福岡県福津市にある沖縄ヘナカラーの卸、代理店、天然沖縄ヘナカラー研究所

ヘナと聞いてピンとこない方は、わりと居ると思います。

実際私も今回記事を書くちょっと前までは、ヘナってなに?って感じで全然知りませんでした。

ヘナとはいわゆる髪染剤として使用されているモノなのです。

一般的な髪染剤は化学成分のみで構成されているモノが多いので、頭髪に対してかなりのダメージ与えることが多いらしいです。

実際に一般的な髪染剤を使うと、傷みや痒みがあって髪がギシギシしますよね。

ヘナは天然成分100%使用なので、とても髪に優しいらしいのです。

特に沖縄ヘナは純国内産なので信頼性と安全性が高く、一般的に使用されているインドヘナとは全然品質の良さが違うとのことでした。

そんな沖縄ヘナの魅力を全国の人に知ってもらいたいと、現在全国で代理店が急増していると友人から聞いて面白そうだったので色々と調べてみました。

最初は怪しい感じなのかな?とも思いましたが、全く逆で沖縄ヘナの良さを熟知した美容師さん達が行っているとのことでした。

どうせ全国に広めるならと、努力した人には努力に見合った利益が手に入るというシステムがありました。

良質なモノをみんなに知ってもらいたいという、沖縄ヘナへの熱い思いが感じられたのです。

そこで今回はそんな沖縄ヘナを使ったヘアカラーをしていて、総代理店もやっていらっしゃる『天然沖縄ヘナカラー研究所』さんでお話を伺ってきましたのでご紹介したいと思います。

Web

ヘナとは

ヘナとは古来から天然のトリートメントとして愛されてきた植物由来のモノらしいです。

インド人がおでこに付けている赤い点みたいなのがありますよね、あれもヘナなのです。

世界的にも有名な世界三大美女の1人であるクレオパトラも、ヘナを使用していたという事が分かりました。

現在ではヘナはトリートメントとしてではなく、髪染剤として世界的に使用されているそうです。

普通の髪染剤は化学成分だらけで体にも髪にも凄くダメージがくるので、髪を染めたあとに他のモノを使ってケアしていますよね。

さらに、人によっては使用できなかったり、体調なんかにも左右されて将来薄毛になってしまう可能性まで秘めています。

しかしヘナは100%天然素材であり、尚且つ頭髪にもすごく良い効果があるので一度ヘナを使ってしまうとハマってしまう方も多いとのことです。

今回の記事を書いている時に、偶然親戚がヘナを使っていると知り感想を聞くことが出来ました。

ヘナのことをすごく気に入っているみたいで、髪を染める他の人にも知ってもらいたいと言っており、なんで今までこんなに知名度が無かったのかと言っていました。

しかし親戚が使用していたのはインドヘナだったらしく、デメリットもあったそうです。

なので今回私が調べている沖縄ヘナを勧めてみました、沖縄ヘナの特徴を説明すると次回から早速沖縄ヘナにしたいと言ってくれて、すぐに取扱のある美容院を探すとのことでした。

