個性を活かし笑顔になれる場所、守山市の放課後等デイサービスガーベラの園


 

心身に障害を持った児童がいらっしゃる親御さんには

  • 子供の個性を大事にしてくれて、のびのびと安心して過ごせるような場所に通わせたい。
  • 医療的ケアまで対応してくれる放課後等デイサービスを探している。
  • 期待しているサービスが受けられる放課後等デイサービスが見つからない。

こんな風に思っている方も多いのではないでしょうか?

今回は滋賀県守山市にある放課後等デイサービスを運営している、ガーベラの園さんにお話を伺いました。

滋賀県守山市・野洲市周辺で放課後等デイサービスをお探しの方は、ぜひ一度、ガーベラの園さんにご相談してみてはいかがでしょうか?

ガーベラの園さんとは

筆者
まず、放課後等デイサービスとはどのような施設なのでしょうか?

ぜひ教えてください。

代表
放課後等デイサービスとは6歳から18歳までの心身に障害を持った児童を対象に、平日の学校帰りや、土日祝日、夏休みなどの長期休暇に利用することのできる通所訓練施設です。

放課後等デイサービスは施設によって、勉強や運動に力を入れているなどそれぞれ特徴がありますが、当施設では児童一人ひとりが持って生まれた大事な個性を活かすことを目的として活動しています。

筆者
なるほど。一人ひとりの違った部分を「個性」として活かしてくれるのは、とても心強いですね!

ガーベラの園さんはどうしてこの仕事を始めようと思ったのですか?

代表
私自身、以前は主に医療関係の仕事をしていました。

他にも色々な仕事をしていたのですが、デイサービスで働いていた時に、そこのデイサービスは利用者さんを選ぶような会社だったために、利用者さんが本当に望んでいるサービスが提供できていないように感じたのがきっかけです。

それならば私が自分でより良いサービスを提供したいと思い、独立しました。

 

筆者
そうなんですね。自分で作ろうと思われるマインドが素晴らしいですね。

ガーベラの園さんが思う、より良いサービスとは具体的にどのようなものなのでしょうか?

代表
そうですね。

具体的には、当施設には看護師が常時勤務しているので、てんかん発作やIHVや導尿など、医療的ケアが必要な児童も受け入れています。

医療的ケアが必要な児童を受け入れることのできる施設は滋賀県には当施設を入れて2つしかありません。

また、他の施設は15時〜18時までを開園時間として運営している施設が多いですが、当施設は部活動をしていて遅くなる児童のことも考えて、20時までを開園時間としています。

あとは様々な事情や悩みを抱えて通学ができない不登校児も受け入れるために、平日は朝10時から開園しているのも他の施設とは違うところですね。

経営方針として臨機応変・柔軟対応を掲げているので、利用者様が望むようなサービスを提供できるよう心がけております。

当施設の名前の由来でもある、ガーベラの花のように子供たちにもそれぞれ異なる個性があります。

その個性を大切にしながらのびのびと育っていってほしいと考えて接しています。

そのため一人ひとりに合ったサービスを提供できるよう取り組んでいます。

決められたことはせず何でもやりたいと考えているので、もし悩んでいることがあるなら何でも相談していただきたいですね。

筆者
看護師さんが常時勤務されているのは親御さんの立場からすると、とても安心ですね!

開園時間が長いことも確かにありがたいです。

利用者さんの要望を汲み取って、かゆいところに手が届く取り組みをされているのがとても素晴らしいですね。

ガーベラの園さんに居る間、児童達は何をして過ごしているのですか?

代表
平日は主に学習をして過ごしています。

児童達の学校状況に合わせて教材をチョイスしているのでしっかりと学力をアップさせることができますよ。

さらに、当施設では受験対策としての勉強も行っています。

実際に高等養護学校や公立高校への合格実績もあります。

土日などの学校が休みの日は、学習する日もありますが、普段できない体験をしてのびのび育ってほしいとの思いから、海釣りや県外への観光、体験教室、理科実験や調理実習など様々なイベントを実施しています。

さらに、毎年の周年記念には大きなイベントを企画しており、1周年記念の際はご家族様も一緒に行けるようにと、バスを貸し切ってUSJに行きました。

2周年記念ではイタリア料理屋さんを貸し切り、ご家族様と一緒に楽しみました。

周年記念の時にはご家族様も一緒に楽しめるイベントを開くようにしています。

家族の時間や、ご家族様同士での繋がりができたとご好評いただいています。

次の周年記念では船を貸し切りにして琵琶湖でイベントを開こうと計画しています。

 

筆者
平日は学習をして土日に思いっきり遊べるのはとても魅力的ですね。

しかもイベントが盛りだくさんなだけでもすごいことなのに、ガーベラの園さんでは、児童さん達が楽しめるものだけでなく、大きなイベントではご家族様も招いてみんなで楽しめるようにされているのも素敵ですね!

