店舗や商業施設のダクト清掃 空調設備の清掃などはBEETROUPEへ!省エネや衛生にもつながる


 

私たちが普段気にとめることなく使っている自宅や商業施設の空調設備。空調設備があることによって、夏は涼しく冬は暖かく建物の中で過ごすことができます。

そんな空調設備は常に稼働しているものですので、外の空気を取り込んでいるダクトなどの通り穴や空調設備そのものを定期的に清掃する必要があります。商業施設などは特にです。

今回は愛知 知立の地域を拠点にダクトや空調設備の清掃サービスを行なっているBEETROUPEさんにお話をお伺いしてきたのでここで紹介させていただきます。店舗や商業施設の空調はもちろん、個人宅の空調のメンテナンス業務なども行なっているそうなので最近空調をあまり掃除できてないなー。なんて思われている方はぜひチェックしてみては!?

BEETROUPE

2011_0927_01

会社情報

社名 BEETROUPE
代表者 上小川 直毅
郵便番号 472-0005
住所 愛知県知立市新池3丁目-118 シュトルツ201
電話番号 080-5157-5258
定休日 不定休
事業内容 ダクト・空調清掃/取り付け/メンテナンス/

アクセスマップ

BEETROUPEさんもお見積もりや打ち合わせは基本的に現場でおこなうそうなので、事務所にお邪魔するような機会はないかもしれません。

お問い合わせをすると現場を下見してもらえます。

WEBサイト

WEBサイトはこちらから→http://bee-troupe.com/

BEETROUPEさんが提供しているサービスは?

20160517_053715646_ios

ダクト・空調清掃

BEETROUPEさんが提供しているサービスのメインにもなるのが、ダクトや空調設備の清掃やメンテナンスとなります。主に商業施設などに使われている、天井の中に埋め込まれている空調設備が対象となります。

空調設備そのものを清掃するのはもちろん、その空調設備に外の空気を送り込んでいるダクトの中もキレイに清掃してもらえます。

普段の生活の中では、なかなか接する機会がないものですが、空調を動かし快適な建物空間を作るためにはなくてはならないものです。

ダクトや空調設備を掃除しないとどうなるの?

店舗などで使っている業務用エアコンはどんなものなのか?と気になる方は、自宅のエアコンの大きくなったバージョンと考えるとわかりやすいかもしれませんが、そもそも掃除は必要なものなのか?ほおっておくとどんな危険性を兼ね備えているのか?少し紹介しておこうと思います。

ホコリやゴミが溜まると火災の原因にもなってしまう

まず空調設備と外の空気をつないでいるダクトにホコリやゴミが溜まってしまうとそれらが蓄積されて可燃物となります。近年ニュースやメディアなどでもこの「ダクト火災」の危険性が取り上げられています。

ダクト火災とは?

ダクト火災とは、厨房などの排気ダクト内に蓄積された油や埃に調理火などが引火し、ダクト内部で火災が発生することです。

特に油を大量に使う大型厨房をお持ちの飲食店、食品加工工場、などでダクト火災が発生する危険があります。

実際に消防庁からも注意喚起が出ているもので、特に厨房をつなぐダクトの中は、調理関係の熱によってダクトの中はかなりの高温となり、ちょっとしたきっかけからその溜まったホコリや汚れに引火してダクトの中で火災が起きてしまう現象です。

火災なので建物に燃え移ってしまう可能性もありますし、お客様やスタッフに危険にさらされることにもなりますので、甘く見ていてはいけないものなのです。

建物の運営者の場合は管理責任を問われてしまうこともあるので、特に厨房などでダクトをよく使われている場合は、定期的なメンテナンスが必須です。

また、火災という現実なので消化作業の間は営業もできませんし、過去には営業損失も含め2000万円を超える損害が出てしまった店舗もあります。目には見えないところだといってそのままにしておくのは大変危険ということです。

電気の消費効率が悪くなる

家庭用の空調と同じ原理ですが、空調設備へ外からの風を取り込むダクトの中が汚れている場合はそれだけ風を送り込むのにパワーが必要になるため、単純に電気の消費効率が下がり、店舗や商業施設運営のためのランニングコストがあがってしまいます。

最近では特に24時間稼働や交代制でフル稼働で空調を使われる店舗や施設が増えているため、ランニングコストがかさんでいくということはそれだけ運営を圧迫することにもつながります。

衛生面に影響が出てくる

そしてさらに気をつけなければいけないのが衛生面です。

外から取り込まれた空気を空調設備を通して室内に送り込んでいくため、ダクトの中が汚れていればそれだけ汚い場所を通って室内に風が送り込まれるということになり、室内の空気のキレイさはもちろん、店内にいるお客様やスタッフさんの健康状態にも影響を及ぼします。

特に食品関連の業務を行なっている場合は、食品そのものに悪影響を及ぼしてしまう可能性もあり、空気が取り込まれるダクトには最大の配慮が必要となります。

ダクトや空調設備の清掃とメンテナンスをしっかり行えば逆にいいことがたくさん

火災の原因になってしまったり、電気の使用量が多くなったり衛生面が悪くなったりと気をつけなければいけない点を一部紹介させていただきましたが、これらは逆にしっかりメンテナンスや清掃を行うことによってそのままメリットに変えることができるということです。

  • 火災などの原因を抑止することができる
  • 電気効率が良くなり省エネにつながる
  • 室内環境が良くなりお客様やスタッフさんも気持ちよく

このような環境を空調設備をメンテナンスすることによって作り出していけるということになります。

BEETROUPEさんに依頼するとどのようにダクトや空調設備の清掃を仕上げてくれるのか?

