あなたの心をサポート、悩み相談なら浜松ゆるりカウンセリングルーム・ゆるりメンタルヘルス研究所

インターネットが普及してすでに何十年も経った現代というのは、常に情報過多と言われています。本来は知り得る必要のない情報までもが、インターネットを通していくつもヒットするようになり、その結果なんでも吸収して混乱に陥りやすい世の中になってしまいました。またスマートフォンの普及は、いつでもどこでもなんでも調べたり時間を潰すことができたりして便利な反面、多くの人々の悩みを増やしてしまうといったデメリットもあります。

そんな現代で働く中、気づくと体調を崩してしまった方、鬱や引きこもりで学校に行けないといったお子さんも多くなりました。そして、他者との比較をしやすい環境のため、自分に自信がなくなってしまったり、落ち込んだりしてしまう人も多く、心の病を抱える現代人はとても多いのではないでしょうか。

また一般の方だけでなく、企業内の従業員様のメンタルケアをしたい方も増えているのではないでしょうか。
普段は元気そうな従業員様も、実は悩んでいるかもしれません。そんな小さな変化も専門家が見れば、細かなサインから気づくことができます。何か起こってからでは遅いため、従業員様に最悪な自体が起こる前に、まずは予防しませんか?

さて今回は、そんな様々な心の相談をすることができる、浜松ゆるりカウンセリングルーム・ゆるりメンタルヘルス研究所さんにお話をお伺いしてきました。こちらでは、実際にどのようなことを相談できるのか、またこのお仕事を始められたきっかけや出来事、ご自身のお仕事に対してどのような想いがあるのかなど、より具体的な内容を詳しく代表に聞いていこうと思います。

浜松ゆるりカウンセリングルーム・ゆるりメンタルヘルス研究所さんとは

筆者
浜松ゆるりカウンセリングルーム・ゆるりメンタルヘルス研究所(以下、浜松ゆるりカウンセリングルーム)さんについて、まずは詳しくお話をお聞かせください。こちらのお仕事を代表が始められたきっかけや理由はありますか?
代表
はい。私はもともとは、進学校と呼ばれる高校の教員をしていました。そんな学校での生活の中で、発達障害の生徒と出会い、関わっているうちに、発達障害の方のサポートをしていきたいと思うようになりました。その理由は、本当に支援を必要としている子供というのは、健常者の子供ではなく、社会とうまくコミュニケーションが取れず、悩みを抱えている発達障害の子供ではないかと感じたからです。そう思うようになってからまずは心理学を学びたいと思ったので医学部大学院にて臨床心理学を学び始めました。そして、その後に、児童相談所や大学の臨床心理相談センターでの経験を積み、名古屋の診療内科クリニックで4年ほど働きました。今までの全ての経験やきっかけを通じて、様々な方から相談されるようになり、やがて独立を決心。今では、リピーターの患者さんがたくさんきてくださり、これからも患者さんにもっと寄り添っていきたいと思いながら、日々サポートをさせていただいています。
筆者
ありがとうございます。確かに、発達障害と呼ばれるお子さんは、なかなか周囲との調和が難しく、健常者のお子さんよりも悩みを抱えていることが多いと思いますね。
代表
はい。実際に接することで、心のケアが必要なのは通常以上に困っている人たちなのだと実感しました。もちろん、健常者のみなさまでも今働いている環境の影響から心を病んでしまう方や悩みを多く抱える方はいらっしゃると思うので、どなたのご相談にも寄り添っていければと考えています。

 

問題に対してお話を聞きつつ解決策を提案します

筆者
浜松ゆるりカウンセリングルームさんで、特にこだわって行っていることなどはありますか?
代表
多くの方が心のお悩みを相談しにいらっしゃいますが、私はまず、患者さんが悩んでる問題に対して、しっかり話をお聞きします。しかし、ただ悩みを聞いて終わりでは当然解決には繋がらないので、相談された内容に対しての具体的な解決策を伝えるようにしています。カウンセリングルームとは、ただ患者さんの愚痴を聞く場所、癒される場所だけではないと私は思っています。
筆者
ただ悩みを相談するだけなら、お友達や家族でもできてしまいますよね。
代表
そうですね。だからこそ、患者さんの話を聞くだけでなく具体的な解決策も伝えるようにしています。認知行動療法や応用行動分析を用いながら、解決へと導くことが可能です。

 