それだけイベントを開いていると毎回お金がすごくかかると思うのですが、イベント代はどうしているのですか?

代表
そうですね。確かに他の施設ではイベントを開催するときには利用者様から遊園代を全ていただいているところも多いです。

しかし当施設のイベントでは、児童にもご家族様にも楽しんでもらうことを主な目的としているので、利用者様からいただく遊園代の上限は1,000円のみというリーズナブルな設定にしています。

そうすることで金銭的に厳しいご家庭の方にも楽しんでいただけるのでとても好評です。

筆者
1,000円でそんなに楽しいイベントに参加できるのはとても嬉しいですよね。

企業努力の賜物ですね。素晴らしいです。

ただそれでは企業の利益にならない気がするのですが、運営は大丈夫でしょうか。

代表
最初にお話させていただいたように、利用者様により良いサービスを提供していきたいとの思いで独立したので、利益追求を目的とせず、利用者様が楽しめることを第一に考えて運営しています。

 

筆者
なるほど。利益追求が目的ではないということですね。

お客さまのことを本気で考える、プロとしての姿勢が伝わってきます。

他に、このお仕事をする上で気をつけていることはありますか?

代表
1番気を付けていることは言葉遣いですね。

児童達に接する時ももちろんですが、児童を安心して預けていただけるよう、ご家族様とお話しする時も言葉遣いに気をつけるようにしています。

筆者
確かに言葉遣いが丁寧だと安心して任せられると思えますよね。

子どもを預けている間は保護者の目は届かないので余計にそう思います。

逆に、利用者さんがガーベラの園さんを利用する上での注意点とかはありますか?

代表
そうですね。

当施設を利用していただくためには療育手帳の所持、もしくは医師から療育の必要があるという診断書・意見書が必要になります。その後、在住の各市町村の自治体より「通所受給者証」が発行されます。

当施設を利用していただくためには自治体から発行された「通所受給者証」が必要なのでそこだけは気をつけて欲しいですね。

それさえクリアしていればあとは悩みなど何でも相談していただけたらと思います。

児童が馴染めるか不安に思われる方には、無料見学や体験レッスンも開催しております。

いつも利用している児童達と一緒に送迎から体験できるので、雰囲気も掴みやすいと思いますよ。

対応エリアである守山市・野洲市に在住でどの施設を利用しようか迷っている方はぜひご活用いただければと思います。

 

守山市の放課後等デイサービスなら発達支援ルーム ガーベラの園さんがおすすめです!

園名 発達支援ルーム ガーベラの園
代表者 髙田健
住所 〒524-0012
滋賀県守山市播磨田町110-1 ソレイユ千 202号室
運営時間 月〜金:10時00分~19時00分
土:9時30分~18時30分
※不登校で学校が行けない子は朝10時から、部活動で中々利用が出来ない子は夜20時までご利用できます。
定休日 日曜日
電話番号 077-572-5620
WEBサイト 守山市の放課後等デイサービスなら発達支援ルーム ガーベラの園

いかがでしたでしょうか。

今回は滋賀県守山市にある放課後等デイサービス、ガーベラの園さんについてご紹介しました。

ガーベラの園さんは、終始一貫して利用者様により良いサービスを提供しようとする姿勢が素晴らしいと思いました。

滋賀県守山市と野洲市在住で、医療的ケアまで対応してくれる放課後等デイサービスをお探しの方子供の個性を大事に育ててくれる放課後等デイサービスをお探しの方は、ぜひ一度、ガーベラの園さんにご相談してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

このサービスをみんなにシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ネコの視点専属ライターです。
お店やサービス新商品などを中心に紹介しており実際に話を聞いてみたり、体験してみたりすることによって、ネット上のどのクチコミよりも正確で正直な内容を執筆しています。
インターネットでサービスや商品を購入したりする方が真に求めるサービスや商品に出会って欲しいと考えています。