福岡県久留米市の自転車の販売・修理 各種メンテナンスをおこなっている宮原サイクル商会

通勤通学、スポーツで自転車に乗る方は多いと思います。

毎日乗る方にとっては大切な存在です。しかし、自転車もときにはパンクしたりして故障することもあります。

そんなとき駆け込む自転車屋さんは決まっていますでしょうか?

今日は創業60年の自転車修理・販売店である宮原サイクル商会さんをご紹介します。

宮原サイクル商会

店舗名 宮原サイクル商会
代表 宮原 吉将
郵便番号 830-0047
住所 福岡県久留米市津福本町1642-1 山本ビル1F
TEL&お問い合わせ 0942-39-5852
※作業中など電話に出られない場合は折り返しお電話させていただきます。
FAX 0942-39-5852
営業時間 9時〜19時

アクセスマップ

WEBサイト

親子三代、創業60年愛され続ける自転車屋さん

今回ご紹介する宮原サイクル紹介さんは親子三代で60年築きあげてきた自転車修理・販売店の老舗です。

少し前に現在の住所に移転しましたが、先代から変わらないサービスを提供しており今でも人気が高い自転車屋さんといわれています。
自転車の修理はもちろんですが、販売も行っています。

ママチャリ・クロスバイク・ロードバイクなど多数取り扱っており、希望の自転車を取り寄せることもできるそうです。

リーズナブルな価格設定できめ細やかなサービス

宮原サイクル商会さんは大手転車量販店に比べてリーズナブルな価格設定です。

個人店だからこそ可能な価格設定なので定期的にメンテナンスされる方にはおすすめです。

このリーズナブルの価格も久留米市民に愛される理由の一つになります。

具体的な料金は以下になります。

パンク・自転車修理価格表

パンク修理 1,000円
※パッチ1枚増える毎に200円加算
タイヤ・チューブ交換(前) 3,000円
タイヤ・チューブ交換(後) 4,000円
チューブ交換(前) 2,000円
チューブ交換(後) 3,000円
ブレーキワイヤ交換(前) 1,000円
ブレーキワイヤ交換(後) 1,500円
ギアワイヤ交換 1,500円
チェーン交換 2,500円
チェーン交換(オールカバーの場合) 3,000円

全て税込価格です。

時間指定が可能です!

お店の混雑状況やお客様によっては自転車の修理を待てない方もいると思います。

宮原サイクル商会さんではお客様の都合に合わせての修理が可能です。

時間指定をしたり「明日までに直しておいて下さい。」と日にち指定をされる常連さんが多いそうです。

パンク修理であれば10分で完了するので即修理も可能です。

指定がある方は気軽にお願いしてみましょう。

急なトラブルでも安心!出張修理もやってます

パンクすると自転車に乗れなくなるので修理に持っていくのが大変ですよね。

宮原サイクル商会さんでは軽トラでの引き上げ修理も行っています。要は出張修理です。

片道10分以内なら出張費無料。

場所によって出張費が500円〜発生します。

遠くてなかなか修理に行けない方、急なトラブルの場合などに利用すると良いでしょう。

自転車のメンテナンスもやっています

宮原サイクル商会さんの魅力はまだまだあります。

通常のお店だとパンク修理をしたら完了ですが、宮原サイクル商会さんではパンク修理ついでに基本的な自転車メンテナンスも行ってくれます。

これは持ち主が長く自転車を愛用できるようにという代表の心遣いから行っているサービスだそうです。

今時珍しいサービス精神旺盛な自転車修理店です。

もちろんメンテナンスだけというのも可能です。

自転車メンテナンス料金

スタンド交換(幼児用) 1,500円
スタンド交換(一般用) 2,500円
ギア調整 1,000円
カゴ交換(前) 1,800円
カゴ交換(後) 2,500円
スポーク張替(前) 2,500円
リム調整が必要な場合は+500円
スポーク張替(後) 3,500円
リム調整が必要な場合は+500円
チェーン調整 1,000円

全て税込価格です。

自転車の新車販売について

新しい自転車の購入を検討しているなら宮原サイクル商会さんに相談してみると良いでしょう。

宮原サイクル商会さんでは販売も行っており、今流行りのロードバイクからシティサイクル、電動アシスト自転車まで、お客様の要望に合わせて最適な自転車を提案してくれます。

