岡崎・豊田エリアでお住まいのドアや障子、襖の修理や張り替えなら山崎建具店

長年、家に住んでいると、様々な不具合が出てくるもの。例えば、ドアの立て付けが悪くなったり、襖や障子が破れてしまったりなど。こうした不具合は生活には困らないけれど、不便だなと感じることもあるのではないでしょうか?

小さな問題でも、毎日続くとストレスになってしまうこともあるので、毎日を過ごす家だからこそ、修理や修繕をしてみるのはいかがでしょうか。

今回は、お住まいのドアや障子、襖の建付けを改善したいという方や、障子や襖の張り替えをしたいという方、ドアを取り替えたいと思っていた方にぜひおすすめしたい、お住まいのドアや障子、襖の修理や張り替えを丁寧にしてくれる山崎建具店さんをご紹介させていただきます。

山崎建具店さんとは

筆者
山崎建具店さんについて、このお仕事を始めたきっかけやサービスなど、まずは詳しくお聞かせください。
代表
私がこの仕事を始めたきっかけですが、その理由はとてもシンプルで、父親の事業を引き継いだからです。

父親がこの山崎建具店を始めたのが、約50年前でした。私は、ここで30年ほど働いています。ここで働き始める前に、建具専門の学校に2年通っており、基礎は学校で学びました。

学校で培った知識だけでなく、山崎建具店で働きはじめてからも、会社の職人さんや父親にの伝授を受け、今に至ります。

筆者
親子二代で、この山崎建具店さんが続いているということですね。お父様もとても喜ばれたことだと思います。

山崎建具店さんでは現在、どのような内容のお仕事を主にされていることが多いのでしょうか?

代表
山崎建具店では、さまざまなお客様のお住まいのお困りごとを解消する事業を行っています。

ドアや障子、襖の建付け修理や木製建具ガラス修繕、障子張り替え、襖張り替え、ドアの取り換えなど。

一般の方や企業様に向けて、DIYや作業で使用する木材カットや加工のサービス、そして工務店向けに、新築建具製作やリフォーム建具製作、あとは木くずや木端を、ご希望の方にお分けするサービスもしています。

これまでは、企業依頼の建具の新規製作がメインでしたが、これからは一般のみなさまからの修理依頼にも力を入れたいので、お気軽にご依頼いただければなと思っています。

 

筆者
お住まいでの、小さなトラブルを解消していただけるということですね。

お客様はどのような方が多いのでしょうか?

代表
メインは、30代半ばから60代くらいまでの女性からの依頼が多いという印象があります。

一軒家を持っている方からの依頼が多く、新築というよりも20年くらい経ってる家にお住まいで、経年劣化で自然と生じる不具合や問題があったことで、お問い合わせいただいています。もちろん、一般の方だけではなく、企業様からのご依頼にも対応可能です。

 

お客様の抱えているお悩みは、どんなものが多いのでしょうか?
代表
お客様のお悩みの多くは長年住んでいる家のドアや襖、障子が上手く動かない、開かない・閉じないからなんとかしてほしいといった内容ですね。
お客様のお悩みに対して、どのような対応をされるのでしょうか?
代表
ドアや襖、障子の問題は、取り付けている上部か下部か横の部分に原因があることが多いので、それを解消するように処置しています。

原因はもちろんいろいろありますが、経年劣化によって家が歪んだり、ドア・襖・障子自体が傾いたりすることが多いので、そこをしっかり判断しつつ直していきます。

 

建具屋だからできることがあります

山崎建具店さんが、このお仕事をする上で自信があることやこだわっていることなどあれば、ぜひ教えてください。
代表
そうですね、私は建具屋なので、例えば襖屋さんではできない処置をすることができます。

家というのは、建ってから長年すると、障子の上の木の板の部分が自然と下がってきてしまいます。その結果、戸が外れなくなるという現象が起こるのですが、それをジャッキで上げて、外すことが弊社ならできます。

襖屋さんというのは、襖を作るところなのでここまでの対応はできません。建具屋だからこの処置行えますし、他にも、取り付ける場所に合わせて扉のカットなどもできますので、襖屋さんに断られてしまった場合は、ぜひご相談ください。

