楽しく本格的な和洋中料理が学べる熊本市の料理教室「吉本料理教室」


 

みなさんは料理はどうやって身につけましたか?
お家で教わって、ネットで調べて、テレビで見て、あるいは自己流?

色々な人がいらっしゃるかとは思いますが、実際にプロに教わったことがある!と自信をもって言える人はもしかしたらそんなに多くないのではないでしょうか?

今回は熊本市は中央区の料理教室、吉本料理教室さんにお話伺いました。

どんな料理が、どんな雰囲気で作られているのか?

料理教室ってなんだか大げさな感じがして」「難しい凝った料理を作れるようになりたいとは思わないから」と敬遠しているアナタには、もしかしたらピッタリかもしれません。

吉本料理教室の魅力は?

お手軽で本格的な料理を教わることができると評判の料理教室。
教室は開校してから今年(※2018年)でなんと42年!中には30年通い続けている生徒さんもいらっしゃるそうです!

その筋で知らない人はいないほどの実力を持つ講師の吉本多恵子さんが、優しく丁寧に教えてくれます。

和食から洋食まで幅広く様々なレシピをレクチャーしてくれますが、特にすごいのが中華。
本格的に弟子入りをして積んだ先生の中華の腕はかなりのもの。

そんな先生から和洋中を問わず、バラエティ豊かなメニューを教わることが出来るのも魅力です。
お話をしながら楽しく料理をするという気軽で和気あいあいとした雰囲気や、月1回というペースで開かれる講座の無理のないカリキュラムも人気の理由のひとつ。

個人的に良いな〜と思ったのがワンレッスンから受講ができる部分です。
普通の料理教室だと入会金があったり月謝制だったりしますが、都度払いで参加できるのはなかなか珍しい教室です。

目玉は本格中華料理!

筆者
かなりのベテランだと伺っております。
教室はどのくらいされているのでしょうか?
吉本先生
そうですね、40年くらいでしょうかしら。

そうは言っても若い頃は料理とはあまり関係のないことをしていましたよ。
普通に会社務めをしていた時期もありましたし、帽子を作っていたり。
料理をやりだしたのはつい最近という感じですね。

私も生徒として料理教室に通っていました。
そこで故陳健民先生に出会い2年間ほど先生もとで修行をしていました。
料理教室を自分で開くようになったのはそれからですね。

吉本先生が従事していたのは「料理の鉄人」で有名な中国料理の巨匠、陳健一氏の父である故陳健民氏。
2年間の修行を経て、師範免許も取得。
その後、地元熊本で吉本料理教室を開き現在に至ります。
和食や洋食はもちろん、本格的な中華料理を習うことだってできますよ!

テレビ「おまかせマンマ」で13年間レギュラー!

熊本県民テレビの生放送の名物料理番組「テレビタミン おまかせマンマ」に13年間レギュラー出演。
熊本県内のみならず、全国の生放送料理番組の中で全国一の視聴率を取ったこともあるそうです。

料理番組は番組として成立させないといけないので、段取りや用意などの手間もかなりのものだと思います。
そんな経験を経た先生に教えてもらえる機会はなかなかないですよ!

とってもアットホームな料理教室

筆者
吉本さんがかなりの腕前だということは分かりました。
そんな先生の教室、もしかしてかなりハードでスパルタなんじゃないでしょうか?
吉本先生
いえいえ、そんなことはないですよ。

私の教室はとっても和やかな雰囲気だと思いますよ。
たまには本格的な料理をすることもあるにはあるんですが、かといってビシバシ!っとやるわけではありませんよ。
けっこうみんな楽しくお喋りしながら受講されていますよ。

何もガチガチに固まって構える必要ないじゃないですか。
うちは初心者さんでも大歓迎の教室。
気軽に生徒さんが家庭でも楽しめる本格的な料理を覚えてくれらたらなという想いでやっています。

美味しい料理を作れるようになりたい」「食卓を華やかにしたい」というお気持ちさえお持ちでしたら十分だと思います。
その後のことは私の仕事。
しっかり料理が身につくように丁寧に教えますよ。
何でも訊いてくださって結構です。

ありがたいことに「センセイとお話しをするためにレッスン受けに来てるんです」なんて言ってくれる方もいらっしゃってくれて。
お世辞でもやっぱりそういう風に言ってもらえるのは嬉しいですね。
私のやりたかった教室をさせていただいて、大変感謝しております。

ちなみに、生徒さんの中には30年間この吉本料理教室に通い続けている方もいらっしゃるんだとか!それぐらい人気がある吉本先生です。

筆者
なるほど、かなりアットホームな教室なんですね!
吉本先生
そうですよ。スパルタなんてとんでもない(笑)
ひとつの授業も、月に1回だけのレッスンです。
筆者
けっこう緩いペースなんですね。
吉本先生
はい、そうなんです。
一般的な料理教室ですと、1つの講座に対して、月4回のカリキュラムが組まれるようなことだって珍しくないです。
つまり「毎週来てください」ということですね。
筆者
それは確かにちょっと大変かもしれませんね。
吉本先生
そうでしょう?

