電気工事、通信設備工事なら福岡の『株式会社Freeza』さんがおすすめ!LED取り付け、LED改修工事なども対応されてます。


 

人が暮らしていく中で明かりというものはとても大切です。

特に現代人にとって電気という物はライフラインとして無くてはならないものになっていますよね。

何をするにも電気が必要で、明かりがあるから遊べたり、夜でも仕事が出来たりします。
電球など、夜を照らす明かりが貴重だった時代には、日の出とともに起き、日の出とともに寝る生活をしていたそうです。

とてもゆったりとしていて健康的な生活ではありますが、それでは時代の進化速度もゆったりとしてしまいます。

現代人の生活リズムも多様化し、朝早くから働く人、夜遅くまで働く人など様々な方がいらっしゃると思います。
みなさんが働くことにより生活が快適になり、時代が進化していってると思います。

しかし、いざ私達の生活を振り返れば、電気を付けっぱなしにすると当たり前ですが電気代も非常に掛かってきてしまいます。

電球も頻繁に交換する必要があるでしょう。

しかし、そんな話は一昔前までの話です。

最近では長寿命、省エネのLEDが主流となってきていますよね。

多くのお店や会社などで白熱電球からLED電球に変わってきています。

今回は電気工事、通信設備工事、LEDの工事や取り付けを行ってくれる会社、福岡の『株式会社Freeza』さんをご紹介したいと思います。

LED販売店の方や電気会社の方、電気工事全般、電気通信設備工事、LEDの設置のことなら、ぜひ福岡の株式会社Freezaさんにご相談してみましょう。

会社情報

会社名 株式会社Freeza
代表者 【代表取締役】都市 徹
郵便番号 〒810-0014
所在地 福岡県福岡市中央区平尾3丁目7-21 302
事業内容 電気工事
通信設備工事
無線設備工事
LAN設備工事
計装工事
監視カメラの販売、設置
電話番号 TEL: 092-522-8600
FAX: 092-522-8601

マップ

Web

福岡の株式会社Freezaさんとは

株式会社Freezaさんは福岡を中心に九州北部で電気工事、電気通信設備工事、LED取り付けやLED改修工事などを請け負ってくれる会社さんです。

マンションやショッピングモールなどの大規模な工事から小規模な工事まで、大小様々な現場でお仕事を請けており、これまでの経験や実績も豊富なので信頼性の高い会社さんだと言えます。

実際にマンションやショッピングモールなどの大規模な範囲をLED工事するには、それなりの費用は発生してくるでしょう。

しかし、それ以上のリターンが帰ってくると思います。

LEDは長寿命・省エネなので、維持コストの削減や光熱費の削減に大きな期待ができます。

全国的にもLEDにチェンジしていっているのが、その証拠だと言えます。

株式会社Freezaさんは、大手電力会社やLED販売店さんから依頼を請け負っているそうです。

福岡でLED工事の施工業者をお探しなら、ぜひ株式会社Freezaにお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

LED工事も幅広く対応

LED工事と言っても大規模な工事もあれば、小規模の工事もあります。

また、単発工事もあれば、何件かまとめて依頼することもあるでしょう。

福岡の株式会社Freezaさんでは、LED工事であれば規模に関わらず請け負っているので、ぜひお気軽にお問い合わせしてほしいと語ってくれました。

これまでの経験と実績があるから、柔軟な対応ができ、喜んでもらえているそうです。

LED工事、LED取り付け、LED改修工事なら、福岡の株式会社Freezaさんがおすすめです。

少数精鋭だからこその強み

会社が大きいと、働く従業員の数も多くなります。

幅広く対応できるという面はメリットではありますが、
仕事の技術、仕上がりにムラが出て来る可能性もあります。

人それぞれ個性や得意なことは違うので、それは当たり前のことだとも言えます。

ですが、依頼する側からしたら当然ですがムラのない、安全かつ質の高い良い職人さんにやってもらいたいですよね!

