飲食業の経営をサポート、鹿児島市で飲食系コンサルなら企策 快笑

世の中には、たくさんの飲食店が所狭しとひしめき合っていますが、飲食店の経営というのは、実は個人でも比較的はじめやすいものです。
しかし、その分安定的に運営していくのは、とても難しいとも言われています。

そして何より、飲食業界というのは、昨今のコロナの影響をダイレクトに受けている業界でもあります。
上手くいっていたお店でも、コロナの影響によって全く状況が変わってしまったという話もよく聞きます。
特に、コロナの時期からお店を始めた人、個人で経営をしていた人などにはとても厳しい状況だったと思います。

さて今回は、そんな飲食店の経営をしているけれど悩んでいるといった人や、飲食業に興味があるのでこれから何かを始めたいと考えている人にぜひおすすめしたい、飲食業向けのコンサルを行なっている企策快笑さんに、お話をお伺いしてきました。

こちらでは、実際にどのような相談に乗ってもらえるのか、またこのお仕事を始められたきっかけや、今までにあった印象的な出来事、ご自身のお仕事に対してどのような想いがあるのかなど、より具体的な内容を詳しく代表に聞いていこうと思います。

企策 快笑さんとは

筆者
企策 快笑さんについて、まずは詳しくお話をお聞かせください。
代表は、なぜこのお仕事を始めようと思ったのですか?
きっかけなどがあれば教えてください。
代表
私には、製麺業界での経験が全くない中で自ら起業し、成功に導いた実績があります。
新聞やテレビなどの様々なメディアに取り上げてもらい、お金をかけずにPRしてもらう0円PRを戦略的に展開してきました。
筆者
業界未経験なのに、たくさんのメディアに取り上げられるというのはとてもすごいですね。
代表
ありがとうございます。
その経験を元にして、PRや集客に悩んでいる飲食店様やオーナー様・事業者様に、PRや集客のコンサルティングをしたいと思い立ったのがきっかけです。
筆者
実際にこれまでのお仕事の実績を見ることができるので、安心してお願いすることができますね。
代表
そうですね。情報調達コンサルタントとして、ふるさと納税活用やプレスリリース作成支援、インターネットの支援や補助金計画のアドバイスまで行っています。
それ以外にも、販売支援や出版支援、Amazon登録販売支援など、幅広い内容での問題解決をサポートすることができます。

 

筆者
お話を聞いているだけでも、今困っている飲食店さんにとっては、とてもプラスになる情報ばかりという感じがします。
代表
ありがとうございます。
私自身は、今現在も最新の情報を学びながら、PRのツールを模索しているので、常に新しい提案ができると思います。
これまでもたくさん学んできているので、引き出しの数も豊富だと思います。
筆者
今も学び続けているというのは、とても素晴らしいことだと思います。
お客様には、どういった提案をされることが多いのでしょうか?
代表
まずは、お客様の現状の課題をしっかりと分析し、インターネット活用やSNS、メディア取材活用など、最適な改善案を考えて、提案をしていきます。
筆者
シンプルに問題を見つけ出し、それに対しての改善案を、これまでの経験の中から提案してもらえるというのは、お客様にとってとてもメリットがありますね。
代表
自社では気づけない、強みや魅力を第三者の視点から伝えることで、その魅力を最大限アピールできるようなアドバイスをしています。

 

経営者の皆様に寄り添ったサポートを

筆者
企策 快笑さんのお名前はとても個性的ですが、こちらにはどんな意味が込められているのか、教えていただければと思います。
代表
まず「企策」ですが、こちらは気軽に相談できる”気さく”、”喜”び作る支援”策”、自分では思いつかない”奇策”の3つがかかっています。
「快笑」は、快く勝つ”快勝”問題”解消”の意味を込めてこの名前にしました。
どちらも”人”が入っている漢字であることも、大切なポイントです。
筆者
なるほど!とてもすごいアイデアや想いが詰まったお名前ですね。
代表
ありがとうございます。
筆者
どのような方から、ご依頼をいただくことが多いのでしょうか?
代表
ある程度ご自身で経営をしているけれど行き詰まっているという飲食店オーナー様や、現状の経営状況にお悩みを抱えている人からの無料相談を承ることが多いですね。

 

筆者
経営している人たちは、なかなか相談することが出来ないので、無料で相談に乗ってくれる場所というのはとても重宝されると思います。
代表
特に、ご自身で経営を長年していると、凝り固まってしまった考えを、なかなか外すことが出来なくなっている人がよくいらっしゃいます。
筆者
ご自身で頑張ってきた分、考え方を変えることがなかなか出来ないといった方も多いと思いますね。
代表
そうですね。PRしたいけど、やり方がわからない、物が売れない、興味を持ってもらえない、知ってもらえないといった悩みを持つ経営者さんのサポートを親身にしていけたらと思っています。

