太宰府で七五三!めでたい食事で懐石料理を!『梅の花 太宰府別荘 自然庵』に行ってきた!!

私事ではありますが、先日長男の七五三と次男のお宮参りに行ってきました。
福岡で七五三やお宮参りといえば、『筥崎宮』や『宇美八幡宮』など有名どころがたくさんありますが、今回は『太宰府天満宮』に行ってきました。
息子が天神様の恩恵を受けれるようにお祈りしつつ、お祝いの席に相応しい豪華な食事を頂いてきました。

太宰府 七五三 お宮参り

太宰府天満宮

住所 福岡県太宰府市宰府4-7-1
tel 092-922-8225
web http://www.dazaifutenmangu.or.jp/

アクセスマップ

太宰府天満宮といえば、学業成就を祈る学生さんが全国から集まることで有名です。
それもそのはず、実はここ平安時代の大政治家・大学者だった菅原道真公を祀る天満宮の総本社なのです。
学問の神様として有名な天神様ですが、災厄除けの神様としても有名でお宮参りをはじめとする人生儀礼で訪れる人も少なくありません。
全国的に名高い神社で、年間で700万人もの人々が参拝に訪れるそうです。

img_20161123_193251

見渡す限り人、人、人です。
特にこの時期は学業成就で訪れる人が多く、絵馬の数もすごいことになります。

img_20161124_094955

たくさんの願いが込められています。
私も高校受験の時に同じように絵馬を書いてお願いしたのを思い出しました。
いつの時代もひたすら勉強して、合格祈願をするという受験戦争は変わらないんですね。

境内を散策し、無事にお参りも済んだところで本日のメインイベントに向かいます。

太宰府 食事 懐石料理

梅の花 太宰府別荘 自然庵

住所 福岡県太宰府市宰府4-4-41
太宰府天満宮裏
tel 0120-28-7787
営業時間 11:00〜16:30 16:30〜22:00
定休日 年末年始
web  http://umenohana-restaurant.co.jp/

アクセスマップ

福岡県太宰府市宰府4-4-41 太宰府天満宮裏

お宮参りや七五三、接待にもオススメ

梅の花は湯葉や豆腐を中心とした懐石料理が有名なお店です。

 

豊かな自然に囲まれた趣のある雰囲気の中で、ゆったりとした時間を過ごしながら高級感のある和食を楽しむことができます。
入口から日本庭園が広がり、高級感抜群です!

6597 6596

本社は福岡県久留米市にあり、上は北海道から下は鹿児島まで全国的にグループ展開している会社です。
店内には広めの座敷やテーブル席、掘りごたつの席などの個室がありますのでお宮参りや七五三などの子供連れでのお祝い事にもぴったりです。

img_20161124_222204

料理も雰囲気も高級感があるので、仕事での接待に利用される方も多いみたいです。

今回は『茜〜あかね〜』というコース料理とお子様ランチ、お食い初めの料理を頂きました。

ランチでも高級感たっぷり懐石料理

とにかく高級感があります!
そして当然のことながら美味し!
雰囲気が良い個室というのもあり、お宮参りや七五三などのお祝いの席が華やかになります。
コース料理を順番に紹介します。

6613

左から『ローストビーフ』『秋の紅白なます』『春菊としめじのお浸し』

6612

『たぐり湯葉 トリュフの香り』

6608

『茶碗蒸し かぼちゃあん掛け』

6611

『鮪と長芋の市松造り』

6607

『合鴨の小鍋仕立て』

6606

『かにしゅうまい』

6602

『黒豚と野菜のセイロ蒸し』

6605

『黒毛和牛の朴葉焼き』

6603

『季節の飯物』

6604

『湯葉吸物』

6600

『香の物』

6601

『デザート三種』

これだけの料理が出てきました。
もちろん味は文句のつけようがないくらい美味し!
料理が出てくるタイミングも、スタッフの方の気遣いも素晴らしく、さすがの高級店という感じでした。

ちなみに『お子様ランチ』

6599

こちらも豪華です。

そして『お食い初めの料理』

6610 6609

なんとまでついてきました!
御膳には歯固めの石もついていて、至れり尽くせりです。
お宮参りや七五三のお祝いで利用される方が多いのも納得ですね。

個室完備なので子供が騒ぐのも気にせずのんびりと過ごすことができました。
太宰府は懐石料理屋が少ないとのことだったので、七五三やお宮参りのお祝いをお考えの方は『梅の花 太宰府別荘 自然庵』を利用されてはいかがですか?
接待などで利用される方もいらっしゃる人気店なので、行く際には予約必須ですよ!

ご馳走様でした!

このサービスをみんなにシェア!