ベランダ防水、FRP防水など、三重の防水工事『PITA WORKS』さんがおすすめ!


 

建物は私たちが快適に過ごすのに欠かせないものです。

雨風や紫外線、厳しい気温などから隔離された当たり前の空間ですよね。

そんな当たり前も、建物が劣化することで脅かされる可能性があります。

建物は常に外的要因により、ダメージを受けており放っておくと建物の劣化が激しくなり様々なトラブルが発生してしまうでしょう。

特に雨漏りは豊かな暮らしとはかけ離れてますよね。

建物に侵入した雨水は、生活空間だけでなく建物自体に劣化や錆などの悪影響が出てくるのです。

そんな私たちの暮らしを支えてくる建物を、しっかりと守るのが防水なのです。

建物にしっかりとした防水を施すことで、建物の長期保存が可能となります。

逆にしっかりとした防水が出来ていないと、建物どんどん劣化していってしまいトラブルの元になってしまうのです。

そんな建物の防水でおすすめの業者さんを三重県で見つけてきました。

その名も『PITA WORKS』さんです。

豊富な知識と確かな実績で、防水のことならPITA WORKSさんに任せれば間違いない!と思います。

そこで、今回は三重県のPITA WORKSについてご紹介していきます。

建物の防水をお考えの方は、ぜひご一読ください。

会社情報

店舗名 PITA WORKS
所在地 三重県多気郡多気町西池上1275
電話番号 0598-38-4022
090-8731-8374
定休日 年中無休
営業時間 9:00~18:00
駐車場

マップ

Web

三重県の防水業者PITA WORKSさんとは

今回ご紹介している防水業者PITA WORKSさんは、三重県を中心に建物の防水を行っている業者さんです。

創業6年にもかかわらず既に1000件近くの防水工事を行っている確かな実績があるのです。

PITA WORKSの社長さん曰く、知識だけではなく現場の経験をしっかりと積んでいるので、そこに暮らす人たちやライフスタイル、建物の環境などに合わせた最適な工事やご提案が出来るそうです。