 

製品の開発サポートも可能です

筆者
企策 快笑さんでは、コンサルタントを行うにあたってどのような想いをお持ちでしょうか。
代表
そうですね。私のコンサルタントとしての強みは、自らのこれまでの経験があるからこそのものだと思っています。
経験がないのに、数字や予測だけで語るコンサルタントというのとは、私は少し違うと思って活動をしています。
筆者
確かに経験があってこそですね。
何より相談される方との信頼関係の構築のためにも、大切なことだと思います。
代表
相談される方の事業に対して、私が実際に成功させてきた内容をベースにしたアドバイスで、役立てていただけるようお伝えしています。
筆者
確かにそのほうが、説得力もありますよね。
代表
自らメディアで取り上げられる生パスタを開発した経験を元に、注目されてファンを増やせる商品作りのお手伝いもしています。

 

筆者
製品開発や、製品をよく見せるアドバイスまで受けられるのはいいですね。
代表
どうやってPRしたらいいか分からないという悩みはもちろんですが、魅力的な商材が欲しい、自社商品をもっと魅力的にしたいというような相談も可能です。
筆者
どんな悩みにでも、ご自身の経験からアドバイスをしてくださるということですね。
代表
はい、もちろんです。お客様の事業がより良い方向へと進むよう、アドバイスをしていきたいと思っています。
そして、そういったお店が増えることで、世の中の人々が楽しむことのできる事業がたくさん増えることにもつながっていくと考えます。
筆者
その考え方は、とても素敵だと思います。
代表
ありがとうございます。新型コロナウイルスの影響で倒産したお店をとてもたくさん見てきました。
だからこそ、このコロナ禍で生き残り、事業を行っている経営者さんとともに、飲食業界を盛り上げていけたらと思っています。
筆者
これからの時代は、今までとは異なる社会になっているからこそ、常に学びが必要ですよね。
代表
マスクが欠かせない社会になっていたり、リモートワークの急速な普及が進んだことにより、飲食店も変化への対応が急務です。
筆者
代表はその変化の時に生パスタの自動販売機を作られて、メディアの注目も集めたのですよね。
代表
従来、自動販売機と言えば、飲料を売るのが当たり前でしたが、コロナ禍において、新しい形の自動販売機はとても注目されました。
今では、昆虫食や馬刺し専用冷凍自販機、真珠アクセサリーなど、個性的でめずらしい自動販売機も増えてきています。

 

筆者
ありがとうございます。それでは最後に、皆さんに伝えておきたいことなどありましたら教えてください。
代表
はい。企策 快笑では、コロナの影響を受けた飲食店さんをはじめ、経営がなかなかうまくいかないと感じているオーナーさんや、新たな製品で勝負したいと考えている方まで幅広くサポートさせていただきます。
自らが起業して、成果を出してきているからこそ、お客様にもベストなアドバイスをご用意してお手伝いします。まずはお気軽にご相談ください。

 

飲食店の経営に困っているなら無料相談をしてくれる企策 快笑さんへ

名称 企策 快笑
代表者 強矢 大輔
住所 鹿児島県鹿児島市春山町1495-18
定休日 土・日・祝日
営業時間 9:00〜17:00 時間外も対応可能
電話番号 070-1057-0125
※営業電話はご遠慮ください。
WEBサイト 企策 快笑

いかがでしたでしょうか。 今回は飲食店の経営に困った際にコンサルを行なってくれる、企策快笑さんをご紹介しました。

コロナの影響というのは誰にも止められないことであり、飲食店のみなさんはさぞかし大変だったかと思います。
そしてこの2〜3年も、いまだに影響が出て悩まされている方が多くいるのではないでしょうか?

こんな時代のせいだと、一人で嘆いている方もいらっしゃると思いますが、企策 快笑さんにコンサルタントを依頼することで、こんな時代だからこそできる飲食店へと生まれ変わることができるかもしれませんよね。
初めて利用される際は、無料で相談可能ですので、ぜひお一人でお悩みを抱えることなく、相談してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このサービスをみんなにシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

ネコの視点専属ライターです。
お店やサービス新商品などを中心に紹介しており実際に話を聞いてみたり、体験してみたりすることによって、ネット上のどのクチコミよりも正確で正直な内容を執筆しています。
インターネットでサービスや商品を購入したりする方が真に求めるサービスや商品に出会って欲しいと考えています。