いいロゴはいい未来に導く、ロゴ制作・デザインならDezart

街を歩けば、必ず目に入るお店の名前やブランドのロゴ。店の入り口であったり、看板であったり、様々な形で目に留まるものです。お店だけではなく、企業でも「あの会社のロゴデザインといえば?」というとパッと思いつく会社がたくさんあったりしませんか?

ロゴというのは、店舗や企業にとっても、お客様にとっても、とても重要なものになります。店舗や企業にとっては、自分たちが取り扱うサービスや商品を間接的に認識させることができ、またお客様にはそのサービスなどを含め記憶に残せて、思い出すきっかけにもなります。

今回はそんなロゴデザインを、店舗や企業が明るい未来へ進めるように提案している愛知県・春日井市のDezartさんにお話をお伺いしてきました。

Dezartさんでは、ロゴ制作を中心に仕事をされていて、理論に基づいて人が美しいと感じるロゴを作ってくれます。ただ単にデザイナーが、自分のセンスでロゴ制作を行うのではなく、依頼した店舗や企業、さらにはその先のお客様のことを考えたロゴをご提案されているそうです。今回はそのお話をより詳しく聞いていこうと思います。

Dezartさんとは

筆者
Dezartさんについて、まずは詳しくお聞きかせください。Dezartさんの名前の由来はなんですか?。
代表
はい。Dezartという名前は、デザイン(Design)とアート(Art)の造語で考えました。しかしそのまま”Desart”にしてしまうと、”砂漠”という意味になり、それではないなと思ったので、”Dezart”という名前にしました。
筆者
ありがとうございます。では次に、こちらのお仕事を始められたきっかけのお話などありますか?
代表
はい。私は以前、広告代理店のデザイナーとして働いていました。その時にサインデザイン、ロゴデザインなどのお仕事の経験をたくさんさせていただき、その後、自分で会社を立ち上げたいと思い、個人デザインオフィスDezart(デザート)を立ち上げました。主に、企業やショップのロゴだけでなく、商品やイベント、サービスなどの多岐にわたるロゴデザインを手掛けています。

またそれだけではなく、近年は個人で商品やサービスを販売される方も増えてきました。なので、企業でなくても個人でネットショップ用のロゴを作りたい、それらを宣伝するためにInstagramやTwitterのアイコンとしても使用したい、という方が多くいらっしゃいます。そこで、個人からの依頼に対してもロゴを気軽に依頼できるよう対応出来たらと思ったのも、きっかけのひとつでした。

 

筆者
広告代理店でのロゴデザインの経験をされてから、個人で独立され、様々なロゴデザインをされてきたのですね。そこから独立しようとするのも大変だったと思いますが、行動されたのはすごいですね。
代表
ありがとうございます。独立する以外にも、色々なことにチャレンジしていきたいと思っていたので、ロゴデザインを受注するだけでなく2021年からストックロゴ販売サイト「Dezart LogoShop」などの展開も始めました。今は、ロゴデザインを中心にフリーランスのグラフィックデザイナーとして活動させていただいています。
筆者
常に、新しいことに挑戦されているのも、大切なことと思います。「Dezart LogoShop」についてもう少し詳しく教えてください。
代表
はい。Dezart では、オーダーメイドのロゴデザインを受注するだけではなく、ロゴマークの販売サイトとして「Dezart LogoShop」というものを運営しています。

 

筆者
ロゴマークの販売というのは初めて聞きました。それは新しい試みですね。
代表
オーダーメイドでロゴをオーダーしていただくというのもとても大切ですが、全ての方がそれに該当するわけではないので、こういったショップがあってもいいと思い、運営しています。

また、ロゴの切り売り(ストックロゴ)というものを、今までやるフリーランスのデザイナーはいなかったので、日本で初めてやったという経験は自分の自信にも繋がりました。ただし、ロゴデザインというのは、ブランドの良さを伝えるためにとても大切なものだと思っていますので、オーダーメイドでの制作を中心にお仕事をさせていただいています。

