ピーマンがもっと好きになる、宮崎県産のピーマンならアグリピーマン橋口

子供の頃、苦い味が口の中に広がるピーマンが苦手だったという方は多くいるのではないでしょうか。
しかし、大人になるにつれて味覚も変化していき、「ピーマンは美味しい」と思うようになった方も多くいるはずです。
ピーマンというのは、栄養もあり、和食から洋食、中華と様々な料理に使える万能な野菜のひとつですよね。

普段ピーマンを買おうと思うと、スーパーで購入することがほとんどだと思います。
その一方で、農家が丹精込めてこだわって作ったピーマンをみなさんは食べたことがありますか?
大量に生産された野菜ではないこだわり野菜というのは、これまでの味のイメージを覆すと思います。

さて今回は、こだわって野菜を育てている農家さんから直接野菜を買いたいという方から、これまでとは違うおいしいピーマンを食べてみたい、興味があるという方、そしてお子さんの野菜嫌いを直したいと思っている方にこそぜひおすすめしたい、他とは違うピーマン本来の味わいを美味しく楽しめるアグリピーマン橋口さんをご紹介させていただきます。

アグリピーマン橋口さんとは

筆者
アグリピーマン橋口さんについてお伺いします。
まずは、ピーマンにこだわって栽培をしている農家さんということですが、どのようなピーマンを育てているのでしょうか?
代表
アグリピーマン橋口のコンセプトは、ピーマン本来の美味しさを多くのご家庭にお届けすることです。

なんでも大量に野菜を生産するのではなく、カッコいい農家でありたいという想いを大切にしているからこそ、まずは野菜の味にこだわり、そして働く人に対しても、働き方改革をし続けています!

これまでの栽培方法や、農家としての考え方にこだわり続けるのではなく、新しい技術や考え方を取り入れています。
例えばSDGsへの取り組みの一環として、循環型農業を実践しています。
他にも、本来は処分される予定だった木材の端材を使って、ピーマンが喜ぶフカフカな土作りをするなど環境問題にも積極的に取り組んでいます。

栽培する際は、土や有機肥料にこだわって、土作りからしっかり行うことで、とても美味しい野菜を作ることができます。
ピーマン専門のプロ農家が、一番美味しいタイミングで、自慢のピーマンをお届けします。
歯ごたえや甘さまで、これまでのピーマンとは全然違う本当のピーマンの美味しさを多くのご家庭で楽しんでいただきたいと思っています。

 

筆者
お話を聞いているだけで、とても美味しいピーマンだということが伝わってきます。ぜひ食べてみたいですね。
代表
ありがとうございます。

ピーマンを作っている土地は、土、水、空気のバランスが良いこともあり、美味しいピーマンの育つ環境が整っています。
ピーマンが苦手なお子さんはもちろん、大人の方にもぜひピーマン本来の美味しさをお届けしたいと思っていますが、現代の流通ですと、皆様の元に届くまではどうしてもある程度の日数がかかってしまうという問題がありました。
しかし、どうしても新鮮なピーマンを食べて欲しいという思いから、オンラインショップを開設することにしたんです。

今ではダイエットや健康管理の為、「毎晩食べても飽きない」とご注文くださるリピーターの方も増えてきて、嬉しい限りです。

筆者
こちらでは、実際にどのようなお客様がご利用になることが多いのでしょうか?
代表
やはりご家庭の健康を守っている主婦の方からのご依頼が多くあります。
ご近所の皆さんでピーマンを分けたり、お料理教室などで使うために先生からオーダーいただくこともよくあります。

ダイエット中のお食事の食材としてはもちろん、ピーマンが苦手という方、お子さんの野菜嫌いを直したいという方にもご満足をいただいています。

料理店からもご注文をいただいているので、中華料理店さんや焼き鳥屋さん、居酒屋さん、加工会社さんなど大口での注文も対応可能です。
こだわりのピーマンをお探しの方は、ぜひご相談ください。

 

1年間ピーマンを栽培することが可能です

アグリピーマン橋口さんで栽培するピーマンというのは、実際にどのように作られているのでしょうか?
代表
アグリピーマン橋口のピーマン栽培方法は、まず季節ごとに、大きく2種類に分けております。

10月〜6月の時期は、「促成栽培」という、必要に応じてハウス内を加温する栽培方法で行うので、寒い時でも美味しいピーマンを収穫することが出来るようになっています。
そして5月〜9月の時期は「雨よけ栽培」という栽培方法で行っています。