みなさんも髪を染める際には、ぜひ沖縄ヘナカラーを使用してみて下さい。

きっと今までの髪染め剤に対する考え方が変わると思います。

ヘナは薬だった

古来の人々の間でヘナは薬としても使用されてきました。

美容の面だけでなく、止血・火傷・皮膚病予防など多くの怪我や病気に対抗するモノとして重宝されていたのです。

古代の知恵が現代にまで続いているということは本当に良いものだという事だという何よりの証拠ですよね。

ヘナはミネラル豊富なので、髪に使用するとトリートメントのように毛髪表面のケアしてくれるそうです。

潤いというのは病原菌や外からのダメージに対しても効果を発揮するので、天然のバリアというイメージみたいなものです。

ヘナの種類

ヘナには100%天然素材といわれているインドヘナと沖縄ヘナがあるのですが、ヘナを選ぶときには注意が必要です。

実はヘナの中には化学薬品を混ぜ込んである悪質なインドヘナが、一部で出回っているという話を聞きました。

なのでヘナを使用する前に一度成分表を見てみると良いかもしれません。

性能の良さと安全性を考えるなら、断然沖縄ヘナがオススメです。

それぞれのヘアカラーの特徴

一般的なヘアカラー・インドヘナカラー・沖縄ヘナカラーの特徴をご紹介したいと思います。

まず一般的なヘアカラーのメリットをご紹介します。

一般的なヘアカラーは短時間で染めることが出来る点ではメリットがあると思います。

実際にかかる時間も15~20分程度といわれています。

次にデメリットをご紹介します。

ヘアカラーの時間が短い反面、分頭髪や頭皮などにかなりの負担が掛かっています。

人によっては体質に合わず使用できない人もいるほどなので、その点は考える必要がありますね。

次にインドヘナカラーのメリットデメリットをご紹介します。

インドヘナは100%天然素材なのであり、頭皮や頭髪にも良いとされています。

昔は火傷や止血なんかにも使用されていたそうです。

なので一般的なヘアカラーと違い頭が痒くなったり痛くなったりなどという心配はありません。

しかし、染める時間が長く4~5時間ほど掛かってしまいます。

それと嫌な臭いが5日間ほど残ってしまうそうです。

海外製品なので粗悪品などを引いてしまう可能性があるのもデメリットですね。

最後に沖縄ヘナカラーのメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

こちらはインドヘナと同様に頭皮や頭髪に良い効果があり、染める際にも傷みや痒みがないのが特徴です。

色落ちの心配もほとんどする必要が無く、さらに染めたあとの臭いもほとんど無いそうです。

染め時間も1~2時間とインドヘナの半分以下の時間で染めることが可能です。

国内産なので粗悪品の心配も無く、安心して使用することができます。

あえてデメリットを上げるとしたら、インドヘナにも言えることですが稀にアレルギー反応が出てしまう方がいるそうです。

なので、使用する前には念のためにパッチテストをしてからの方が良いと思います。

今回のメリットデメリットをご紹介してみた結果、一般的なヘアカラーをやるならヘナカラーを使用したほうが体には優しいんだなと感じました。

さらにヘナカラーでもインドヘナカラーよりも、安全性・品質・性能を考えるなら沖縄ヘナカラーが最も良いと私は思いました。

代理店のメリット

 

沖縄ヘナの代理店は現在全国に広まりつつあるのですが、代理店にはどんなメリットがあるのかご紹介します。

代理店になることで購入してもらった商品のキャッシュバックを受けることが出来ます。

会員制の制度で、会員のランクによってそのキャッシュバックの比率も変わってくるそうです。

そして沖縄ヘナを他の人にも広め、自ら代理店を増やすことでさらにキャッシュバック増えていく仕組みになっています。

なので多く広めれば広めるほど、自分自身への利益も上がっていき月の収入も増えていくのです。

良いモノを広めることで利益もあげられるので、Win-Winな制度だと感じました。

在庫を抱えない方法

沖縄ヘナの代理店としても、在庫を抱えるということはリスクもあります。

なので在庫を抱えず、お客さんにもお得に使ってもらえるコースがあるそうなのです。

そのコースというのが定額コースというモノで、3ヶ月に1度商品が届く仕組みらしいです。

このコースはシャンプートリートメントコースとトライコースの2種類があるらしく、2つ同時に定額コースを注文すると最大で年間14,000円以上もお得だそうです。

代理店のオーナーさんも、お客さんもどちらにもメリットがあるコースなので人気があるみたいです。

さらにスマイル会員という制度があるらしく、スマイル会員になるとキャッシュバックもあるそうなので、ぜひ利用していきたいですよね。

出張教室

 

