蒲郡市・豊川市で新築建築・リフォームなら地域密着型のKOZEN−STYLEがおすすめ!

一生に一回の買い物と言われている『家』

みなさんはどんな理想の家を想像していますか?

真っ白で清潔感のある家、木のぬくもりに囲まれた家、二世帯で仲良く暮らせる家それぞれあると理想があると思います。

大切な家族と長年住み続ける家だからこそ家づくりはちゃんとこだわりたいですよね。

そこで今回はそんな理想の家づくりを叶えてくれるKOZEN-STYLEさんをご紹介させていただきます。

KOZEN-STYLEについて

fimg_0814_1

蒲郡市と豊川市を中心に新築・注文住宅・リフォームを行っている工務店になります。

地域密着型の工務店なので周辺の環境を考えた家づくりをすることができます。

会社名有限会社コバヤシホーム
所在地愛知県蒲郡市大塚町西屋敷83
電話0533-59-7688
営業時間9:00〜18:00
定休日水曜日

WEBサイト

サイトはこちら→http://kozen-style.com/

アクセスマップ

愛知県蒲郡市大塚町西屋敷83

工務店のいいところ

マイホームを建てる際依頼先はハウスメーカーや工務店、設計事務所など様々あります。

今回紹介させていただくKOZEN-STYLEさんは工務店にあたります。

工務店はハウスメーカーと比べ小規模で営業し、人数も少ないですがその分コストがかからないので建物にしっかりと大切な予算をあてられます。

また、ハウスメーカーよりも縛りが少ない分設計に自由度がきくので注文住宅を依頼したい方に向いています。

ただ、会社によっては人員の多さやサービスの幅・技術力等が異なるので工務店を選ぶ際はその点を重視して選んだほうが良いでしょう。

KOZEN-STYLEさんは一人で打ち合わせや現場指導などを行うので、お客様の意見が現場に届きやすいです。

 

初めて家づくりをする方へ

img_9348%e5%8a%a0%e5%b7%a5

ほとんどの方が家を建てるのが初めてかと思います。

おそらく人生の中で一番大きな買い物なので家づくりをする上でどんなことを知っておくべきか、大切にしておくことなどKOZEN-STYLEさんに伺いました。

どんな家に住みたいかイメージを固める

自分たちの生活しやすい間取りや理想のデザイン、欲しい機能など家づくりのなかで叶えたいことをある程度固めておいたほうが注文する際に設計士さんに伝わりやすいです。

できてから、後悔しないように家族全員の悩みや理想を固めておきましょう。

建築費用面

家を建てるには大きな費用がかかるものです。もちろん住宅ローンも組むことができますが頭金も必要になるので(頭金は入れない人の方が多い)どれぐらいの費用がかかるのか依頼する工務店もしくはハウスメーカーに確認したほうが良いでしょう。

建築費だけではなく、土地のランニングコスト・インテリア代・登記費用・引越代・などもかかってきますのでトータルでいくらぐらいいるのか把握することであとから困りません。

もし、二世帯で住むのであれば費用面でトラブルが出ないようにしっかり話し合いましょう。

建築スケジュール

注文住宅はすぐにできるものではありません。早めに家を建てたいなら完成までのスケジュールをしっかり把握しておきましょう。

そうすれば、決めることややらなければいけないこと、揃えなければいけないものなどの準備ができスムーズに家づくりが進みます。

家の構造を把握する

日本は災害が多い国なので水害・地震・火災などに強い家が理想ですよね。

お願いする工務店やハウスメーカーではどんな材質でどんな構造で作られているのかしっかり聞いておきましょう。

今はインターネットや住宅専門誌などがあるので自分で調べることも可能です。

知識をつければつけるほど損はありません。

もし可能なのであれば、実際に建てた家を見せてもらうことで想像もしやすいですし、住んでいる人の声が聞けるので家づくりの参考になります。

土地を調べる

マイホームを作るならやはり安心かつ便利で広くて安いところが理想ですよね。

全て叶うのが理想ですが、これはなかなかむずかしいもの。

まずは家族の中で何を一番に優先するか考えて探してみましょう。

 

リフォームの魅力や確認事項

%e5%8a%a0%e5%b7%a5img_7430

 

子供が巣立ったのでもっと住みやすいように間取りを変えたい、あちこち劣化がひどいから補強してもっと長く住めるようにしたいという方はリフォームをするのがいいでしょう。

KOZEN-STYLEではリフォーム依頼も承っているようです。

そこでリフォームの魅力について聞いてみました。

建て替えるよりも予算を抑えることができる

家を建て替えるとなると多額の費用と時間がかかります。

劣化している場所が少なく、耐震性や建築基準法に問題がなければリフォームをしたほうが費用も安く抑えられるし、今までの家の

良さも活かすことができます。

工事も短期間で終わらせることができるのでその分、仮住まいの家賃を抑えることもできますし、場合によっては大掛かりな引っ越しや片付けもしなくて済みます。

思い出をそのまま残せる

長年住んできた家なので柱に子供の身長をきざんだり、二人で共同して部屋をつかったりと一つ一つの部屋に思い出があると思います。

建替えてしまえば大切な思い出も無くなってしまいます。リフォームは家の思い出・愛着感を残したまま改善することができます。

今までの思い出を残しながら新しい思い出を作ることができるので魅力的ですよね。

リフォームする前の確認事項

リフォームを考えているのであればいくつか確認しておいたほうがいいことがあります。

まずひとつはリフォームするタイミングです。

タイミングとしては二つあります。一つは建物が劣化したときです。壁にひびが入ってきた、雨漏りがしてきた、寒い・暑い、床がミシミシ音が鳴るなどの劣化症状があれば安全性のためにもリフォームしたほうがいいでしょう。