wall-1801952_1280

ここまでダクトを掃除しないデメリットと、掃除することのメリットを紹介すると「うわー掃除したくなってきたー」と思われる方も多いと思いますが、実際にBEETROUPEさんにダクトなどの清掃をお願いするとどのような作業フローになるのか簡単に紹介しておこうと思います。

問い合わせてから現場の確認

お電話はこちらから→080-5157-5258

お電話かメールフォームからBEETROUPEさんに問い合わせをすると、電話で簡単に内容を確認してもらい、実際の現場に趣き下見をしてもらえます。

現場をしっかりと確認するのは空調設備やダクトは同じでも全く同じ状況の空調設備というものは存在しないからだそうです。建物内部に埋め込まれているダクトの形や大きさ、汚れ具合や空調の台数などなど。現場の状況に応じて見積もりを提示していくそうです。

WEBサイトには目安となる料金表がありますが、あくまでも目安だそうでほぼ100%見積もりをご提示する形だそうです。納得です。

お見積もりに納得できたら作業開始

お見積もりで金額に問題がなければ着工日の日時を決めてその日に作業を開始していきます。

もちろん見積もり自体に費用は発生しないそうなので、金額に納得できなければ見送りすることも可能です。しかし店舗や施設のダクト掃除を今までやってこなかった場合は現場の下見をして説明をするとほとんどの方がその場で依頼されるそうです。

作業時間等も事前にしっかり説明してもらえます。ちなみに営業時間内に作業をすることはできないので営業時間外に作業をすることがほとんどです。

作業完了後お引き渡し

作業が完了すると細かなポイントを説明し、今後のメンテナンスのことも踏まえて簡単なフォローアップをしてもらえます。空調設備の正しい使い方やどれくらいの期間でメンテナンスをしていったらいいのかなど。

現場の空調設備に合わせて最善のアドバイスを受けることが可能です。

キレイになった空調やダクトは今までよりもキレイな風と省エネ効果を店舗や施設にもたらしてくれること間違いなしです。

BEETROUPEさんに気になることを聞いてみました

先にも述べたように空調やダクトというのは、普段見えないところにあるので、個人的に筆者が気になったところを上小川代表に直接聞いてみました。

業務用の空調ということでしたが一般の家庭のエアコンも依頼できるのですか?

はい、もちろん大丈夫です。

業務用のエアコンのイメージが先行してしまうかもしれませんが、一般家庭のエアコン清掃も承っております。業務用エアコン同様に事前にお見積もりさせていただきますし、清掃後はエアコンの効き具合の違いにきっと驚かれると思います。

業務用も家庭用も清掃することで様々なメリットが発生するので、長い目で見た時に絶対お得ですよ!

店舗や施設などの空調やダクト清掃というのはどれくらいのスパンで行うのが理想なのですか?

その空調の稼働率にもよりますので一概に何ヶ月というのは難しいのですが、おおよそ3ヶ月に1度は定期的に清掃するのが好ましいです。

最近は特に営業時間が長い店舗や施設が増えていますし、常にお客様に快適に過ごしていただくためにシーズンを通して空調を稼働させているというところも多いです。

清掃を3ヶ月で考えるより、清掃した方がいいのか、まだしなくていいのか、定期的にプロの診断を受けるのをおすすめしています。もちろん弊社にご依頼いただければ現場のチェックを行うこともできますのでお気軽にご連絡いただければと思います。

空調やダクト清掃ってどの時期が多いですか?どの時期にするのがいいんですか?

やはり年末に向けてのご依頼が多いですね。特に11月〜12月ぐらいの時期は、汚れを落として年越しを考えている運営者さんが多いので、スケジュールがどんどん埋まっていきます。

ありがたいことにたくさんご依頼いただいているので、年末年始も営業することに決めました。しっかり休みを取らないといけないですね(笑)

空調やダクトの清掃後目に見えて効果を確認したりすることってできるんですか?

はい、できますよ!

気流解析という技術があり、ダクトや空調の清掃前と清掃後で気流にどのような変化があったのかを目視で確認していただくことができます。

空気の流れというのは普段目で見えないものですので、清掃後に気流解析で効果をチェックしていただくのは多くのお客様に喜んでいただいておりますし、確認していただいた時には変化にびっくりされる方も多いです。

愛知 知立のダクト掃除 空調設備の清掃ならBEETROUPEさんに相談してみては!?

ということで今回は愛知知立を拠点にダクトや空調設備の点検清掃業務を行なっているBEETROUPEさんにお話をお伺いしてきました。

普段自分たちがあまり触れたり見たりしないところですので、どうしても億劫になりがちですが空調設備をキレイにすることで電気の消費効率もあがり、結果的に省エネにもつながります。

店舗などを運営されている方で最近空調の調子が悪いと感じていたり、効きの悪さを少しでも感じた時はBEETROUPEさんに相談してみてはいかがでしょう?

お問い合わせはこちらから→080-5157-5258

メールフォームはこちら→http://bee-troupe.com/contact/

最後まで読んでいただきありがとうございました。

このサービスをみんなにシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ネコの視点専属ライターです。
お店やサービス新商品などを中心に紹介しており実際に話を聞いてみたり、体験してみたりすることによって、ネット上のどのクチコミよりも正確で正直な内容を執筆しています。
インターネットでサービスや商品を購入したりする方が真に求めるサービスや商品に出会って欲しいと考えています。