生徒のみなさんだってご家庭やお仕事もありますし、色々とお忙しいでしょう?
自分のご都合に合わせて受講出来る方が、みなさんにとっても良いでしょうと考えて私の教室では1つの講座は月に1回と決めています。
そうそう、生徒さんの中には男性の方もいらっしゃいますよ。

筆者
なるほど、そうなんですね。
吉本先生
なので「月に4回!」とガチガチに決めてしまうと「この人とは合わないな」という人とも何とか上手にやっていかないといけない、みたいなことだって起きるかもしれないじゃないですか(笑)

そんなことに気を張ってるのはもったいないですからねえ。私の教室が掲げているのは「お手軽で本格的な、食べた人が幸せになる料理」です。

忙しさの合間を縫って無理して料理したり、ビシバシ厳しくしたりして作らされた料理なんて嫌でしょう?なにより作った本人すら美味しくないと思うんですよ(笑)

レッスンは1回!気軽に参加できるのが魅力

そんな先生こだわりの「月1回」のレッスン」気になるそのシステムをちょっと見てみましょう!

入会金:不要
中国料理教室:月1回/5,000円(食材費込)
今日の晩ごはん:月1回(洋食、和食が隔月)5,000円(食材費込)
※各レッスンは2時間30分~3時間30分程度

用意するもの
・エプロン
・ハンドタオル
・筆記用具

レッスンの流れ

メニューの説明
楽しく会話なんかもしながらまずは座ってその日のメニューの説明

調理、実食
作って、食べるまでが大切なんだとか。
食事中はもちろん、料理中も楽しくコミュニケーションをとりながらの授業になります。

片付け
しっかり後片付けまでして終了です。

生徒さんとのコミュニケーションを十分とることのできる「隙」がありますね。
なるほど、これがアットホームな料理教室の中身だったわけですね。
なお「興味がある」「ちょっとやってみたいけど不安だ」という方は体験受講なども可能とのことです。

筆者
なんだかホームパーティーみたいで和やかですね
吉本先生
はい、私は一応「先生」という立場ですが、生徒さんと一緒になって楽しんでしまっている部分も少なからずあるかもしれませんんね(笑)

そんな調子でゆるりと楽しくやっています。
少しでご興味お持ちいただけましたら、どなたでも構いませんので是非一度お越しいただければと思います。

見た目はゆるいですが、料理だけは自信があります。
しっかり美味しい料理をバッチリ覚えて帰っていただけるかと思います。
是非うちで覚えた料理を、ご家族やご友人に振る舞ってあげてください。

楽しく本格的な料理を学びたいなら吉本料理教室さんへ

吉本先生のその知名度や本格的なお料理の腕前、レッスンのわかり易さはもちろん。
しかし吉本料理教室の魅力はそれだけではなかったみたいです。
それは明るく元気で一生懸命がモットーの先生の、とっても素敵な人柄が何よりの魅力。
これが40年以上も人々に愛され続けてきた理由なんですね。

吉本料理教室さん情報

教室名 吉本料理教室
講師 吉本 多恵子
郵便番号 860-0821
住所 熊本県熊本市中央区本山2-4-14
お問い合わせ 096-324-4457
受付時間 10時〜22時
駐車場
WEBサイト 熊本市の料理教室吉本料理教室

自分の料理のスキルをもっと磨きたい方や、レパートリーを増やしたい方に本格的な料理を学びたい!という方などにおすすめの料理教室です。
完成した料理を楽しむのはもちろん、料理は作り上げていくその過程も楽しいものです。

みんなとコミュニケーションを取りながら美味しい料理を作り上げていく。
そんな幸せな瞬間を吉本料理教室で体感してみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

このサービスをみんなにシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

ネコの視点専属ライターです。
お店やサービス新商品などを中心に紹介しており実際に話を聞いてみたり、体験してみたりすることによって、ネット上のどのクチコミよりも正確で正直な内容を執筆しています。
インターネットでサービスや商品を購入したりする方が真に求めるサービスや商品に出会って欲しいと考えています。