もう一つは家族構成や生活スタイルの変化です。

二世帯で住むことになった、子供を授かって家族が減った、子供が巣立って住む人数が減ったなど、いつかは変化が訪れます。

そのままでは使いにくい場合があるので、リフォームを行って快適な生活スタイルにすることで誰もが楽しく過ごすことができます。

また、リフォームをする際は目的を決めましょう。

間取りを変えるのが目的なのか、どこが一番改善したいかなど目的をしっかり明確にすることでイメージ通りにリフォームが行われます。

まとまったら業者としっかり話、見積もりをしてもらいましょう。

いただいた見積もりは内訳や要望内容が組み込まれているかなどしっかり確認しましょう。

KOZEN-STYLEの家づくりの特徴

家づくりにおいて大切なことやリフォームの魅力などご紹介してきました。

理想のマイホームをGETする上でどんなことを大切にして重視するべきか自分の中で整理できたと思います。

ここからはKOZEN-STYLEさんの家づくりの特徴についてご紹介させていただきます。

パッシブデザインを取り入れている

img_0887_1

理想とする家は人それぞれですが、長く住むならやはり快適さが重要です。

せっかく広くて機能的に便利な家ができても夏暑かったり、冬寒かったら気持ち良く過ごすことができませんよね。

実際に、家を建ててから後悔する項目として多いのが「室内の温度・湿度・明るさ」です。

最近では猛暑や極寒になりやすいので室内温度対策は重要になります。

そこでおすすめなのがKOZEN-STYLEさんで行っているパッシブデザインです。

パッシブデザインとは?
機械に頼らず、太陽光、熱、そして風といった「自然エネルギー」をそのまま利用し、快適な住まいづくりをしようとする設計思想・設計手法のことを言います。

室内の快適さを重視したデザインで夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるように設計されます。

そうすることで電気やガスの使用量も減るので省エネにもつながります。

もちろん地域によって気温や湿度は異なるので周辺の地域から算出したデザインを設計してくれます。

パッシブデザインは熱を逃げにくくする断熱・外気温が低い時に風を取り入れる自然風・窓から入る日射を極力少なくする日射遮蔽・昼間の明るい日光を室内に取り入れる昼光利用・窓から太陽熱を取り入れて冬場夜間に暖房にしようする日射熱利用暖房をバランス良く組み込んで設計していきます。

こうすることで、夏や冬でも快適に過ごせ、気温差を感じさせないので健康体をキープすることができます。

光熱費も節約できCO2削減にもつながるので自分たちにとっても環境にとってもメリットだらけなのです。

他の会社とは違って地域密着型

cadc5fe1953dcb8ed9e20028aaa702ab_s

KOZEN-STYLEさんは蒲郡や豊川の地域についてよく理解しているのでこの地域に建てる家にベストな方法を提案してくれます。

周辺の環境を把握しているからこそできる家づくりができるので安心して任せることができます。

お客様とのコミュニケーションをしっかりとる

5d2c2c381cabb0094a3c403f0b80aad9_s

工事も打ち合わせも一人で担当するので相違することはせず、お客様の理想や意見を直接現場まで持っていくことができるので理想の家に近づきます。

また、ハウスメーカーの場合予算などが見積もりよりも多くなることがありますが、KOZEN-STYLEさんはお客様に予算を聞いたうえで設計するので、予算が大きく変わることはほとんどありません。

お客様とのコンタクトをしっかりとり意見を尊重してくれるので信頼性があります。

事務所のすぐ横にモデルハウスがある

img_1151_2

事務所の隣には実際にモデルハウスが建てられています。

そこでお客様に「住環境」を体感していただきながら打ち合わせを行います。

間取りやインテリアなども一般家庭のように再現されているのでイメージしやすいです。

KOZEN-STYLE小林代表の思い

家づくりは建てて終わりではありません。

建築後の家族との時間、子供さん、お孫さんの成長、家族旅行、そして趣味などをしっかりと家族で時間を共有できることが大切ではないでしょうか。

家づくりとはそういうものだと思います。

さらに私たちはお施主様と工務店の枠を超えてお付き合いができるそんな存在でありたいと思います。

小林代表は先代の家づくりに対する熱い思いを引き継ぎ、建築士として多くの家づくりに携わってきたそうです。

設立から15年経っても素敵な家づくりをするという思いは変わらず、今までの経験を生かして今も一軒一軒丁寧に建築しているそうです。

蒲郡市や豊川市で新築やリフォームのご予定がある方は一度お話を聞いてみてはいかがでしょうか?

今回、コバヤシホームの小林代表かお話を伺い、一生に一度の買い物である家を建てる際にどんなことを準備したらいいのかどんなことを考えたらいいのか学ぶことができました。

これで、自分がいつか建てる時失敗する率が低くなった気がします。私も家を建てるときは快適に過ごすためにパッシブデザインを取り入れたいなと感じてしまうほどです。

今まではハウスメーカーなら安心だ!と思っていましたが、工務店のほうがいいのかもとも考えさせられました。

予算内でやってくれるし、自分たちの意見が現場にしっかりと届きやすいのでこれから新築を建てたり、リフォームをお願いしたいという方はKOZEN-STYLEさんに依頼してみてはいかがでしょうか?

電話番号:0533-59-7688

WEBサイトはこちらから→http://kozen-style.com/

最後まで読んでいただきありがとうございました。

このサービスをみんなにシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

ネコの視点専属ライターです。
お店やサービス新商品などを中心に紹介しており実際に話を聞いてみたり、体験してみたりすることによって、ネット上のどのクチコミよりも正確で正直な内容を執筆しています。
インターネットでサービスや商品を購入したりする方が真に求めるサービスや商品に出会って欲しいと考えています。