岐阜 各務原の注文住宅・リフォームなら三恵住宅建設株式会社

みなさんの健康と命を守る家。

家族と住む大切な場所なので質が高く長く住める家を建てたいですよね。

そこで今回は200年住める家づくりを目指す岐阜の三恵住宅建設株式会社さんをご紹介します。

三恵住宅建設株式会社

社名三恵住宅建設株式会社
代表者横山 宏彰
郵便番号〒509-0123
本社所在地岐阜県各務原市鵜沼宝積寺町2-100
工場所在地岐阜県各務原市鵜沼宝積寺2-23
TEL/フリーダイアル058-384-1637 / 0120-840-310
FAX058-384-8474
事業内容注文住宅/リフォーム/メンテナンス各種
免許建設業登録番号(般-18)第101742号
加盟団体健康100年住宅協会 岐阜県理事
(財)住宅性能保証機構 (登-10016751)
(社)全国宅地建物取引業保証協会 (県知事(9)2083
(株)住宅あんしん保証 00129
ハウスプラス住宅保証株式会社 P-00035
(株)日本住宅保証検査機構(JIO) A4100281

三恵住宅建設株式会社の特徴

丈夫で強い本物の木造建築を実践した「100年住める家」

丈夫な木造建築を基本としており、100年・・・200年と長く住み続けられる家づくりを目指しているそうです。

一般的に一戸建ての寿命は30〜40年ですが最近はもっと長く住み続けられるように技術が工夫されています。

三恵住宅建設株式会社さんでは材質や工法にこだわりをもっており、丈夫で強い200年住める家をモットーに家づくりを行っています。

ローコスト住宅ではなくこだわりを取り入れた家づくり

一戸建てやリフォームというのは大きなお金がかかるもの。

なので費用は抑えたくなり自分がこだわりたい部分がでてきても、言えないという方も少なくありません。

三恵住宅建設株式会社さんでは家主のこだわりたい箇所を最大限まで引き出し、予算のなかでどうやって実現させるか一緒に考えてくれる業者さんです。

代表は「お客様のこだわりたい部分はなるべく反映させたい」とおっしゃっていました。

そのため、三恵住宅建設株式会社さんに以来されるお客様は住宅にこだわりを持った方が多いそうです。

デザインや機能性にもこだわっている

丈夫さだけではなく、家の外観や家事動線などの機能性にもこだわりを持っています。

お客様の悩みや理想に沿った家づくりを三恵住宅建設株式会社さんは実現してくれます。

家づくりの際改善したい箇所、欲しい機能等あれば相談してみましょう。

木造在来軸組工法を取り入れている

三恵住宅建設株式会社さんでは木造在来軸組工法を取り入れて家づくりを行っています。

木造軸組構法(もくぞうじくぐみこうほう)とは、建築構造の木構造の構法のひとつである。日本で古くから発達してきた伝統工法(でんとうこうほう)を簡略化・発展させた構法で、在来工法(ざいらいこうほう)とも呼ばれている。
木造枠組壁構法がフレーム状に組まれた木材に構造用合板を打ち付けた壁や床(面材)で支える構造であるのに対し、木造軸組構法では、主に柱や梁といった軸組(線材)で支える。設計自由度が比較的高めの工法である。

