんで身体を動かすことを感じてほしいと思っているので、準備運動からそういう楽しみを感じてもらえるように工夫しています。
筆者
具体的には、どのようなことをされているのでしょうか?
代表
準備運動では、ダンスのエクササイズを行っています。ダンスを行うことで、お子さんたちはリズム感や音に合わせて身体を動かす過程を楽しんで学ぶことができます。
筆者
体操だけではなく、ダンスでも身体を動かす楽しさを感じて学ぶことができる、ということですね。
代表
はい。体操もとても楽しいですが、ダンスで身体を動かすのはまた違った楽しみを感じることができると思うので、ぜひ楽しんでもらえたらと思っています。
筆者
体操を教えるときに、心がけていることはありますか?
代表
まずは褒めることを大切にしています。褒めて認めてあげること、そして、認めてからもっと良くなるように、改善点を伝えるようにしています。特に改善点はポジティブに伝えるように気をつけていますね。
筆者
頭ごなしにできないことを先に言われてしまうと、やる気もなくなってしまいますよね。
代表
はい、特に子供の時期というのは感情が育つ時期でもあります。意識して指導循環を大事にするようにして、最初に認める、そして出来ているかをしっかり観察し、ポジティブに褒めて改善する、これがとても大切なことだと思っています。
筆者
体操に限らず、お子さんに何かを教える時には、とても大切なことだと思います。
代表
はい、どんな時でもこの指導方法で、お子さんには伝えるようにしています。

 

身体を動かすことの大切さ

筆者
お仕事をされている中で、一番大切にされていることなどあれば教えてください。
代表
そうですね。大人だから、子供だから、先生だから、生徒だからという線引きをせず、実際にどのように身体を動かすのかを楽しく見せてあげることが大事だと思っています。
筆者
まずは先生がわかりやすく身体を動かして、見せてくれているということですね。
代表
はい、お子さんには、口で説明するよりもまず見せた方が情報が伝わりやすく、一番早く理解できる方法だと思っています。
筆者
確かに、言葉で伝えるよりも、身体で動いて見せた方がお子さんには伝わりやすそうですね。
代表
はい、子供たちが実際に見た後に「やりたい!やってみたい!」と思ったその瞬間のエネルギーは、すごく大きいと思っています。
筆者
やってみたいと思う気持ちは、子供だけでなく、大人でも原動力になりますよね。
代表
はい。なので、その気持ちを大切に育んで、お子さんがより身体を動かすことを楽しいと感じてもらえると嬉しく思います。

 

筆者
他にも、指導の面で意識されていることはありますか?
代表
少人数で指導しているので、お子さん一人一人にしっかりとフォローやアドバイスをしながら丁寧な指導を心掛けています。
筆者
お子さん一人一人、覚え方や成長の仕方は異なるので、とても大切なことですよね。
代表
はい、なんで出来ないのかを自分で考えてもらいつつも、身体をどうやって使ったら良いのかなどのコツも楽しく伝えたいと常に思っています。
筆者
ありがとうございます。それでは最後に、皆さんに伝えておきたいことなどありましたら教えてください。
代表
最近は、なかなか身体を動かすことができない時期でもありますが、身体を動かすというのは、楽しいだけでなく良いストレス解消にもなります。なので、お子さんだけでなく、大人の方もぜひお気軽に体操教室へ参加していただけたら嬉しいです。身体を動かすことで、自然と不調が改善する場合もあるので、ぜひこの機会に運動を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

子供はもちろん大人も身体を楽しく動かしたいなら大阪市北区のトミー先生のバク転教室さんへ

名称 トミー先生のバク転教室
代表者 冨岡 広希
住所 大阪市北区天神橋3-11-16 レクシアビル
教室開催日 火曜・土曜・日曜
電話番号 090-4565-5111
WEBサイト トミー先生のバク転教室

いかがでしたでしょうか。 今回は子供はもちろん大人も身体を楽しく動かせる大阪市北区のトミー先生のバク転教室さんをご紹介しました。

身体を楽しく動かす方法には、筋トレや有酸素運動など、様々なものがありますが、体操も立派な運動の一つ。体操に興味のある方は、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?きっと運動不足を楽しく解消することができると思います。

また大人だけでなく、なかなか運動をしたがらないお子さんでも、先生が楽しくそしてかっこよくバク転などをする姿を見ると「自分もやってみたい」と自ら動くようになるかもしれませんね。

大人子供に限らず、体操を通じて、多くの人が身体を動かすことの楽しみを感じて知ってもうことで、きっと無理なく健康的な体づくりをすることができるようになるのではないでしょうか。ぜひ、辛い運動や苦しい運動をしたくないという方は、楽しく運動することのできるトミー先生のバク転教室に参加してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

このサービスをみんなにシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

ネコの視点専属ライターです。
お店やサービス新商品などを中心に紹介しており実際に話を聞いてみたり、体験してみたりすることによって、ネット上のどのクチコミよりも正確で正直な内容を執筆しています。
インターネットでサービスや商品を購入したりする方が真に求めるサービスや商品に出会って欲しいと考えています。