そんな違いがあるんですね。他にも、お客様に対して気をつけていることなどあれば、教えてください。
代表
私がお客様とお話しする時に意識しているのは、相手が「知らない」ということを前提に話をすることです。なので、専門用語はあまり使わず、分かりやすいように丁寧に伝えるように意識します。

というのも、職人というのはこだわりが強い分、全員ではありませんが高圧的な人も多く、ぶっきらぼうで不愛想になってしまいがちなためです。

なので、弊社では意識的に優しい雰囲気を出して、相手の立場になり説明をするよう心がけています。それは、私だけではなく、他の従業員にも徹底させています。

それは、お客様も相談しやすいことだと思います。

建具自体も自社で製作されているということですが、そちらについてもお話しください。

代表
建具を自社にて修理と製造を両方行っているところは、現在とても少ないです。

しかし弊社は作業場があるため、建具はほぼ100%自社でつくっているというのが強みでもあります。建具製造技術を持っている建具屋は、昔と比べ減ってきていますが、当店は50年前からやっている老舗ですので、技術があるのも自慢です。

なので、他の建具店さんから製造の外注を依頼されることもあり、また、他の業者を入れる必要がないので、余分な費用をかけずに全部当店で完結することができます。

 

お客様にご満足いただける丁寧な仕事を

代表が、実際にこのお仕事をしていて大切にしていることなどはありますか?
代表
私は、この仕事をする中で、建具が直ってお客さんが喜んでくれた時、笑顔になっていただけた時に、一番のやりがいを感じています。

意外と建具で困っている人というは、世の中にたくさんいらっしゃるため、少しでもそのお困りごとのある方を助けていけたらいいなと思っています。

また仕事をする上で気をつけていることは、お客様の家に行くときは高圧的にならないように、そして丁寧で正確な作業や接客を心がけています。

お見積もりや相談などは、無料で行っているのでしょうか?
代表
はい、お見積もりは無料でお作りしておりますので、先に金額を知りたいというお客様はお気軽にご相談いただければと思います。

他にも「こんなことはしてもらえるのか?」といったわからないことがあれば、なんでもお問い合わせください。

お客様にとって、お住まいの問題を気軽に相談できる場所があるというのは、とても心強いことだと思います。
代表
はい、お住まいのことならなんでもご相談ください。お客様がどうしていいかわからないことでも、可能な限り弊社で対応できるよう頑張りますので、お気軽にお声がけください。
ありがとうございます。それでは最後に何か伝えておきたいことがありましたら、ぜひお話ください。
代表
お住まいの建具で何か問題がありましたら、ぜひ山崎建具店まで、お問い合わせください。

その問題が起こっている原因をしっかりと確認し、お客様にご満足いただけるよう、素早く対応をさせていただきます。襖や障子の張り替えはもちろん、ドアの取り替えまで対応可能ですので、まずはお客様のお悩みをぜひご相談ください。

 

お住まいのドアや障子、襖の修理や張り替えなら山崎建具店さんへ

名称 山崎建具店
代表者 山崎 裕治
住所 愛知県額田郡幸田町大字大草字北前田58番地
定休日 日曜日
営業時間 8:30~17:30
電話番号 0564-62-0739
※営業電話等はご遠慮ください。
WEBサイト 山崎建具店

いかがでしょうか。
今回は、お住まいのドアや障子、襖の修理や張り替えをお任せできる山崎建具店さんをご紹介しました。

お住まいので小さなトラブルというのは「このままでも、問題ないか」と思いがちですが、毎日暮らす場所に不具合が生じるのは「不便だな、使いにくいな」とストレスを感じてしまうものではないでしょうか。そんな小さなストレスは、蓄積されていくものですので、ぜひ気づいた時にこそ修理するのが大切です。

しかし、ドアや障子、襖の立て付けが悪いと感じた時に、どこに相談すればいいかわからないというお客様も多いかと思います。そんな時こそ、ぜひ山崎建具店さんへご相談してみてください。

建具屋さんだからこそ、専門的にわかることがたくさんあるので、しっかりと対応してくださることは間違いありません。そして、山崎建具店さんなら今まで問題になっていたことの原因までもしっかり突き止めて、きっとスムーズに解決してくださることだと思います。まずはぜひ、小さなトラブルからお任せしてみてはいかがでしょうか?きっと満足いただけることと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このサービスをみんなにシェア!