愛知県西尾市で電気工事のことなら都築電気

現代生活で無くてはならない電気

電気は現代人の生活では無くてはならないものです。電力はライフラインの一つに数えられ、経済活動を支える重要なインフラとなっています。電気工事はこれからも、生活に欠かせないインフラを守る基本的な技術です。

常にあるのが当たり前の電気も、大地震などの災害時には全面的に止まる場合があります。大地震では発電所からの配電網が途中で寸断され、復旧までの間にかなりの時間を要する場合があります。電気が止まると、ほとんどの職場では仕事ができなくなります。電気が供給されなくても仕事ができるのは、農林水産業などの自家発電を有する一部の産業に留まります。

災害で電気が供給されないと、事務所や工場、店舗などの営業が出来なくなるに留まりません。最大の被害は交通に与えるものです。信号機が点灯しなくなり、クルマの往来ができなくなります。電車も全面的に止まります。タクシーは直接影響を受けないものの、会社から早期の帰還を命じられ、あっという間にいなくなります。災害で電気が止まると、交通網が完全に遮断されます。

災害で電気が止まると、家庭における被害の甚大です。最近は太陽光発電装置を設置している住宅も増えてきたので、以前よりは災害での被害は抑えられる方向に向かっています。それでも、大半の家庭では電気が来ないことによる影響は大きく、生活が成り立たなくなります。現代の生活では冷暖房の主要な手段はエアコンです。エアコンは電気が止まれば使い物になりません。照明が止まるのも大きな影響です。夜間には、ろうそくを灯した生活が余儀なくされます。

現代生活で当たり前に供給される電力は、災害時に供給されなくなった時点で、始めてその大切さが身に染みます。電気の最大の問題点は、溜めておくことが難しいことです。発電した電力は発電した時点で使いきらなければなりません。ある時間に余分に供給し、ある時間には供給を減らすことを、ランダムにはできないのが電気です。電気は使われる量を供給し続けなければなりません。

現代の通信技術の発展は著しいものがあります。若者を中心に、スマートホンなどを使いインターネットと接続することで、世界中との通信が可能で、情報もリアルタイムで得ることができるようになりました。しかし、それらの端末も電気と無縁で入られません。電気の供給が無ければ、さすがの最先端の通信機器も使えなくなります。災害時においても、携帯電話やスマートホンの利用はほとんどできなくなるのが通例です。

西尾市で低圧電気から高圧電気まで扱っている都築電気

都築電気は西尾市を中心に、低圧電気から高圧電気まで扱っている会社です。低圧電気は一般の家庭に供給され、高圧電気は主に産業用に供給されます。都築電気は家庭用から産業用まで、幅広く電気に関わる会社です。

電気が使われるのは主に建築物においてです。また、プラントなどの産業用施設でも多くの電気を必要とします。建築物で電気を用いる場合は、建築基準法の規制などがあり、防火や安全に関する配慮を行う必要があります。どんな建物でも使われる電気設備として、照明があります。照明設備は電気設備会社が単独で設計と施工を行うことの多い分野です。照明機器は建物の目的により異なったものを用います。LED電球は一般家庭にも普及していますが、白熱灯も多くの家庭で使われています。事務所の用途では、効率の良い蛍光灯が主役を占めます。照明機器はLED電球など、なるべく電気を使わない器具の開発が求められています。

どの建物でも必要な電気設備として、幹線設備があります。建物内での電線の役割を果たし、各室にくまなく電気を供給します。通常の家庭では電気の利用は100V又は200Vが主になります。電力会社は電線を使い、家庭の近くまで高圧で送電し、電柱に設置してあるトランスで電圧を変圧して、一般家庭に供給しています。しかし、一定規模以上のビルや店舗、工場等では、受電設備、変電設備を自らの建物に設置し、管理しなければならない決まりとなっています。都築電気は受電設備、変電設備及びキュービクルにおいても、専門的な技術を要しています。

新築の建物に電気設備を設置する場合は、設計時点から電気工事の専門家が関わる場合があります。設計事務所等においても、電気の設計を専門に行う技術者がいます。その場合は、設計を設計事務所で行い、工事を電気設備会社が請け負います。それとは別に、設計の時点から、電気設備会社が請け負う場合があります。ゼネコンや建設会社、工務店等が建物の設計を請け負った場合は、電気設備会社が設計から請け負うのが一般的です。

電気設備会社は工事が済めば終わりではなく、メンテナンスまでを行うのが一般的です。比較的メンテナンスが少ない建築工事と比較して、機械設備工事と電気設備工事はメンテナンスの機会が多くなります。それだけ、一般のユーザーとのかかわりも多くなり、責任も重くなります。都築電気は設計からメンテナンスまでを行う総合的な電気設備会社です。ユーザーの身近にある存在として、社会に貢献しています。

