気軽に出張撮影が依頼できる、名古屋市で撮影依頼ならSho Photograph

スマートフォンが普及して以来、写真を撮影するというのは、私達にとってとても身近な行動になりました。しかし、写真に「きちんと残す」という意識よりかは、ただ日々の記録として、無意識に撮ることの方が多いのではないでしょうか。

時代が移り変わり、便利になったからこそ、写真の価値というのはとても低くなってしまいましたが、せっかくならスマートフォンで撮影するのではなく、プロに撮影を依頼して、きちんとした写真を残してみるというのも、これまでと違ってまた新鮮で楽しいものになるのではないでしょうか。

さて今回は、スマートフォンで撮るのではなく、もっときちんとした写真を残したいという方や、普段自分ばかりが子供の撮影をしてしまい、一緒に映った写真が少ないという方にこそぜひご紹介したい、Sho Photographさんにお話をお伺いしてきました。

こちらでは、実際にどのような撮影をしてくれるのか、またなぜこのお仕事を始められたのかなど、そのきっかけや今までにあった印象的な出来事、ご自身のお仕事に対してどのような想いがあるのかなど、より具体的な内容を詳しく代表に聞いていこうと思います。

Sho Photographさんとは

筆者
Sho Photographさんについて、まずは詳しくお話をお聞かせください。こちらのお仕事を始められたきっかけなど教えてください。
代表
私はカメラ自体は、中学生や高校生の頃から興味があり、撮影もその頃からしていました。
筆者
小さな頃から、すでにカメラが身近にあったということですね。
代表
そうですね。そこからさらにカメラを趣味として始めたのは、大学の頃でした。それまではデジカメでただ撮るといった感じでした。
筆者
大学の頃から、本格的にご自身で撮影を始められたということですね。
代表
はい。カメラが趣味になり、2〜3年くらい前から、仕事としても撮影の依頼を受けるようになりました。
筆者
最初はどのような撮影の依頼があったのでしょうか。
代表
最初は、お知り合いの方から「ビジネス用のプロフィール写真を撮ってほしい」という撮影依頼でしたね。
筆者
撮影のお仕事をされる際に、心がけていることなどはありますか?
代表
人を撮るというのは、その人の人柄の良さを自身の能力を活かし、いかに最大限引き出すことができるかがとても重要だと感じています。

 

筆者
確かに、その人らしさを撮影したいとなると、たとえば緊張していたら笑顔や自然な状態を引き出すことは、なかなか難しいですよね。
代表
はい、人物撮影というのは本当に、リラックスしてもらうことが大切だと感じています。
筆者
人物の撮影というのは、とても大変そうですね。
代表
そうですね、建物を撮るより人物を撮影するほうがとても難しいと思います。普段撮影に慣れない方に対して時にはポージングの指示をすることや、会話をしながらリラックスしていただく状態を作りだす必要もあります。
筆者
様々なことを意識しながら撮影をしないといけないので、いろいろなことを一度にこなさなければならないのは、とても大変だと思います。
代表
はい。そして何よりも、お客様がカメラを意識しすぎないように、リラックスして自然体になってもらうことを第一に、いつも工夫しながら撮影に挑んでいます。
筆者
そこまで考えて撮影してもらえるのは、とても安心して任せることができると思います。
代表
ありがとうございます。ぜひ安心してお任せいただけると、私も嬉しく思います。

 

性能の良いカメラを使用しています

筆者
このお仕事をする上で、代表がこだわっていることなどはありますか?
代表
そうですね。やはり商売道具でもあるカメラには、いつもこだわりを持っています。選ぶ時はかなり考えて悩んで、購入しますね。
筆者
今はどのようなカメラをお使いなのでしょうか?
代表
今はキャノンのミラーレス機として、初めて出たCanon EOS Rというものを使用しています。今までは一眼レフだけでしたが、ミラーレスにすることで軽くて持ち運びやすくなり、撮影もかなりスムーズに行えるようになりました。
筆者
これまでのカメラとの性能も全く異なるのでしょうか?
代表
性能自体は、以前使ってたカメラより良くなっています。また、レンズも今までより簡単に綺麗に撮れるレンズを選んで使用しています。
筆者
カメラだけでなく、レンズにもこだわられているのですね。
代表
もちろんです。レンズ本体には、手ぶれ防止機能がついていたり、瞳オートフォーカスにより、人の焦点をきれいに合わせてくれるので、よりお客様に満足いただける写真をご提供できるようになりました。

