名古屋についに上陸!人気ラーメン岐阜タンメンを食べたんメン

名古屋 ラーメン タンメン

 

いつも行列ができている愛知県一宮市にあるラーメン屋さんについに行ってみました。その店舗は『岐阜タンメン』と呼ばれています。

基本的に元祖とついてるラーメン屋には期待を裏切られることが多く、あまり足が進まなかったのですがあまりの行列の多さと、コンビニにカップラーメンでも販売していたこともあって気になり、食べてみることにしました。

正直、私の短い経験からすると岐阜タンメンで使われている看板の書体(明朝体)と色合い(白バックに黒文字)はおいしくないという先入観をもっておりました。

そして、私の短い経験からすると、タンメンはあくまでタンメンであり、「好きなラーメンなに?」という世間の人々が初対面でコミニケーションを取るときの血液型トークと同じぐらい盛り上がる話題の中でも「私の好きなラーメンはタンメン!」「おれもタンメン!」というトークを聞いたことがないです。あくまでタンメンはラーメン業界でもマイナー路線の味であると考えておりました。

さらに地名も『岐阜』。全国47都道府県の中でも人気かマイナーかと言われれば、マイナーに迷わず分類されるであろう岐阜県。(岐阜県のみなさまゴメンなさい、、)『東京』とか『名古屋めし』とかつけたほうが、地方では人気が出るのではないかと安易に考えてしまいますが。

この、マイナー×マイナーでできあがった『岐阜タンメン』というネーム。人気がでる要素が何一つ感じられないのだが、不思議なことにこのマイナーコラボレーションが爆発的なヒットを生み出したようです。言い換えるならば、マイナス×マイナスがプラスになるようなものですかね。

店舗名 元祖タンメン屋 一宮インター2号店
住所 愛知県一宮市丹陽町伝法寺字五輪ヶ渕4360番22
URL http://ganso-tanmen.com
営業時間 11:00〜翌3:00(ラストオーダー2:30)年中無休
愛知県一宮市丹陽町伝法寺字五輪ヶ淵44360-22

気になる岐阜タンメンの味は

なにやらトッピングがココイチのようにたくさんできたり、辛さも選べるようだが最初なのでスタンダードなラーメンを食べてみました。

うん。期待を裏切らない味。写真から味を想像してみてください。だいたいイメージどおりの味です。やさしい味がします。疲れたカラダに染みわたります。意外と深みがあり、ジワジワとくるタイプ。ラーメンの味を主張せず、インパクトをあまり与えないカンジ。

あー、おちつくわー。

激しい競争社会の中で自分を目立たせることに精一杯、時には背伸びしすぎることもあり、自分が自分じゃなくなって「このままでいいのかな、なにやってんだろ」とかを考えてしまう現代において、この岐阜タンメンは【残されたわずかなやすらぎ】ではないでしょうか。

個性を主張しないからこその味

今やゆとり教育とか、個性を大事に、「ナンバーワンよりオンリーワン」みたいなことを言ってますが、ここまで平均的な味を出せることは、逆にオンリーワンなのかもしれませんね。

実はこの店、たくさんあります。

この元祖タンメン屋はかなりの店舗展開はしております。私が行ったのは一宮インター2号店で、22号線沿いにあります。駐車場も広くて立地は斎藤です。

実は、この店の斜め前にも一宮インター店があります。そっちの方が混んでいます。2号店はあまり並ばずに食べれるので穴場ではないでしょうか。岐阜タンメン一宮インター店以外にも、岐阜本店をはじめ岐阜市、大垣、多治見、小牧、稲沢など合計10店舗あります。

新店舗が先日オープン!!

10店舗目の守山竜泉寺店が平成28年6月23日、オープンしました。岐阜タンメンがついに名古屋上陸です。

店舗名 元祖タンメン屋 守山竜泉店
場所 愛知県名古屋市守山区吉根1−203
電話番号 052-799-9594
営業時間 11:30 – 翌3:00(Lo:2:30 : 年中無休)
駐車場 あり
愛知県名古屋市守山区吉根1-203

気が向いたら一度くらい行ってみてはどうですか?

このサービスをみんなにシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です