魅力的な写真は人を惹きつける、大阪市で写真や動画の撮影ならAOI Photo Office

仕事をしている中で、写真が必要となる業種の方は、とてもたくさんいるのではないでしょうか?例えば自社の製品をお客様に伝えたいとなると、広告やWEB上に、その製品の写真が必要となりますよね。そして、飲食店であればメニューに載せるための料理写真、チラシに載せるための宣材写真と、写真は常に欠かせないものです。

写真というのは、カメラがあれば気軽に誰でも撮れることからつい自分で撮ってしまう方も多いです。ですが、プロにきちんと依頼することで、自分で撮るよりもはるかに素敵な写真を残すことができますし、その結果、製品などに対してお客様へより好印象を与えて伝わりやすくなるのではないでしょうか。

さて今回は、プロに写真を撮ってもらい、お客様により良く製品やサービスを伝えたい方や、広告宣伝用の写真を撮って欲しいと思っている方、ウェディングなどの記念日の写真を撮ってほしい方にこそぜひご紹介したい、写真から動画まで撮影全般を承っているAOI Photo Officeさんにお話をお伺いしてきました。

こちらでは、実際にどのような撮影を行っているのか、またなぜこのお仕事を始められたのか、そのきっかけや今までにあった印象的な出来事、ご自身のお仕事に対してどのような想いがあるのかなど、より具体的な内容を詳しく代表に聞いていこうと思います。

AOI Photo Officeさんとは

筆者
AOI Photo Officeさんについて、まずは詳しくお話をお聞かせください。こちらの会社を始められたきっかけはなんでしょうか?
代表
実は、私はもともと高校生の頃に、子役として活動していた経験があります。その中で、いつも撮影を行う現場がとても好きだなと感じていました。
筆者
子役をされていたというのは、とても驚きの経歴ですね。現場のどんな雰囲気が好きだったのですか?
代表
この現場ではどんな撮影が行われて、どんな作品ができるのかと、わくわくする感じが好きでしたね。
筆者
ドラマや映画の撮影というと、とてもたくさんの人が関わって、一つの作品ができていきますよね。
代表
はい、そうですね。現場には様々な業種のプロがたくさん居て、そんな空気感がとても好きでした。
筆者
子役の活動をやめてからは、どのようなお仕事をされていたのでしょうか?
代表
その後は、ウェディング雑誌や広告代理店のディレクターになりました。
筆者
具体的には、どのようなお仕事をされていたのでしょうか。
代表
結構、他業種を一人でやることが多かったので、ディレクター兼カメラマン兼ライター兼デザイナーと様々な仕事を兼任していました。
筆者
どれくらいの間、そのお仕事をされていたのでしょうか?

 

代表
約2年半ほどですね。東京と大阪で働いたのですが、そこでカメラマンに興味を持ち、自分で撮影したいと思いはじめ、2020年10月からAOI Photo Officeを始めました。
筆者
これまでの経験を全て活かして、このお仕事を始められたということですね。
代表
そうですね。子役の頃から、撮影現場に対してワクワクした想いを持っていたことも、その後のディレクションの仕事も、全て繋がっていると感じています。
筆者
それは、とても素敵なことだと感じます。
代表
ありがとうございます。撮影の仕事は、自分にとって天職だと感じているので、とてもありがたいことです。

 

どんな撮影でもお任せください

筆者
AOI Photo Officeさんで行っている撮影についてお聞きしたいのですが、どのような依頼のお仕事を承っているのでしょうか?
代表
依頼される内容は撮影に関すること全般で、多岐に渡りご依頼いただけています。
筆者
具体的にどのような撮影が可能なのか、教えてください。
代表
広告やWEB撮影、メニューやチラシ用の撮影、ECサイトなどに使用するアパレル撮影、宣材写真やプロフィール用の撮影、イベントの撮影、ウェディング撮影となります。

 

