福岡市城南の空手教室武神会 城南道場!空手を通して礼儀作法も身につく教室


 

子どもには強くたくましく礼儀正しく育ってほしいもの。

日本では小学生の8割以上が習い事をしている子がいるそうです。かなり多いですよね。

確かに、トップアスリートや一流大学に合格する人は何かしら幼少期から習い事や様々なスポーツを経験している方が多いそうです。

最近習い事でブームなのが武道。礼儀作法や精神力を身に付けさせようと習わせる傾向があります。

その中でも最近人気なのが空手です。2020年のオリンピックの種目に選ばれたスポーツのひとつです。

今回は空手を通して礼儀も学べる武神会 城南道場さんをご紹介します。

 

武神会 城南道場

指導者 支部長 牛嶋 明
練習場所 友泉亭自治会館
福岡県福岡市城南区友泉亭2-33
お問い合わせ 080-5261-1759
練習日時 木曜日(18時30分〜20時)

Webサイト

練習場所アクセスマップ

その他練習場所はこちらから確認

動画紹介

 

武神会について

武神とは

神技極めるを、武の始めとし、
無極に達するをもって、道となす
是即ち武神の道なり

武神会とは

空手を通じて人格を陶冶し、真理と正義を愛すると共に、如何なる艱難困苦にも立ち向かう、強靭な身体と不抜の精神をもって国家社会に貢献する

武神会の修業目的とは

心の修養、技の錬磨、体の鍛錬、この三位連環を完全に把握し、事に臨み機に応じ、無心の中より応変の動作が発揮出来うるを目的とする。是即ち心技体一如なり

武神道とは?

武神道は5つの心を大切にしています。

奉仕心= 武神会は、空手を通じて人格を陶冶し、真理と正義を愛すると共に、如何なる艱難困苦にも立ち向かう、強靭な身体と不抜な精神をもって国家社会に貢献するを旨とします。
修業心= 武神会は、『武神五律』を不滅の教義として心技体一如を求め、その奥義である、無極の位を目指して押忍の精神を噛み、無心の中より、事に臨み、機に応じ、応変の動作が発揮できうる修業に努めます。
和合心= 武神会では、苦難を友とした連帯感から、誇りある絆を紡ぎ、誉れ高き結束を固めます。また、一糸乱れぬ和合心をもって道友愛を育みます。
武神会の会章は『盟輪の符』≪輪(鉄の結束)を盟い符す≫を意味し、輪(和)の連環をもって、世界平和を希求します。
徳義心= 武神会では、空手という日本特有の精神文化を継承し、徳の香り漂う武人と気骨ある人材育成を目指して道を倣います。
また「徳義心なき者、礼を尽くし得ず」で、義を貫くことで徳を築き、徳を築くことで人格を建設します。
求道心= 武神会の求道心は完成への挑戦です。日本の美意識を学ぶことは審美眼を磨くことで、武の神技、神髄を摑むことは百千万倍身を動かすことです。
修業には本気の覚悟が求められ、本気の言霊は凛として心に沁み、覚悟の行動は厳として魂に響きます。 

空手を通して礼儀・礼節を学べる道場

拳足を使い打撃技を決めていく空手。

世界で最強の格闘技と言われている武道で、2020年の東京オリンピックの追加種目として追加されたことで最近話題となっています。

その影響からか空手を始める子どもも増えてきているといわれています。

武神会城南道場さんでは生徒さんのレベルに合わせながら空手の基礎・応用が学べる道場です。

技を極めて、相手に勝つことも大切ですが、空手は武道なので「礼に始まり礼に終わる」競技。

この道場では、テクニックはもちろんですが、礼儀礼節が身につき、しっかりした人格形成ができるよう指導しています。

礼儀・態度・言葉遣いをしっかり学べばその後の成長につながっていきます。

空手初心者歓迎!女の子も大丈夫!

道場に入るほとんどのお子様が初心者なのでご安心を。

一人一人のレベルに合わせて指導してくれます。

運動が苦手な子でも練習を行えば少しずつでもステップアップしていきます。

稽古を繰り返すことで体が慣れていくので運動の苦手克服にもなります。

最近では女の子の入会者も増えているようなので性別年齢関係なく入会できます。

空手は危険ではない

空手を習わせたけど、技を使うから怪我しないか心配。という親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

基本的に組手は高校生以上となっており、中学生以下は技と形がメインなので怪我をする事はありません。高校生以上となると組手が入ってきますが、試合になれば対戦相手もいるので真剣勝負になります。

指導者は怪我をさせないように日頃から厳しい練習を行っていますので危険はありません。流派によって攻め重視の流派や守り重視の流派があります。

武神会はしっかり払いや受けを覚えさせ、攻撃で相手を倒す組手を行っています。

対人で試合を行いますが、実践空手なので防具をつけない直接打撃のフルコンタクト空手です。

組手をすることで痛みがわかり、相手に優しくする心や敵を倒す技術が身につき精神的にも強く成長します。

料金について

月謝/週一回1時間30分の指導 4,000円
入会金 8,000円
育成会費
※施設の使用料やイベントなどのための積立金
1,000円

無料体験・見学できます

道場に入る前に、どんな雰囲気なのか、どんな指導をしているのか知りたいという方のために無料体験や見学ができます。

どんな教室か知れば、お子様も大人の方も安心して入ることができます。

体験されるのであれば動きやすい服装で行った方がいいでしょう。

練習日について

武神会 城南道場さんでは3箇所の道場で教室を開いています。

道場によって練習日が異なるのでご注意ください。

  • 城南道場→木曜日
  • 春日道場→水曜日
  • 筑穂道場→金曜日

 

空手を習わせるなら何歳からがいい?