沖縄ヘナの使い方を知りたい方のために、お店の方が出張して教えてくれるらしいです。

実際に指導風景が少しだけ紹介されていました。

優しく丁寧な指導を感じたので、気構えること無く気軽に頼むことが出来ますね。

普通に世間話もしており、フレンドリーに接してくれるというイメージがあるので何でも聞きやすいですね。

楽しく優しく教えてくれると、これからも頑張ろうと思えますよね。

家庭などにも条件が合えば出張してくれるらしいので、お子さんのいるママさんでも安心して気軽に、出張教室を頼むことが出来るみたいですよ。

用意するモノは特に無いように思えますが、心配な方は出張教室を依頼する際に確認してみると良いと思います。

これから沖縄ヘナの代理店を考えている方などにとって、直接教えてもらえる機会というのは貴重ではないでしょうか。

興味のある方は、まずはお気軽にお問い合わせしてみてください。

参考になる動画はホームページからも見ることが出来ます。

講習会

沖縄ヘナを扱う代理店は講習会を行うらしいです。

そこでまだ沖縄ヘナの良さを知らない人達のために、実技を交えた講習会を開くのだそうです。

やはり話を聞くだけではピンとこない方もいると思うので、こういう講習会があるというのは嬉しいですね。

講習会は頻繁に開くことが出来るそうなので、それぞれのペース合わせて開く感じだと思います。

講習会を開いた方と講習会に参加した方には、特典があるみたいなのでお得感も感じられますね。

美容院のオーナーさんなんかも、興味の引かれる内容となっているとのことです。

髪の傷み

髪の毛が傷んでくるとは具体的にどんな状況なのか、私自身なんとなく漠然としか知らなかったので、この機会に調べてみることにしました。

髪の毛の傷みとは、髪の毛1本1本の表面にあるキューティクルが傷ついたり剥がれたりしている状態なのだそうです。

キューティクルが傷んだり剥がれたりすると、髪の毛の主成分であるタンパク質が流れ出てしまいます。

そうなると髪の毛がスカスカになったり、薄くなってしまうらしいです。

沖縄ヘナカラーは髪の毛を染めるだけでなく、トリートメント効果があるというのは先程ご説明しましたが、トリートメントとは一体どういうものなのかとご説明します。

トリートメントの効果により、髪の毛の表面にあるキューティクルに潤いのある薄い膜を張ることができるのです。

なので傷や剥がれが起きにくくなり1本1本を守ってくれるのです。

さらに夏場に多い髪の毛の敵である紫外線からも守ってくれるので、1年中髪を守ることが出来ますね。

一般的なヘアカラーで染めると、頭皮や髪の毛に大きなダメージを与えるだけですが、沖縄ヘナカラーだとしっかりバリアを張ってくれるので沖縄ヘナカラーの方が断然メリットがありますよね。

髪の毛の傷み度チャック

実際に自分の髪の毛が傷んでいるのかどうか知りたくないですか?

傷んでいるか知りたい方のために簡単なチャックのやり方をご紹介したいと思いますので試してみて下さい。

1.髪の毛が傷んできてキューティクルに問題があると、まず髪の毛に艶が無くなってしまいます。

さらに湿度が高いと膨らんで余計なボリュームが出やすくなります。

普段髪の毛がパサパサしたり枝毛などがある人は要注意ですよ。

2,髪の毛を1本取って引っ張ってみて下さい。

すると健康な髪の毛は頑丈ですが、傷んでいるとゴムのように伸びてしまうのです。

あと採取した髪の毛を水で濡らし指に巻きつけると、傷んだ髪の毛は指に絡まった状態が続きます。

健康な髪の毛であった水を弾きすぐに元の状態へ戻るらしいのです。

3.髪の毛をドライヤーなどで乾かす時に、やたら時間が掛かるって人は髪の毛の傷みが原因かもしれません。

シャンプーで泡立ちにくかったりするのも同じように髪の毛の傷みだと思われます。

4.コテやヘアアイロンを使っても、髪型がすぐに崩れてしまうのも髪の毛の傷みが原因です。

健康的な髪の毛でしたらヘアスプレーなどで固めなくても、半日くらいは状態をキープ出来るといわれています。

今回のケースが当てはまった人は、髪の毛が傷んでいる可能性があるので、しっかりと潤いを与えてあげてケアした方が良いでしょう。

若いうちは健康な髪の毛であっても、年齢と共に髪の毛も老けていってしまうので若い頃のケアが大切ですよ。

沖縄ヘナカラーに興味のある方は、ぜひ代理店になってみましょう。

今回の記事を書くにあたって、福岡の『天然沖縄ヘナカラー研究所』さんには、色々と教えていただきお世話になりました。

実際に色々知識を入れていく中で、ヘナの素晴らしさと沖縄ヘナが更に素晴らしいという事を発見でき楽しかったです。

沖縄ヘナを全国の多くの方に知ってもらいたいという方々が居るという事や、それを通じて利益を出すことも出来るという活動も知れて良かったと思います。

一般的にお金が絡んでくると汚いというイメージを思っている方が居ると思いますが、実際は逆で良いものを広めるうえに経済を回しているというシステムなので素晴らしいことだと思います。

沖縄ヘナに関わる全ての人が幸せになれる素晴らしい活動に、私自信も興味が湧いているのを実感します。

沖縄ヘナは髪の美容に携わる美容室のオーナーさんなどには、特にオススメです。

興味が湧いた方は、ぜひ福岡県福津市の『天然沖縄ヘナカラー研究所』さんへ、ご連絡してみてはいかがでしょうか。

このサービスをみんなにシェア!