筆者
色々なことを相談できるので心強いですね。
代表
他にも生活保護を受けている方や、生活にお困りの方も、まずはご相談ください。患者さんの現在の状況をしっかりお調べすることで、住民税非課税の減額免除が可能となる場合もあります。他にも、生活保護申請の仕方が分からないといった方のご相談にも対応できますので、まずはお問い合わせください。
筆者
お金に困ってしまいその結果生活に問題が出て、心の病になってしまったという方も多いと思うので、これらの相談をしてもらえるというのはとても助かりますね。
代表
そう感じていただけるとありがたいです。多くの方の心のお悩みを精神的に和らげるのはもちろんですが、より具体的に解決することも大切なことです。ぜひお気軽にご相談ください。

 

ゆったりとゆるりと気軽に相談ができる場所として

筆者
浜松ゆるりカウンセリングルームさんでは、どのようなことを意識してお仕事をされていますか?
代表
はい。まずは、できるだけ患者さんが話しやすい雰囲気になるような環境づくりを意識しています。心が疲れていて悩みを抱えている患者さんが、せっかく話をしようと勇気を出してこの場にきてくださっているので、患者さんが「恥ずかしい」「怒られそう」「笑われそう」と思わないような環境を作り、こちらからもゆっくりと話しかけて、話をしやすい雰囲気にします。患者さんを否定したり、説教したり、責めたりする状態にならないよう心がけ、寄り添いながら、そして共感しながら優しくお話をお伺いしています。
筆者
カウンセリングのお仕事を今までしてきて良かったと感じたエピソードなどはありますか?
代表
元気のなかった患者さんが、私とのカウンセリングを通して、最初の頃とは見違えるように元気になったときはとても嬉しくなります。また学校に行けないと常に泣いていた子が、笑顔で元気になって学校に通えるようになった時も同様です。この仕事を通じて、多くの人が元気になってくれて良かったと改めて実感する瞬間です。

 

筆者
それは患者さんにとってもとても良い時間を過ごしているということがわかります。
代表
ありがとうございます。肩を張らずにゆったりとした空気の中で、患者さんのお悩みを楽にしていければと常に思ってお話をするようにしています。
筆者
必ず対面で、相談やカウンセリングをしなければいけないということはありませんよね?
代表
はい、もちろんです。心に悩みを抱えている人の中には、家から出られないといった方も多くいらっしゃいます。ですので、ご相談の際はお電話でも可能ですし、私から患者さんのご希望の場所に出張カウンセリングすることもできるので、まずはご相談していただければ安心かと思います。

また、「ゆるりメンタルヘルス研究所」として、企業向けの方へのサービスも承っております。 従業員様のプライベートで起こっている夫婦間や家族の問題、子育て・虐待・DVのご相談も可能です。コロナの影響で、メンタルが下がってしまった従業員様のサポートも、遠慮なくご相談ください。
他にも、職場環境改善のご相談、パワハラなどハラスメント予防についてのご相談も承ります。なお、ご相談に関しての個人情報は厳守いたしますので、ご安心ください。

筆者
ありがとうございます。それでは最後に、皆さんに伝えておきたいことなどありましたら教えてください。
代表
はい。現代社会というのは、人間関係だけではなく、環境などの要因で様々な悩みを抱え、そこから心が疲れてしまいやすい時代でもあります。まずはゆっくりとご自身を労りましょう。そして誰かに相談して話をしたいと感じた時はぜひ、浜松ゆるりカウンセリングルーム・ゆるりメンタルヘルス研究所までご相談ください。

 

お悩み相談なら浜松ゆるりカウンセリングルーム・ゆるりメンタルヘルス研究所さんへ

名称 浜松ゆるりカウンセリングルーム・ゆるりメンタルヘルス研究所
代表者 伊川 友梨
住所 静岡県浜松市北区三ケ日町都筑3103-1(詳しい場所はお問い合わせ時に伝えます)
定休日 不定休
診察時間 9:00~21:00(平日・土日・祝日) 電話相談の場合は23時まで受付(通話料無料/カウンセリング料のみ)
電話番号 080-5818-2083
WEBサイト 浜松ゆるりカウンセリングルーム・ゆるりメンタルヘルス研究所

いかがでしたでしょうか。 今回はお悩み相談なら・浜松ゆるりカウンセリングルーム・ゆるりメンタルヘルス研究所さんをご紹介しました。

なんだか身体の調子が悪いけれど病院では診断してもらえなかったという方や、心がモヤモヤするけれど相談できる相手がいないという方、他にも発達障害ではないかと感じている方や、心療内科の薬を服用しても改善しないという方、登校拒否や引きこもりになってしまったお子さんなど、悩みを抱えて動けなくなってしまっている方は、ぜひ一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?きっとお悩みをしっかりと把握してくださり、患者さんにとってベストな解決策を導いてくれることと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

このサービスをみんなにシェア!