出典:wikipedia

木造在来軸組工法のメリット・デメリット

木造在来軸組工法は昔からどこでも採用されている工法で日本の伝統工法のひとつでもあります。

木造住宅のもうひとつの工法である2×4工法がありますが外観の差はありません。

しかし2×4よりも設計上の制限が少ないのが木造在来軸組工法の特徴です。

では、木造在来軸組工法のメリットデメリットはそれぞれどんなものがあるのでしょうか。

メリット

木造在来軸組工法ができる会社が多い

古くからある伝統工法なのでほとんどのハウスメーカーや工務店・建設会社が施工できます。

その分施工会社の分母が多いので、質の高い業者さんを選ぶことができます。

設計の自由度が高い

先ほどもご紹介した通り、木造在来軸組工法の最大のメリットは自由度が高いことです。

梁と柱で組み立てて行くので家を支える耐力壁を少なくすることができるので間取りやデザインが思い通りにいきやすいです。

和風住宅にも洋風住宅にも採用できる工法なので注文住宅をするならぴったりの工法といえるでしょう。

可変性の高さ

木造在来軸組工法で家を建てれば、のちにリフォームするときに間取りの変更がしやすくなります。

子供が大きくなって巣立っていき住む人数が減ってしまった場合間取り数を減らして部屋を広くすることが可能になります。

開口部を大きくすることができる

面と面を組み合わせてつくる2×4とは違い、木造在来軸組工法は自由度が高いので窓や入り口などの開口部を大きくすることができます。

風通しをよくしたり、光を多く取り入れたい家を目指す方にはおすすめです。

デメリット

工期が長い

2×4工法はマニュアル化されているので完成は早いですが、木造在来軸組工法の場合は梁と柱を組み立てていくので時間がかかります。

土地の広さや条件などによりますが工期の目安としては半年普通にかかります。

費用が高くなる場合がある

工期が長くなるのでその分人件費がかかりやすく費用が多くなる場合があります。

2×4工法よりも材料費が高いのでそのあたりは事前に聞いておいた方が良いでしょう。

技術に差がでやすい

マニュアル化されていないので大工さんの技術が問われるのが木造在来軸組工法。

この工法で家を建てるなら技術と評判の高い、信頼できる建設会社さんを選ぶようにしましょう。

太い材質を使う理由

建物は重量がかかるので下の方に太い材質を使用します。

しかし、太い材質をつかっていればいいというものではありません。

三恵住宅建設株式会社さんでは必要な材料を必要な太さに配分してバランスが整った構造にし丈夫な家を作っています。

●大黒柱
人の背骨にあたる地棟の部分には1トン以上の重量と強度のある松を使用しています。これを下から支える大黒柱には地棟に使われている松よりはるかに硬くて重いケヤキ(1尺以上)を使用しています。これにより、地棟と大黒柱は重量においても強度においてもバランスを保つことができます。

 

●通し柱
通し柱には7寸のヒノキを使用しています。ヒノキは品質の高い、東濃ヒノキを使用。年輪の間隔が細かく均一、そして色つやが良く光沢にとんでいる、そして香りが高いものが選ばれています。

 

●梁
梁の接合部は、両側から梁を差し込むために梁の上半分が削り取られます。この時、少しでも木材が残るように梁巾の広い木材、オレゴンから輸入した米松を使用しております。日本よりはるかに気候の厳しいなかで育った米松は、年輪が細かく、強度の高い木材です。

 

●土台
土台は一番下にくる材料です。昔から土台は栗といわれてきました。栗は線路の枕木に使われているほど雨ざらしでも腐ることなく、列車の通過にも耐え得るほど硬く強度もあります。三恵住宅では、5寸の栗を使用、栗には本来なら防蟻処理が不要ですが、さらに白蟻が嫌い人に無害な備長炭を液化したものを塗布しています。

 

●タルキ
タルキは瓦を直接支える材料です。建てて数年しかたっていないのに庇が垂れ下がっている家を見かけることがありますが、瓦を直接支えているタルキが瓦やそれを葺くための土重量に耐えられなくなったか、タルキ自身が曲がったために起こる状態です。木は芯の方向に反り曲がるという性質を持っています。当社では、通常よりも太いタルキを使用し、重量に十分耐えられるようにしたうえ、芯付材にして木自体の曲がりを抑えるようにしています。

 

耐震性をアップした耐力壁を採用

三恵住宅建設株式会社さんでは阪神・淡路大震災があってから耐震性を強化した耐力壁作りの開発を目指すようになったそうです。

研究や実験を繰り返しできたのが木造在来軸組工法と相性が良く強度の高い耐力壁です。

厳しい基準をクリアし納得できるものができあがりました。

伝統的な土壁にもこだわり

代表は、「日本は高温多湿で季節がある国なので土壁が一番良い」とおっしゃっていました。

土壁は字の通り土でできた壁で日本の伝統工法のひとつです。

室内環境を整えるには冷暖房だけに頼るのは実質難しいので家の壁の作りが重要です。

三恵住宅建設株式会社で採用している土壁は、カビや腐敗の原因となる壁内結露は絶対におきません。

吸湿性や遮音性、冷却効果も高く、防火作用があるので火災があっても燃えにくくなっています。

自然素材で作った土壁なので体に優しいのもうれしいポイント。

強度も高いので耐力壁としても有効です。

代表挨拶

皆さんは「家」というものは建ててから何年住めるものだとお考えでしょうか?
当社が考えるのは「百年住める」のはもはや当たり前と考え、お客様と職人と当社が協力し丈夫で強い家を目指した木造建築を実践しています。

三恵住宅建設は「二百年住める家」をモットーに、丈夫で強い“本物”の木造建築を実践しています。
素材には厳選した天然無垢材などを使用し、仕事が確かな職人たちが日本古来の「木造在来軸組み工法」で造るので、耐久性にとても優れた家が完成します。
意匠や間取りはご家族の生活スタイルに沿ったプランをご提案します。強くて、快適で、美しい。代々に住み継いでいきたくなる。そんな夢のような家造りを私たちが実現します。

長く住み続けられる家を建てるなら三恵住宅建設株式会社

三恵住宅建設株式会社さんは木造在来軸組工法を取り入れた200年住める家づくりをめざす建設会社さんです。

技術の差がつきやすい木造在来軸組工法ですが、腕が確かな職人が手がけるので安心してお任せできます。

お客様のこだわりを予算内で多くとりいれてくれるので満足度は高いです。

長く住める家を作りたい方、こだわりを最大限に反映させたい方、デザインや機能面も重視している方は三恵住宅建設株式会社さんに依頼してみてはいかがでしょうか?

このサービスをみんなにシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

ネコの視点専属ライターです。
お店やサービス新商品などを中心に紹介しており実際に話を聞いてみたり、体験してみたりすることによって、ネット上のどのクチコミよりも正確で正直な内容を執筆しています。
インターネットでサービスや商品を購入したりする方が真に求めるサービスや商品に出会って欲しいと考えています。