筆者
様々な撮影に対応していただけるのはとてもすごいですね。動画の撮影などにも対応していただけるのでしょうか?
代表
はい、動画編集も可能ですし、デザインやWEB関係の依頼にも対応可能です。まずは気軽にご相談いただけるといいかと思います。
筆者
どんなお客様からのご依頼が多いのでしょうか?
代表
WEB制作会社などから、宣材写真などの撮影依頼をとても多くいただいています。カメラマンを常に必要としている会社さんも多いようで、WEB制作をしている会社のディレクターさんからお仕事のご依頼をいただきます。
筆者
他には、どんな方から依頼を受けることがあるのでしょうか?
代表
古くから会社を運営している企業の広報担当さんから「自分でWEB広告をしたいけどできない」「まるごとWEB関連を依頼したい」といったご希望をいただくことがあったので、それらの対応もしています。
筆者
みなさんの撮影や発信に関するお困りごとへ、柔軟に対応していただけるという印象を感じます。
代表
そうですね、WEBはもちろん、昔からの紙媒体で会社案内をつくりたいというご希望にも対応可能ですので、安心してお任せください。

 

出張撮影事業にも力を入れています

筆者
代表はこちらの企業様に関する撮影の仕事以外にも、出張撮影事業にも力を入れているとお聞きしましたが、具体的にはどのような活動をされているのでしょうか?
代表
出張撮影事業では、他のカメラマンと一緒に活動をしており、一般ファミリー向けの撮影をメインに行っています。
筆者
こちらは、どのような方からのご依頼が多いのでしょうか?
代表
小さなお子さんがいるご家族からのご依頼がとても多いです。お子さんとの写真を残したいと思っている、お父さんやお母さんからのお問い合わせがほとんどですね。
筆者
家族で写真を撮ろうとすると、いつもお父さんかお母さんが撮影者になってしまい、なかなか全員で撮るということは難しいですよね。
代表
はい。ご家族での写真は、なかなかご自身たちで撮るのは難しいと思います。しかし、お子さんの成長というのはあっという間の出来事ですので、その時期だから撮れる写真は、とても貴重な時間でもあります。

 

筆者
確かにそうですよね。大人になってからの時間と、お子さんの成長する時間は、全くスピードが違うと感じます。
代表
はい。そんな瞬間をそのまま見過ごしてしまうのではなく、ぜひお子さんとの思い出を、ご家族で写真として残していただきたいと思います。
筆者
写真を撮影する際に、気をつけていることや意識していることは、何かありますか?
代表
広告で撮影しているときは「売れる写真かどうか」を意識して、撮影しています。お客様のご希望する内容が、広告として必ずしも効果があるものとは限らないので、まずは要望を聞きつつ、知識を深めた上で、こちらからプロとしての提案を行うようにしています。
筆者
それなら安心してお任せすることができますね。
代表
これまでの広告代理店で働いていた時の知識や経験を活かして、お客様にこれからも貢献していきたいと思っています。
筆者
ありがとうございます。それでは最後に、皆さんに伝えておきたいことなどありましたら教えてください。
代表
私の仕事は、これまで関わった多くの人たちと繋がりながらやっています。なので、撮影だけに限らず、動画カメラマンや名刺作成、制作などができるデザイナー、撮影に必要なヘアメイクからモデルまで、様々な人材を紹介することが出来るのも、弊社の強みのひとつです。まずはお気軽に撮影のことなら、なんでもご相談ください。

 

写真から動画まで撮影のことならAOI Photo Officeさんへ

名称 AOI Photo Office
代表者 大迫 葵
住所 大阪府豊中市長興寺北
定休日 不定休
営業時間 9:00~18:00
WEBサイト AOI Photo Office

いかがでしたでしょうか。今回は、写真から動画まで撮影のことなら幅広くお任せできるAOI Photo Officeさんをご紹介しました。

会社でWEBに詳しい人がいなくて困っているという方や、撮影を依頼したいけれど、モデルやヘアメイクも探さなかればならないという方、写真だけではなく、動画も依頼したいという方まで、何か撮影などに関してお困りごとがあれば、お気軽にAOI Photo Officeさんに相談してみてはいかがでしょうか?

これまで培った実績や幅広い経験と知識、人脈の中から、お客様の視点に立ちつつも、プロとしてきっとベストな提案をしてくださると思います。また、企業としての広告写真などの依頼以外にも、ご家族との写真を記念に残したい、ウエディングの写真を残したいという方も、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。AOI Photo Officeさんなら、きっとお客様が心から満足できる素敵な写真を撮ってくださると思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

このサービスをみんなにシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

ネコの視点専属ライターです。
お店やサービス新商品などを中心に紹介しており実際に話を聞いてみたり、体験してみたりすることによって、ネット上のどのクチコミよりも正確で正直な内容を執筆しています。
インターネットでサービスや商品を購入したりする方が真に求めるサービスや商品に出会って欲しいと考えています。