ピクニックや花見の時に大活躍。使い捨てのランチボックスを紹介。

こんばんは、Dr.ガリンコです。

明日からもう4月ですね。
気候も暖かくなり始め、花見など外に出かけるのが楽しくなってくる時期です。
花見やピクニックなどの予定を立て始める方もいるんではないでしょうか?

花見やピクニックといえば、弁当も楽しみの一つです。
気持ちのいい青空の下、美味しい弁当を食べるのはやはり最高です。

でも、美味しい弁当を楽しんだ後の片付けって大変なんですよね。
ゴミを片付けたり、ひろげた弁当箱をしまったり。

今回紹介するのは、そんな時に大活躍してくれるランチボックスです。
使い捨ての弁当箱ってやつですね。
食べた後は捨てるだけなのでお手軽です。

子供が喜びそうなランチボックス。もちろん使い捨て。

まずはアニマルイラストがプリントされたランチボックスです。
子供が喜びそうなデザインのランチボックスなので、子供がいる方におすすめです。
紙で作られた弁当箱なので、食べ終えたら潰して捨てるだけ。
持ち運びも軽く、帰りは身軽にしてくれるのが紙製の使い捨てランチボックスのいいところです。
普通の弁当箱と違い、落としたり踏んだりしても割れたりすることもありません。
なので外で子供と利用するのに最適な使い捨てランチボックスです。

竹皮の包みが意外とおしゃれ。少し変わった使い捨てのランチボックス。

続いては、竹皮を使った使い捨てのランチボックスです。
竹皮におにぎりを包むなんてドラマみたいですよね。
ボックスと呼んでいいものかは置いといて、竹皮って実は弁当箱としては優れてたりします。
ドラマなんかで見かけるおにぎりを包んだ竹皮ですが、竹皮で包むのにはちゃんとした理由があるんです。
竹の皮には抗菌作用があり、通気性がいいので、中に包んだ食材が腐ったりしにくいそうです。
これから暖かくなっていき、食中毒なども増えてきます。
そんな時に抗菌作用のある竹皮をお弁当箱にしようすることで、食中毒などの予防になるわけです。
もちろん食べ終わったら、他のゴミと捨てるだけ。
お手軽に使えて、雰囲気もあるので使い捨てのランチボックスとして意外にオススメです。

二段重ねで高級感あるけど、これも使い捨てのランチボックス。

最後は二段重ねの使い捨てランチボックスです。
二段重ねで朱染のデザインも高級感があるので、少しかしこまった花見の席などで役立ちそうです。
会社の人たちと花見とか、祭事の時とかですかね。
使い捨てとは思えない、捨てるのがためらいそうな弁当箱です。
底上げの足もついているらしいので、ボリューム感も演出してくれます。
このランチボックスに詰めた料理を囲んで、花見などをしたらかなり良い雰囲気になりそうです。

いかがでしたか?

今回は使い捨てのランチボックスを紹介してみました。
これからの時期に花見やピクニックをお考えであれば、あると重宝するアイテムです。
百均などでも可愛い使い捨ての弁当箱などがたくさん売っているので、ぜひ検討されてはいかがですか?

最後まで読んで頂きありがとうございます。

このサービスをみんなにシェア!