柔軟な対応と迅速に駆けつける軽いフットワークもあるので、いつでも連絡してほしいとのことでした。

FRP防水技能士、ウレタン防水技能士という国家資格も保有しているので、安心して任せることも出来ます。

知識だけに頼らず、その場その場で臨機応変に最適な施工をしてくる防水業者さんなので、建物の防水を考えている方はぜひお問い合わせしてみてください。

しっかりとした防水でコストダウン

建物の防水は10年に1度のメンテナンスが必要です。

メンテナンスを入れることで、半永久的に雨漏りの心配はないと言えるでしょう。

逆に雨漏りが起こってしまってからでは、余計にコストが掛かってしまいます。

定期的にメンテナンスをしているのと、雨漏りが起こってしまってから対応するとでは、コストがかなり違ってきます。

建物自体の劣化も激しくなっていると考えられるので、防水をしないという選択肢はないと考えています。

むしろ防水はメリットしかないと考えているので、建物に防水をしていない方は早急に防水をすることをおすすめします。

また、間違った防水をしている方も要注意です。

塗装屋さんに多く見られるのが、ペンキで塗装してから防水をするという方法です。

しかし、そうするとだいたい2~3年で剥がれてきてしまうそうで、メンテナンスも頻繁にしないといけません。

さらに防水メンテナンスをする際にペンキも剥がす必要があるので、余計なコストも発生していまいます。

防水は防水屋さん、塗装は塗装屋さんと、それぞれ別けて頼むのが良いでしょう。

それぞれの分野に特化したエキスパートに任せることで、しっかりと建物を守ることができコストも抑えることに繋がると思います。

ノンクレーム

三重県のPITA WORKSさんは、これまで1000件近くの防水工事をしてきたにもかかわらず、クレームが一切ないそうです。

それは、PITA WORKSさんが行う防水工事のクオリティーの高さを証明しているのではないでしょうか。

クレームは会社を運営するうえで必ずと言っていいほど発生するものだと思っていたので、PITA WORKSさんという会社が如何に凄いかが分かります。

防水を頼むなら三重県のPITA WORKSさんに任せれば、まず間違いないと言えますね。

しかし、クレームがないという誇りの反面、お客さんの声が聞けないという寂しさもあるそうです。

それもPITA WORKSさんの向上心の現れだと感じ、ますますPITA WORKSさんへの高感度が高まりました。

私も自宅の防水を頼む時、PITA WORKSさんに相談してみようと思います。

施工後のチェックポイント

三重県のPITA WORKSさんは、これまでクレームが一切ないとご紹介しましたが、一般的な防水業者さんにはどんな問題が発生するのかをご紹介します。

まず、施工後にチェックしてもらいたいのが、塗装箇所の気泡です。

次にチェックするのが、気温差による膨れです。

この気泡と膨れは塗装が捲れてしまうなどのトラブルに繋がります。

どちらとも塗装業者さんの責任なので、発見したらすぐに施工した塗装業者さんに連絡してみてください。

どちらの症状もすぐに直すことが可能なので、しっかりと直してくれると思います。

防水の種類

防水と一言に言っても様々な種類があります。

費用や環境、暮らす人のことまで考えた防水を三重県のPITA WORKSさんは行ってくれます。

そこで実際にPITA WORKSさんが行っている、FRP防水とウレタン防水のメリット・デメリットなどの特徴をご紹介していきます。

建物のを守る防水の特徴を知ることで、防水の相談がしやすくなると思います。

FRP防水のメリット

FRP防水は、近年大注目の防水材です。

FRP防水のFRPとはガラス繊維強化プラスチックの略で耐久力に非常に優れているのです。

また、プラスチック系の樹脂脂と組み合わせることで最短1日あれば完了するので、施工期間も非常に短期というメリットもあるのです。

防水材としても非常に軽いので建物自体の負担も少なくすみます。

屋根の防水の際にも自由な形で施工できるので、継ぎ目なく仕上げることが出来るのです。

FRP防水のデメリット

FRP防水のデメリットしては、伸縮性の問題から地震などの激しい揺れに弱いところがあります。

激しい揺れがあるとヒビわれしてしまう可能性があるのです。

また、他の防水と比べると若干コストも高くなってしまいます。

多少のコストよりも、品質を求める方向けの防水だと言えるでしょう。

ウレタン防水のメリット

ウレタン防水は、多くの場所で使われている防水です。

液状にしたウレタンで表面に膜を張ることで、防水するという施工方法です。

液状なので複雑な場所でも施工でき、継ぎ目のないしっかりとした塗装が出来るのです。

また、コストも低く短期で行えるというメリットもあります。

さらに、古い層の上に新たに層を重ねることができ、古い層の撤去が必要ないうえに重ねることで弾性もアップしていきます。

多くのメリットがあるので、近年様々な場所で活躍している防水なのです。

ウレタン防水のデメリット

ウレタン防水は経年劣化と亀裂に弱いというデメリットがあります。

しかし、古い層の上から新たに層を重ねることが出来るので、デメリットとはなりえないかもしれません。

その他には特にデメリットと言えるデメリットがないので、ウレタン防水は安定した防水と言えるでしょう。

ベランダ防水

ベランダは生活スペースの中では、一番雨風や紫外線などに晒される場所だと言えます。

なので生活スペースの中で、最も劣化が激しい場所だと言えるでしょう。

そこでそんなベランダには、ベランダ防水をおすすめします。

ベランダ防水をしているのと、していないのでは劣化具合もかなり違ってきます。

劣化してしまう前に、ぜひベランダ防水をしてみてください。

バルコニー防水

ベランダと同様に、バルコニーにも防水は必須だと言えます。

特にベランダと違いバルコニーには屋根ががないので、外的要因によるダメージはさらに大きいと言えるでしょう。

キレイな状態のバルコニーを保ち、リラックス出来る場所にしたいですよね。

ベランダ・バルコニーにはFRP防水がおすすめ!