空手はコミュニケーション能力や運動能力がついてきた早い年齢から始めるのが良いでしょう。

目安としては4〜5歳ぐらいが多いですが、早いと3歳ぐらいから通い始める子もいるそうです。

しかし、まだ運動能力が未発達な年齢なので怪我をするリスクもあるということを頭に置いておきましょう。

空手をするメリット

世の中にはいろんなスポーツがありそれぞれにメリットがあります。

では、空手はどんなメリットを持っているのでしょうか。

礼儀正しくなる

空手道において「礼に始まり礼に終わる」は基本。

稽古場に向かうと気、始まる前、組手をするとき、稽古終了時、稽古場から帰る時などすべてのことをするときに礼をします。

礼は、自他敬愛の念で、人と人とが摩擦を起こさないがための潤滑油です。礼の中に敬愛の念が吹けば一陣の清風が渡り、礼の中に人格が漂えば品位が香ります。
この礼の行為追求の中にこそ、正義と至誠の心が養われ、真の勇気と堅忍不抜の押忍の精神が培われるのです。

空手を通して礼儀を身につけることで、心が強くなり、周囲への感謝の気持ちを持つようになります。

集中力が身につく

空手はただ技を出せばいいというものではありません。

相手との間合いの取り方を習得して、ひとつひとつの形を綺麗に決めていきます。

相手の隙を見つけたり、技を見極めたり、技を出すタイミングを考えたりと頭と体と心を使います。

五感をフル活用させるので稽古をしていくことで集中力が身についていきます。

精神力が身につく

空手は形で勝負するスポーツです。

常に相手がいることを想定して形を演じていきます。

自分に集中して向き合い心身ともに鍛えていくのでメンタルが強くなります。

もちろん通っていれば必ず精神力が身につくわけではありません。

稽古や試合を行っていけば、出来ないこと、悔しい気持ちにぶつかります。

それを乗り越えていくことで強い精神力が身についていきます。

あとはそれを継続することで忍耐力と精神力が鍛えられるのです。

黒帯は空手以外でも役立つ

空手を継続し段階を上げていけば黒帯を取得することができます。

黒帯が役立つのは空手だけではありません。

学校や就職試験で空手をし黒帯を取得した経験をアピールすれば、礼儀正しい・物事をしっかり取り組むなど前向きな評価をしてもらいやすくなります。

体が鍛えられる

空手は腕力や脚力が必要ですが、これらをさらに発揮するには体幹と柔軟性が必要です。

普段使わない筋肉を使った動きなどをするので身体がしっかり鍛えられます。

体幹が鍛えられれば姿勢が良くなりひきしまった体になります。

また、柔軟性をアップすれば怪我もしにくくなりますね。

他にも瞬発力や反射神経も鍛えられるので外面でも内面でもかっこいい身体づくりをめざすことができるのです。

支部長紹介

支部長プロフィール

1989年7月生まれ 飯塚市出身
小学校5年生の時に武神会空手と出会う。
それ以降16年間空手をやり続けている。
武神会主催の全国大会で準優勝するなど経歴を持つ。
23歳の時に武神会のさらなる飛躍のため、指導者の道へ進む。
以後、幼児から大人まで幅広い年令層まで指導を行っている。

メッセージ

小学生を中心に指導を続けていますが、私が大切にしていることは空手はもちろん、日常生活における礼儀や作法もしっかり取り入れ指導にあたっています。
挨拶、感謝、礼節・礼儀。これらは今後の生活において身につけておかないといけないものだと考えているからです。

空手に礼儀に人としてもしっかり成長していける武神会 城南道場。まずはお気軽にお問い合わせいただければと思います。

心も身体も鍛えるなら武神会 城南道場へ

武神会 城南道場さんでは、空手を通して身体だけではなく心も鍛えることができます。

集中力や強い精神力が身につくのでこれからの成長にも役立つでしょう。

空手をやったことがない子でもレベルに合わせて稽古を行ってくれます。

誰でもみんな初心者なので恥ずかしくありません。

道場で稽古を行っている子は皆明るく元気な子ばかりなので友達も増えてコミュニケーション能力も身についていきます。

ただ通うのではなく、稽古一回一回集中して行い継続することが大切です。

子どもの成長や視野を広げるために一度無料体験から行ってみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

このサービスをみんなにシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

ネコの視点専属ライターです。
お店やサービス新商品などを中心に紹介しており実際に話を聞いてみたり、体験してみたりすることによって、ネット上のどのクチコミよりも正確で正直な内容を執筆しています。
インターネットでサービスや商品を購入したりする方が真に求めるサービスや商品に出会って欲しいと考えています。