 

筆者
カメラとレンズにこだわることは、当たり前ではありますが、お客様により良いご提案ができることにも繋がりますよね。
代表
はい、そうですね。カメラマンとして、お客様を第一に考えて常に撮影をさせていただいております。
筆者
それはよりお客様に喜んでいただけること、間違いないと思います。
代表
はい。もちろん、機材だけでなくテクニックにもこだわっていますので、トータルでより良い写真のご提案ができると思います。

 

気軽に撮影が依頼できるように

筆者
Sho Photographさんは、あえてウェディングフォトや七五三などの、行事の撮影はされていないとのことでしたが、その理由などがあればお聞かせください。
代表
行事だと、気軽に撮影を頼むことはなかなかハードルが高くなり、難しくなってしまいます。まずはお客様に気軽に撮影が依頼ができる環境を作っていきたいと思ったので、差別化することにしました。
筆者
確かに、行事の撮影というと、衣装からヘア、メイクや小物に至るまでの依頼や準備が大変になりますよね。
代表
はい。すでにそういった撮影を行っているフォトグラファーさんや撮影スタジオはたくさんあるので、Sho Photographでは、日々の生活の中で、手軽に撮影したいという方にご依頼いただきたいと考えています。
筆者
もっと手軽に撮影を楽しんでほしいという代表の想いが伝わってきます。
代表
ありがとうございます。そういったお客様が増えていったらより写真は身近になるのではないかと思います。
筆者
今はどのような撮影の依頼が多いのでしょうか?
代表
撮影の依頼は様々ですが、プロフィール写真や宣材写真が多い印象です。それ以外だとモデルさんの撮影や、SNSアイコンやプロフィール用の写真を撮って欲しい方もたくさんいらっしゃいます。また一般の人ですと、マッチングアプリ用で撮ってほしいとよく言われるようになりました。
筆者
時代の流れとともに、撮影の依頼内容も変わったということですね。
代表
そうですね。様々な媒体のために印象的な写真を必要とする方はとても増えてきており、最近では出張撮影として海をバックに撮ってほしいなどといった依頼もいただけています。
筆者
ありがとうございます。それでは最後に、皆さんに伝えておきたいことなどありましたら教えてください
代表
今の時代はスマートフォンがあるので、写真がとても手軽に撮れる時代になってしまいました。しかし日々の大切な記録というのは、手軽に残せてしまうからこそ、特別なものということを忘れてしまいがちにもなります。ですので、ぜひプロによる撮影をお試しください。まずはお気軽に依頼していただくことで、きっと「残しておきたくなるような特別な写真」に感動いただけると思います。

気軽に写真撮影を依頼したいのならSho Photographさんへ

名称 Sho Photograph
代表者 浅井 翔
電話番号 080-3674-0739
WEBサイト Sho Photograph

いかがでしたでしょうか。今回は気軽に写真撮影を依頼することができるSho Photographさんをご紹介しました。

ただ記録として残す写真というのは、便利ではありますが、特別感や宝物にしたいといった想いに欠ける部分があるということを、感じている方も多いのではないでしょうか。しかし、自分ではクオリティの高い写真を撮ることができないという人が多いのも事実ですよね。

そんな時こそ、気軽に撮影を頼める写真のプロが身近にいると、いつでもスムーズにハイクオリティな撮影が叶うのではないでしょうか。

日々の生活というのは、あっという間に過ぎ去ってしまうものなので、大切に記念に残したいと思っている方は、撮影の方法から変えてみることで、新しい刺激や考え方が生まれます。せっかくなら今一度、写真に対しての想いを見直してみるのはいかがでしょうか?

Sho Photographさんならきっとお客様の様々な想いに対して、親身になって考えてくれることだと思います。また、写真が苦手な人や撮られることに慣れていない人にも、自然な笑顔や仕草を引き出してくれるようにサポートしてくださると思うので、きっと良い写真を残すことができるようになると思います。

何気ない写真を、綺麗に残したいという方は、ぜひSho Photographさんへ相談してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

このサービスをみんなにシェア!