仕事のクオリティーが低いと、お客さんもガッカリしてしまいますし、会社としても信用を失ってしまうことに繋がります。

だからこそ、少数精鋭でされている会社では
一つ一つの仕事の質を見れば信頼性の高い会社もたくさんあります。

福岡の株式会社Freezaさんは、少数精鋭で仕事の品質も安定しています。
知識や技術、経験や実績を積んだ職人さんが在籍しているそうです。

少数精鋭だから出来る、安全で高い品質があるのです。

協力業者募集

どこの会社でも協力業者がいると、とても助かりますよね。

自社の現場が忙しい時や、仕事が空いている時など
お互いを助け合えるということでお互いにメリットがあります。

そういった横の繋がりを少しでも多く持っていること自体にメリットがあるといっても過言ではないでしょう。

人と人の繋がりが大切なように、会社と会社の繋がりもとても大切なのです。

成功している多くの中小企業も、横の繋がりを多く持ち助け合いながら営んでいるそうです。

現在福岡の株式会社Freezaさんでは、事業拡大に伴ってLED改修工事の協力業者を募集しているそうです。

興味のある方は、ぜひ一度福岡の株式会社Freezaさんにお問い合わせしてみてください。

求人募集

福岡の株式会社Freezaさんでは、現在求人募集をしているそうです。

電気の仕事というのは生きていくうえで欠かせない
今後もなくなる事はない、需要のあるお仕事だと思います。

株式会社Freezaさんは電気通信工事や計装工事、LAN工事や防犯カメラの販売設置など
電気工事全般、幅広くお仕事されています。

株式会社Freezaさんに興味のある方は、お問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

経験者、未経験者問わず、仕事に対して前向きな姿勢のある人を募集しているそうです。
条件面などの詳しい情報はホームページに記載されていると思いますので、ぜひホームページを覗いてみてください。

