『みわCurry』さんにお邪魔しました!

皆さん、無性にカレーが食べたくなる事ってありませんか?

寒い冬には熱々のカレーで身体を温めたくなりますし、真夏であれば「暑い時こそ熱いカレー!!」ってフレーズもよく聞きますね。真偽のほどは置いておいて、某スポーツ選手が毎朝カレーを食べていたなんてのも耳にした事ありますよね?

もはや国民食といっても過言ではないカレー、その種類も様々。

お店で食べるものは勿論、ご家庭の味もまさに千差万別。大手チェーン店では安定した味を楽しめますが、時にはちょっとこだわりのカレーに出会いたくなります。

昨今、書店にもカレー屋さん特集の書籍が溢れていますが、どこに行くか迷ってしまいますよね。

そんな数あるカレー専門店の中から、今回は『みわCurry』さんにお邪魔しました!

外観がキュート!

今回筆者がご紹介するのは福岡市博多区にある『みわCurry』さんです。

JR博多駅から徒歩20分程、閑静な路地に可愛らしい看板が目に入ります。

オーナー様お一人で切り盛りされていて、お家で食べる安心感とお店で味わう贅沢感、唯一無二の優しいカレーを味わえるとってもおすすめなカレー屋さんなんです!

今回頼んだメニュー

メニューは週替わりのカレープレート。 三種類のカレーの合いがけになっていて、木製の器に丸く盛り付けられたご飯も相まってインスタ映えもバッチリです!

筆者が入店した日は『とり肉と大根のカレー』、『和風春菊サグカレー』、『ダル(ムング豆のカレー)』の三種類。

トッピングとしてタンドリーチキンをオーダー。オーナー様お一人でやられているとは思えない程の提供スピード。 ヘルシーかつボリューミーなメニューでお腹も心も満たされました。

カレーの中身を見てみよう!

とり肉と大根のカレー

まず、『とり肉と大根のカレー』 。こちらは南国の香り漂うスパイシーなカレー。

筆者はやや辛めをオーダーしたせいか唇がヒリヒリする程でしたが、大根の甘みが後味を爽やかにしてくれます。カレーに大根って斬新ですよね!大根の食感もまさにとろける様です。

和風春菊サグカレー

次に、『和風春菊サグカレー』 。こちらはしっかりとした和風出汁に厚揚げも加えた優しい味わい。

サグカレーとはほうれん草などの青菜で作られたカレーの事。春菊の苦味が苦手な方もいらっしゃるとは思いますが、苦味はほのかに香る程度。柔らかい食感でスイスイと口元に運んでいけます。

ダル(ムング豆)のカレー

そして『ダル(ムング豆)のカレー』 。甘みたっぷりで他二種のカレーの辛味をしっかり引き立ててくれます。

ちなみにムング豆とは日本語で青小豆とも呼ばれています。

タンドリーチキン

トッピングの『タンドリーチキン』は一口サイズよりやや大きい程度。 お値段もお1つ¥100と、とってもリーズナブル!

ご飯の量は150g、200g、300gと選べるのでその日のお腹に合わせて気軽にオーダーできます。 筆者が戴いたものはモモ肉でしたが、日によって胸肉を味わう事も出来るそうですよ!

オーナーさんについて

みわCurryのオーナーさんは、自然体でゆったりした感じの方でした。

可愛らしい看板のキャラクターは、独立される際に大阪のデザイナーさんに依頼されたもの。

Twitterで知り合った『すぴかあやかさん』という方にオーナー様自身の写真を送られて、イメージピッタリに仕上げて頂いたそうです!とても可愛らしいデザインですよね!

さいごに

みわCurryさんは、落ち着いた雰囲気だけでなくオシャレで可愛らしいカレー屋さんです!

今回ご紹介しました『みわCurry』さんは、ぜひ福岡市に住んでいる方には足を運んでいただきたいカレー屋さんです。 詳しい情報はインスタグラムでもご紹介しているそうなので、一度チェックしてみてください。

店舗情報

店名 みわcurry
郵便番号 〒812-0017
住所 福岡県福岡市博多区美野島3丁目12−11
営業時間 ランチ :11:30〜14:30
ディナー:18:00〜20:30
定休日 火曜日(不定休)
お問い合わせ 092-483-3636
※営業電話はご遠慮ください。
駐車場 無し
Instagram https://www.instagram.com/miwa.curry

 

このサービスをみんなにシェア!