栽培しているピーマンの品種も季節に応じて異なりますが、それぞれ違った美味しさがありますので、ぜひどちらもお楽しみいただければと思っています。

夏が旬のピーマンですが、栽培方法を変えることで、一年中収穫することが可能となります。
口に入れても安全かつ美味しいピーマンを作る為に、アグリピーマン橋口では土作りからこだわり、農薬や化学肥料は極力使わずに作っております。

苦手な食べ物ランキングにいつもランクインしてしまうピーマンですが、いつの日かその中からピーマンがなくなることを夢見て日々頑張って栽培しています。

ピーマンへの熱い想いが伝わってきますので、とても美味しいピーマンだと思います。
代表
自信を持って美味しいと言い切れますね!
そのまま食べても美味しいですし、ピーマンが苦手な人でも食べやすい味になっています。

生で食べるのはもちろんですが、煮ても焼いても何しても美味しいと思いますし、栄養価としても、ビタミンCやβカロテン・カリウムなどが豊富なので、健康や美容を意識している女性の皆様にも大変おすすめの食材です。

そんな栄養豊富な新鮮ピーマンを、皆様の元へお届けしています。

 

ピーマンが苦手な理由をなくしたい

アグリピーマン橋口さんが、このお仕事をする中で、他にアピールしたいことはありますか?
代表
ピーマンというと皆さん「苦い」とイメージされる方が多く、特に味覚が鋭いお子さんに関しては、苦味が苦手でピーマン嫌いになる子が多いかと思いますが、アグリピーマン橋口ではそうした嫌いな理由を全部なくすようにピーマンを作っています。

まずピーマンの『苦味』ですが、ピーマンが苦いというのは、ピーマンの苦味や香りが混ざることで発生します。
そして『独特の青臭さ』も感じるかと思うので、アグリピーマン橋口は誰もが美味しく食べられるピーマンを目指して、それらの苦味や青臭さを抑え、甘味や旨味を感じるように育てています。

皮もとても柔らかいので、そのまま生でも美味しく食べることができるピーマンとなっています。
栄養をしっかりと摂りたい方は、ぜひ生のまま食べていただければと思っています。

 

ありがとうございます。
それでは最後に何かメッセージがありましたら、ぜひお話しください。
代表
アグリピーマン橋口は、ピーマン農家としてピーマンと真摯に向き合って、一年通してピーマンの栽培を行っています。

ピーマンはただ「苦い」というだけで嫌われがちな野菜の代表でもありますが、そんなイメージを払拭するためにも、日夜ピーマンと向き合いお客様に美味しいピーマンを味わってもらいたいと思っております。

ピーマンと一言にいっても、品種が色々ありますので、季節によって異なるピーマンをぜひ楽しんでいただければと思っています。
お料理の仕方によっても味わいは変化しますので、様々な料理に使っていただき、ピーマンを使った料理のレパートリーをぜひ増やしてくださいね。

ピーマンに関することでしたらなんでもご相談に応じますので、ご質問などがありましたらぜひお気軽にお問い合わせください。

 

他とは違う、ピーマン本来の味わいを楽しむことができるアグリピーマン橋口さん

名称 アグリピーマン橋口
代表者 橋口 淳
住所 〒881-0026 宮崎県西都市大字穂北
定休日 日曜日・年末年始
営業時間 9:00〜18:00
電話番号 080-5609-1135
※営業電話等は固くお断りしています。ご遠慮ください。
WEBサイト アグリピーマン橋口

今回は、他とは違うピーマン本来の味わいを楽しむことができるアグリピーマン橋口さんをご紹介しました。

ピーマンというのは、どうしても「苦い」というイメージが先行し、苦手という人の多い野菜だと思います。
料理の中に小さく切って入れたとしても、人によってはその苦味の主張が口全体に広がってくるものですよね。

しかし、苦味ではなく甘みやうまみにこだわった農家さんのピーマンなら、これまでとは違った感動する味わいのピーマンと出会うことができるのではないでしょうか。
これまで「ピーマンは苦いから苦手」と思っていた方でも、安心してピーマンを楽しむことができるようになるかもしれません。

お子さんのピーマン嫌いを治したいという方も、大人でピーマンが嫌いという方も、ぜひアグリピーマン橋口さんのピーマンを食べてみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このサービスをみんなにシェア!