筆者
では、オーダーメイドでロゴのお仕事をされる際に、大切にされていることなどを教えてください。
代表
はい。まずロゴというのは、店舗でも企業でも、サービスや商品、イベントでもそれらへの想いをお伺いするところから始めます。お客様の想いを第一に、そのお気持ちを共有することで、デザイナーとして、ロゴの見せ方や活かし方を最大限に引き出していきます。
筆者
お客様の想いというのはとても大切ですよね。では、具体的にはどのようなことを行っているのか教えてください。

 

ブランドのイメージを伝達するために

代表
ロゴのデザインが完成しましたら、例えば店舗からのご依頼であった場合、名刺やショップカード、ショップバックや封筒などの印刷物からパッケージやウェブサイト、看板制作まで、ブレなく一貫したデザイン展開をすることで、そのお店のブランドのイメージを伝えることができるようになり、ブランドへの共感や信頼に繋がります。その結果、お店にお客様がファンとしてつながっていくのではと考えています。
筆者
そうですよね。ブランドのロゴがあるだけで、イメージが湧きやすかったり、覚えやすかったり、親しみやすく感じたりすることがあります。
代表
はい。そういったイメージが伝わっていくことが、ロゴデザインで必要なことではないかと思っています。
筆者
そのように考えるようになったきっかけなどはありますか?
代表
実は、フリーのデザイナーとして働き始めた頃に、カフェのロゴデザインをさせていただく機会がありました。その時に、そのカフェは経営がうまくいってるとは言えない状況であり、ものすごく悩まれていました。しかしお話を聞きながら、オーナーさんと一緒に、ショップカードや名刺、看板などをデザインさせてもらった結果、そこからカフェの業績がものすごく伸びていったのです。

 

ロゴデザインだけでなくトータルサポートを

筆者
それはとても良い流れと結果になり、良い出来事でしたね。
代表
その経験をきっかけに、ただロゴデザインをして終わりではなく、そのお店のブランディングから始めて、ロゴデザインも含めたサポートをトータル的にやることがとても重要だと感じました。実際にお客様からは、すごく素敵なデザインで大満足です、自分の想いが詰まったロゴデザインができたので嬉しい、ロゴを見ると自分の指針や目標が浮き彫りになったなどといった喜びのお声をたくさんいただきます。
筆者
視覚的にわかりやすく伝わるロゴデザインは、本当に誰にとっても良い影響を与えるものですね。
代表
ありがとうございます。ロゴデザインをするときは、形の美しさはもちろん、デザインの原理原則に基き人が美しいと感じるものを0.00何ミリまでこだわると同時に、自分自身も妥協なくしっかりと制作にこだわっています。
筆者
デザイナーさんが、自分以上に自分のロゴにこだわってくださるというのは大切なことだと思います。
代表
デザイナーが独りよがりにならないよう、ロゴを作る過程ではしっかりとお客様の過去のお話からご要望を聞き、そこから提案をし、どこまでも丁寧に対応することを大切にしています。そして、お客さんの要望も聞きつつ、こちらからはそれがより良くなるように提案をするようにしています。

 

ロゴデザインでブランドに光を、愛知県・春日井市のDezartさん

店舗名 Dezart
代表者 前原 圭佑
住所 愛知県春日井市下屋敷町字知光院
お問い合わせ 080-6920-8177
営業時間 9:00〜18:00
定休日 土曜日・日曜日
WEBサイト Dezart

いかがでしたでしょうか。

今回は、ロゴデザインでブランドに光を、愛知県・春日井市のDezartさんを紹介しました!

お客様のご要望をしっかりと聞いてそれらに応えるだけではなく、お客様以上にデザインにこだわりを持って、より良くなるロゴデザインのご提案をしてくださる素敵な会社さんですよね。また、ブランドのロゴをデザインするだけではなく、ストックロゴの販売という新しい販売方法もいち早く取り入れて活動されているのが素晴らしいと思います。色々と大切なことに気づかせていただいたので、本当に頼りになる会社さんだと思いました。

ご自身の店舗や会社、商品やサービスなどのロゴデザインをオーダーメイドしたいという方はぜひ愛知県・春日井市のDezartさんへご相談してみてはいかがでしょうか!

最後までお読みいただきありがとうございました。

このサービスをみんなにシェア!