ベランダやバルコニーにはFRP防水がおすすめです。

FRP防水はコストが高い分、耐久力に非常に優れた防水なのです。

また、狭いスペースでの防水塗装なので費用もそこまで掛からないと考えられます。

気になる方は、まず塗装業者さんに相談してみると良いでしょう。

紫外線と建物

紫外線は私たち人間のみならず建物にも悪影響を与えます。

私たちは紫外線から逃れる術を多くもっていますが、建物は四六時中紫外線の影響を受けています。

なので、紫外線が建物に与えるデメリットは多いのは当然だと考えられますね。

紫外線が建物に与える影響として、樹脂層の劣化あります。

樹脂が劣化することで、建物を守るバリアが弱まることに繋がります。

その結果建物自体の寿命をも短くしてしまうのです。

紫外線の種類

紫外線というのはultra violettと言われており、その略称が普段聞くUVという言葉なのです。

紫外線はオゾン層の破壊とともに近年その強さを増してきているそうです。

紫外線にはA波B波C波があり、人体に最も有害と言われているC波はこれまでオゾン層によりブロックされてきました。

しかし、オゾン層が破壊され薄くなることで、その侵入を許してしまっているのです。

また、B波も人体に有害で皮膚が赤くなったり水ぶくれが出来るのがB波の影響だと言われてます。

B波はガラスを通過することが出来ないという特性があるので、ガラスのような透明な塗装で外壁などを守ることが出来るそうです。

そして一番厄介なのがA波です。

A波はガラスだろうが関係なく侵入してきてしまいます。

なので室内にいてもA波の赤外線を浴びるという事が多くあるのです。

さらに、A波はシミやたるみなどの原因にもなり美容の大敵だと言えます。

紫外線は目に見えないので非常に厄介ですよね。

曇りの日だから紫外線が弱いだろうと思っても、紫外線の80%以上は晴れの日と変わらず侵入しているのです。

昔と比べて紫外線の侵入をより許してしまっている地球環境だからこそ、紫外線対策は常日頃から必要だと言えますね。

人体への影響

紫外線による人体へ悪影響は、多くあります。

まず、あまり知られていないのが免疫力の低下です。

紫外線を多く浴びることにより、免疫システムが低下しウィルスや細菌などの侵入を許してしまうそうです。

また、美容面でも悪影響があります。

シミ・ソバカス・シワ・たるみなど、特に女性にとっても気になる問題です。

肌年齢の老化は、その80%が紫外線の影響だとも言われています。

細胞に傷をつける紫外線は、皮膚ガンの原因ともされています。

傷つけられた細胞は修復されますが、修復を繰り返せば繰り返すほどエラーの確率も自然と上がります。

その細胞のエラーがガン遺伝子なのです。

また、目に紫外線が入ることで角膜も傷つけることに繋がります。

人間は年齢を重ねていく中で少しずつ水晶体が白く濁っていくのですが、紫外線によりタンパク質が変化することで白内障のリスクが高くなってしまうのです。

しかし、悪いことばかりではありません。

紫外線はビタミンDを体内で合成することが出来ます。

なので不足しがちなビタミンDの補給をしてくれるというメリットがあるのです。

防水工事なら三重県のPITA WORKSさんへ、ベランダ防水・バルコニー防水も!

建物の防水の重要性を今回はご説明してきました。

そんな防水工事を頼むなら三重のPITA WORKSさんに、ぜひお問い合わせしてみてください。

これまでの約1,000件の確かな実績と豊富な知識で、どんなご依頼にも応えてくれると思います。

また、軽いフットワークで駆けつけてくれるので、ご依頼しやすいでしょう。

国家資格もしっかり取得しているので、その点でも安心して任せられますね。

防水の相談やお見積もりなど三重県のPITA WORKSさんに、ぜひお気軽にお問い合わせしてみてください。

Web

このサービスをみんなにシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

商品の感想やサービスの体験談をまとめています。
ライター目線ではなく出来る限りユーザー目線でのレビューを心掛けています。
記事の内容と実際のサービスに違いがないように素直な気持ちを含めてレビューを執筆しています。素敵なサービスや商品を見つける事ができるように、信頼される記事を提供していきます。