工場や、企業では迅速・確実な作業が大切

都築電気は業績が好調なことから、技術者を求めています。求人情報は会社のホームページに記載されています。電気設備は設計から工事まで行う、やりがいのある仕事です。電気が無くなることが無い以上、電気設備技術者も無くなることはありません。建築工事は建築物が過剰となる将来において、減少することが予想されます。しかし、電気設備工事はメンテナンスも担当することから、既存建物にも関わり、仕事が無くなることはありません。

仕事の心得は、経験により身につくものです。既存の工場や企業で電気設備工事を行う場合は、迅速で確実な作業が求められます。使っている建物の場合は、メンテナンスで利用できる時間は限られています。与えられた時間を有効に使った作業が求められます。電気設備工事の作業は一人で行うこともありますが、多くはチームで行います。チーム全員が目的に向かって歩調を合わせることが大切です。新人は早く一人前になることが必要で、一人前になったら、チーム全体をまとめる統率力が求められます。

新築工事の場合は、設計事務所、建設会社、機械設備会社、電気設備会社が連携して工事に当ることになります。現場では建設会社の現場監督が電気設備工事を含めた全体の指揮をとります。設計事務所は工事が設計図の通りに進んでいるかどうかをチェックします。現場監督の指揮は、主に工程に関することです。建築工事でコンクリートを打ち込む日時が決められている場合は、その日時に間に合うように電気の工事を行う必要があります。

現場では建設会社の現場監督、機械設備会社、電気設備会社の現場担当者の連携が大切です。現場での上下関係ではなく、お互いが目的に向かって協力し合う体制が求められます。電気設備の技術者は、専門的な知識や技術が必要なことはもちろん、現場全体の目的を把握し、その中での自分の役割を自覚するセンスも求められます。

電気設備工事では、電気設備の技術だけあれば、人間関係には無頓着でよい時代もありました。しかし、現代の電気の技術は他のあらゆる技術と関わっています。技術を操るのが人間である以上、他の多くの専門家との人間関係は不可欠です。電気設備の技術者は、人間関係を円滑にする能力も求められます。人間関係を円滑にするためには、お互いの信頼関係が大切です。信頼関係が築けると、相互の連絡がスムーズにはかどります。現場では連絡と確認が元とも大切なこととなります。

当たり前に使っている電気もしっかりとした電気工事がされているからこそ

戦後の高度経済成長期、電気工事の現場では、団塊の世代と言われる、昭和20年代前半生まれの技術者が主流を占めました。大卒は珍しく、高卒でたたき上げの技術者が、日本の高度経済成長を支えてきました。しかし、もはやその年代の技術者の大半は引退し、職場から去っています。現代は、新しい技術者が担う時代となっています。

電気設備工事に限らず、多くの技術的分野では技術は進歩しているはずです。にもかかわらず、世間を騒がす事故や事件は絶える事がありません。団塊の世代からの技術の伝承が、うまくいかなかったことも一因となっています。また、IT技術の驚異的な進歩に伴い、広範囲な技術において革新が起きているのも原因の一つです。これからの技術者は、広範囲の技術の知識を合わせ持つことが求められます。

現代社会の技術的分野の進歩は早く、もはや、一人の人間が全てを把握するのが難しくなっています。しかし、全ての分野を把握しなければ、事故等を防げないのも事実です。現代社会は新しい技術を誰もが習得できる時代でもあります。わからないことが日々新たになっても、インターネットの検索機能を利用すれば、何よりも早く情報を得ることができる社会となりました。現代社会の技術者は、あらゆる情報を集め、自分を日々進化させることが求められています。

社会で当たり前に使っている電気は、しっかりとした電気工事がされていることで安全を保っています。IT分野の急速な進歩の中で、従来の電気設備技術は軽視されがちですが、現代社会の基幹的な部分を担っていることに変化はありません。IT機器も、電気の供給が止まれば使い物にはなりません。電気工事は社会のインフラとして、間違いのない工事が求められます。

電気工事が基幹技術である以上、いつでも、どこでも、ユーザーが利用できるもので無ければなりません。IT業界は遠隔地から情報を受発信するだけで用は足りますが、電気工事はそれを必要とするユーザーの元に、すぐに駆けつけられる場所にいる必要があります。電気設備会社は地域密着型の会社として、地域のユーザーのお役に立つ必要があります。全国展開する会社が多い中にあっても、地域に根ざした会社の必要性も増しています。

空気のように当たり前に存在する電気も、大災害が起きると不通になることがあります。その時始めて一般の方に、電気の重要性がわかります。しかし、専門の技術者は大災害が起きなくても、インフラとしての電気工事の重要性を自覚しなければなりません。

店舗概要

店舗名都築電気
代表都築宏典
郵便番号444-0422
住所愛知県西尾市一色町味浜下郷65-1
電話番号0563-65-5551
定休日年中無休
営業時間8:00~20:00

アクセスマップ

このサービスをみんなにシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

ネコの視点ライターのしらすです!
かしこまった記事よりも同じお客さん目線で身近な記事を目指して書いてます(。・ω・。)
自分が本当に良いなと思った所しか紹介していないので、信頼度の高さにも自信がありますよーヾ(o´∀`o)ノ