店舗に在庫がなくても取り寄せることができるので、諦めずに気軽に相談してみましょう。

自転車の種類

自転車には種類が様々あります。

閲覧者さんが自分にあった自転車を見つけていただくためにも自転車の種類についてまとめてみました。

シティサイクル

街で一番見かける自転車といってもいいでしょう。おそらくシティサイクルではなく「ママチャリ」と認識している方が多いでしょう。

若い人から高齢者まで利用している自転車になります。

荷台やカゴがついているので荷物をのせて走りたい方はおすすめです。

また、高級車と比べて盗まれにくいのでどこでも駐輪しやすいです。

大抵のシティサイクルはライトが始めからついているので夜間走行も可能になります。

ロードバイク

漫画『弱虫ペダル』で人気上昇中のロードバイク。

スピードが出るスポーツバイクの一種です。

前傾姿勢でペダルを漕ぐので運動効率が良いといわれています。

安いものなら7万円ぐらい高いものなら100万円以上します。

シティサイクルとは違いドロップハンドルというツノのようなハンドルやタイヤが細いのが特徴です。

カスタマイズしやすい自転車なので定期的なメンテナンスは必要です。

タイヤが簡単に外せるので家の中にしまうことも可能。

ただ、高級車が多いので普通に駐輪しておくと盗まれやすいです。

ロードバイクを使って運動したい方にはおすすめです。

マウンテンバイク

山道や補正されていない道を走る自転車になります。

ロードやクロスに比べるとそんなに速さはでませんが山道ならマウンテンバイクの方が早くなります。

タイヤが太く頑丈なのが特徴。パンクしにくいので通勤通学に向いています。

クロスバイク

クロスバイクはシティサイクルとロードバイクの間をとったような自転車になります。

速さはシティサイクルよりは早くロードよりは遅い。重さはシティサイクルよりは軽くロードよりは重いです。

ロードバイクよりも安価で購入できるのでシティサイクルでは物足りない方、スポーツ自転車をかじりたい方には向いています。

折りたたみ自転車

その名の通り折りたためる自転車です。

コンパクトなので家にしまうのはもちろんのこと、電車や車、宿泊先に持ち込むことが可能です。

デザインが可愛いものが多く小回りが利くので女性に人気です。

しかし、コンパクトなぶんスピードが出にくく段差の影響を受けやすいです。

電動アシスト自転車

電動アシストはモーターがついているので坂道でもラクラクスイスイと漕ぐことができます。

そのため、自転車を毎日つかって買い物や子供のお迎えに行く主婦に人気があります。

デメリットとしては車体が重く、バッテリーを搭載しているので充電が必要になる、車体価格が10万円近くするところです。

ピストバイク

ピストバイクは一般のトラックレースに使われる競技用自転車のことをいいます。

ロードバイクと似ていますが違います。

変速機がないバイクで、普通の自転車はペダルを逆回しにしてもバックしませんが、ピストバイクはバックできます。

そして最大の特徴はブレーキはありません。

止まるときはペダルで調節する必要があります。

シンプルでおしゃれな自転車なので人気がありますがブレーキがついていないので公道を走ると道路交通法違反になります。

自転車保険の取り扱いについて

最近ではロードレース漫画『弱虫ペダル』のヒットや人々の健康意識の向上で自転車に乗る人が増えてきています。

それと同時に自転車事故も増えてきているのも事実です。

自転車は免許がなくても乗れますが、自動車やバイクと同じ車両扱いで道路交通法では軽車両にあたります。

そのためもちろん交通ルールを無視すれば罰せられます。

1.信号無視
2.通行禁止違反
3.歩行者専用道での徐行違反など
4.通行区分違反
5.路側帯の歩行者妨害
6.遮断機が下りた踏切への立ち入り
7.交差点での優先道路通行車の妨害など
8.交差点での右折車優先妨害など
9.環状交差点での安全進行義務違反など
10.一時停止違反
11.歩道での歩行者妨害
12.ブレーキのない自転車運転
13.酒酔い運転
14.携帯電話を使用しながら運転し事故を起こしたケースなどの安全運転義務違反

上記が取り締まり項目になります。

2015年6月から道路交通法が改正されたので、口頭注意だったのが厳罰化されるようになりました。

改正されたのはまだ最近のことなので違反じゃないと軽視する方が多いです。

認識していないと交差点に立っている警察に止められ、切符を切られるかもしれないので改めて交通ルールは必ず守りましょう。

しかしいくら注意していても事故が起こる可能性はあります。

これまでの事故で小学生が高齢者の女性と自転車同士でぶつかり、高齢者が頭蓋骨折し意識が戻らなくなり約1億円近い賠償金を支払うケースもありました。

正直、怪我させることも怪我を負うことも賠償金を支払うことも考えるだけでも恐ろしいことです。

また、未成年が起こした事故は親権者が責任を負わなければいけないので自分が乗らないから関係ないという訳ではありません。

そんなとき入っておくといいのが自転車保険です。

自転車保険に加入すれば万が一事故が起こっても賠償責任が保証されます。

福岡県では、平成29年4月1日より「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例(自転車安全利用条例)」が施行され、県内で自転車を利用される人は「自転車賠償保険」へ加入するように推奨されています。

宮原サイクル商会さんでは各種自転車保険を取り扱っているので、加入相談も受け付けているそうです。

自転車に乗る方は万が一のことが起きる前に加入しておくことをおすすめします。

福岡県久留米市で自転車のことなら宮原サイクル商会さんに相談してみては!?

ということで今回は久留米市の宮原サイクル商会さんを紹介させていただきました。

サービスに価格に、オーナーの人柄と魅力いっぱいの自転車屋さんなので、久留米市周辺で自転車のことならぜひ宮原サイクル商会さんに相談してみては!?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

このサービスをみんなにシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

ネコの視点専属ライターです。
お店やサービス新商品などを中心に紹介しており実際に話を聞いてみたり、体験してみたりすることによって、ネット上のどのクチコミよりも正確で正直な内容を執筆しています。
インターネットでサービスや商品を購入したりする方が真に求めるサービスや商品に出会って欲しいと考えています。