LEDとは

LEDはライト・エミッティング・ダイオードの略で、日本だと発光ダイオードと呼ばれています。

LEDの原理を簡単に説明すると、半導体素子という電子部品に圧力を加えることで発光します。

また、材料の違いにより光の色の変化もあるのです。

しかし、最近までは青色発光ダイオードの開発ができておらず、ディスプレイへの活用が滞っていました。

実際には1986年に青色発光ダイオードが実在していたのですが、一般的に使用するにはコストがあまりに大きかったそうです。

それを2004年に東北大学金属材料研究所が安価な素材である酸化亜鉛を使い青色発光ダイオードを開発しました。

安価な青色発光ダイオードが開発されたことにより、色の三原色(赤・緑・青)の揃ったディスプレイが市場に出回ったのです。

LEDは明かりを灯すだけでなく、私達がテレビやスマートフォンに使うディスプレイにも利用されているのです。

LEDは私達の暮らしに非常に密接したものだと言えるでしょう。

現代の豊かな暮らしの一部はLEDのおかげだとも言えますね。

LEDの素材

LEDはその色ごとに素材が異なります。

逆に言えば素材さえあれば、どんな色でも自在に出せるということです。

そこで、どんな素材でどんな色を出しているのか、主に使われているものをご紹介したいと思います。

青色:窒化ガリウム(GaN)、セレン化亜鉛(ZnSe)、酸化亜鉛(ZnO)。

赤色:リン化ガリウム(GaP)、ガリウムヒ素リン(GaAsP)、アルミニウムガリウムヒ素(AlGaAs)。

黄色:アルミニウムインジウムガリウムリン(AlGaInP)、リン化ガリウム(GaP)、ガリウムヒ素リン(GaAsP)。

緑色:アルミニウムインジウムガリウムリン(AlGaInP)、リン化ガリウム(GaP)、アルミニウム窒化ガリウム(AlGaN)。

橙色:アルミニウムインジウムガリウムリン(AlGaInP)、ガリウムヒ素リン(GaAsP)。

紫外線:ダイヤモンド(C)、インジウム窒化ガリウム(InGaN)。

赤外線:アルミニウムガリウムヒ素(AlGaAs)。

以上が主に使われているLEDの素材です。

1つの色に対して1種類の素材ではなく、数種類の素材があるのが分かりますね。

LEDの普及

LEDは最近まであまり使われてこなかったのですが、近年爆発的に需要が伸びています。

その発端となったのが、2011年の3.11東北地方太平洋沖地震での被害です。

この出来事の影響から日本全体の節電意識が高まり、LEDへの関心が一気に高まったのです。

現在ではお店や会社だけでなく、一般家庭にまで広くLEDは普及しています。

さらに普及したてのころより需要が伸びたため、LED自体も種類が増え、当時よりも安価になってきている気がします。

白熱電球や蛍光灯を取り替える際には、LEDに切り替えることをおすすめします。

初期投資は高めですが、電気代や取り替えコストの削減によりメリットも大きいと思います。

時代の流れに合わせ明かりもLEDにチェンジしてみましょう。

長寿命

LEDが長寿命だとよく耳にすると思います。

しかし、今までの白熱電球や蛍光灯と比べてどれくらい寿命が違うのかピンときませんよね。

白熱電球の寿命は1,000~2,000時間だと言われています。

日数で計算すると、3ヶ月~6ヶ月程度といえるでしょう。

蛍光灯の寿命は約13,000時間だと言われています。

日数で計算すると、3年半~4年ほどです。

LED電球の寿命は40,000時間だと言われています。

日数で計算すると、約11年と言われています。

このように、実際にそれぞれ比べてみるとLEDがどれだけ長寿命かが分かると思います。

初期投資こそ多少高めですが、交換に掛かるコストを考えると実際にはかなりお得なのではないでしょうか。

コストだけでなく交換の手間も省けるのが、さらに良いですよね。

一般家庭だと交換の手間はあまり掛かりませんが、工場やショッピングモールなどでは非常に厄介だと言えるでしょう。

手間だけならまだしも3年~4年周期で交換するには、時間もコストも掛かってきてしまいます。

なので工場やショッピングモールなどの、広い場所にこそLEDが必要だと考えられます。

長寿命だからこそ、LEDには大きなメリットがありますね。

LEDのメリット

LEDのメリットは先程のご紹介しました長寿命という点にあります。

およそ11年持つと言われているので、交換の手間もほとんど必要ありませんね。

また、その省エネ効果にも大きなメリットがあります。

LEDは白熱電球と比べて電気代が約10分の1と、かなりの省エネ効果があるのです。

二酸化炭素の排出も少ないことから、非常にエコな点も人気の1つです。

また、LEDは熱くならないと言われており工場などでの人気も高いのです。

しかし、実際にはLEDも発熱しているのですがファンが取り付けられているため、そこから熱を逃しているのです。

熱を逃がすからこそ、気温や湿度に左右されない安定した明かりがあるのです。

白熱電球や蛍光灯は電気のON-OFFを繰り返すと寿命が縮まると言われていますが、LEDは電圧に対する耐性が強いためその心配もいらないでしょう。

また、紫外線や赤外線をあまり放射しないので美術館や街頭としても、その力を発揮します。

蛍光灯や白熱電球と比べて、振動や衝撃に強いのもメリットだと言えます。

LEDのデメリット

LEDのデメリットして一番に上げられるのが、初期投資のコストの高さがあります。

また、電球だけ交換するということもできません。

それは、LEDの仕組みが電球と本体が一体構造になっているのが原因です。

白熱電球や蛍光灯は広い範囲を照らし最大光度もかなり高いのですが、LEDの光は方向性があるため広がるように広い範囲を照らせないというデメリットや最大光度も白熱電球や蛍光灯と比べ弱いそうです。

しかし近年のLEDに光度はかなり明るくなっているため、光度に関してはあまり気にする必要はないと思います。

LEDにはメリットもあれば、もちろんデメリットもあるのです。

しかし、私はメリットのほうが圧倒的に勝っていると思っています。

それは世の中がLEDに変わってきていることからも伺えますね。

LED工事、LED取り付け、LED改修工事など、福岡の株式会社Freezaさんへ!

今回は電気通信設備工事や計装工事、その他電気工事全般を請け負ってくれる福岡の業者『株式会社Freeza』さんをご紹介しました。

株式会社Freezaさんは少数精鋭だらこそ、安定した品質を約束してくれます。

小規模な工事から大規模な工事まで請け負ってくれるそうです。

LED販売店さんや大手電力会社さんからの依頼が多く、確かな実績と経験を併せ持った業者さんなのです。

LED工事、LED取り付け、LED改修工事など、ぜひ株式会社Freezaさんにお問い合わせしてみてください。

Web

このサービスをみんなにシェア!