福岡で永代供養、納骨堂の利用なら、四季豊かさを感じれる成田山不動寺さんへ

福岡で永代供養なら、安心の成田山不動寺さんへ

供養のご心配事の多い現代 これまでの日本では、年老いた両親は子ども達の家族と共に一緒に暮らし、亡くなった後の供養まで子供が面倒を見るのが一般的でした。

しかし核家族化や高齢化が急速に進む現代の日本では、なかなか従来の生活が維持できなくなっているのが現状です。子供が仕事や学校で両親の住まいから遠方に住居を構えてしまうことも多く、そう頻繁に里帰りして両親の面倒を見ることも難しくなっています。

これは両親が亡くなった後も言えることで、子どもが実家のお墓や菩提寺がある場所から遠く離れた場所に住んでいれば、その後の供養も難しく大きな負担となってしまいます。

兄弟や親せきが多くいる地域なら心配も少ないのですが、少子化で一人っ子が増えている昨今では亡くなった後の供養を考えると心配事が絶えません。

お墓というのは、掃除や管理する者がいなくなると途端に荒れ果ててしまうものです。

特に山中にポツンと作られている田舎の墓地などの場合、たったひと夏手入れを怠っただけでも草が生い茂り、墓標としての威厳も役割も損なわれてしまいます。

子供としても、先祖のお墓は頻繁に手入れをして大切に守っていきたいところですが、遠方であることや仕事や生活で忙しいことでつい足が遠のいてしまい、気付いた時には大変な事態になっていることも珍しくありません。

このように不便や心配ごとの多い時代であることからも、安心して先祖のお墓や供養を任せられる存在を見つけておくことが非常に重要だと言えます。

最近は遠方に住んでいる子供の依頼を受け、本人の代わりに両親や先祖のお墓を掃除したり線香を上げるなど管理を行ってくれる代行業者も登場しているので、必要に応じて依頼してみるのも良いでしょう。

安心の永代供養の成田山不動寺さん

上述したように、核家族化の進む現代では満足に先祖の墓守ができないことも多いため、自分の代わりにお墓を管理してくれる代行業者を利用する人も増えています。

しかし代行業者はあくまでも一般の便利屋のようなもので、掃除や線香をあげることはできても先祖の魂を供養することはできません。

自分が管理できないならば、せめて本職であるお寺や僧侶の方に供養してもらいたいと考える人も多いのではないでしょうか。

そんな場合に最適なのが、永代供養を行ってくれる成田山不動寺です。

ここはかの有名な成田山新勝寺から御分躰を勧請した由緒正しきお寺で、御分躰を奉迎した際には九州や四国各地の信者が約2,800人も参列したと伝えられています。

海を臨む広大な敷地には豊かな緑が広がり、信仰の場としてだけではなく観光地としても注目を集めています。

成田山不動寺さんではお骨の永代供養も行っており、平成27年に新たに建立された納骨堂で管理費無しで供養していただくことができます。

一般的な納骨堂は各家庭ごとに設置された場所にお骨を納めることになりますが、成田山不動寺の場合は1軒ごとにお祀りする形ではありませんが、全てのお骨を等しく安置して毎日住職や僧侶の皆さんが供養して下さるので安心です。

永代供養となってはいますが、実際は30年間の供養を終えた後に永代供養塔の下にて自然に返すことになります。

命あるものは全て土に還るのが自然の流れというものなので、あるがままの姿で永遠の眠りにつけるのは子孫としても嬉しいところです。

納骨に際しては、1骨30万円で2骨預ける場合は50万円となります。

期間を開けて2骨目をお願いする場合は、1骨目と同じく30万円が必要になります。

四季豊かな成田山にて

成田山不動寺の特徴は、その由緒正しさだけではありません。

豊かな自然に囲まれた爽やかな環境が広がり、緑ばかりではなく生命力にあふれる四季折々の美しい花が供養に訪れた人々の心を癒してくれます。

春になれば参道や境内一面に植えられた約400本の桜が咲き誇り、美しい薄紅色で染められた景色を楽しもうと数多くの花見客が訪れます。

梅雨の時期になれば敷地内のところどころに植えられたアジサイが色づき始め、薄紫やピンク、白に青といった様々な色合いを楽しむことができます。

その数は何と数千株にも及び、境内を埋め尽くすのではないかと錯覚するほどです。

また、成田山不動寺は標高が200メートルと高台にあるため、境内から眼下を見下ろすとそれは美しい景勝を目にすることもできます。すぐ目の前には雄大な海が広がり、天気が良ければ遥か遠くに山口県の姿を臨めます。

このように景色も非常に優れていることから、お寺へ供養などに訪れる人だけでなく観光目的でやって来る人も多く、敷地内には望遠鏡も設置されています。

さらに、福岡県の北部は開運の七福神が揃った場所としても知られており、不動寺はその中でも一番の寿老人の札所として指定されています。

開運のために七福神の霊場を巡る人にとっても欠かせない場所となっており、いかにこの地域で重要な役割を果たしているかを窺い知ることができます。

このように、成田山不動寺は単なるお寺というだけではなく、様々な特徴を持っています。

管理費無しで充実した環境、安心の供養を行ってくれる成田山不動寺は大切な先祖の供養をお願いする場所としては申し分ないと言えます。

どこか良い菩提寺はないかと探している場合は、検討してみると良いでしょう。

ご祈祷や滝行なども受けられます

成田山不動寺は、一般的なお寺と同じく御祈願やご祈祷にも対応しています。

本尊である不動明王の御前において、参詣者が祈願する事柄を成就させるべく、僧侶が専門の加持祈祷を行ってくれます。

代表的なものとしては、毎月第1と第3日曜日及び28日に行われている護摩祈願が挙げられます。

修法の最中、本尊前に設置された炉中に参詣者の願い事が書かれた護摩木を捧げ、僧侶が成就を願って祈願します。

お寺に来た際に護摩木に記入すると、それを読み上げて焚きあげてくれます。

最初に述べた縁日の護摩祈願開始時間までにお寺へ行くと、約1時間に渡って行われる護摩祈願の場に同席することもできます。

祈願が終わるとお茶接待を受けることができ、住職の有り難いお話を耳にすることができるので大きな経験となるでしょう。

護摩祈願の際に発生する煙には有り難い霊験が込められているとされており、同席することでこの煙を存分に浴びることができます。護摩木は1本500円とリーズナブルな価格なので、気軽に挑戦してみましょう。

また、交通安全を祈る車両祈願も受け付けています。

自分で車を乗ってくればそのまま車の御払いもしてもらえますし、それが難しければステッカー形式のお守りや交通安全のお守りを授与していただけます。

この他、厄除けや家内安全を始め、安産や病気平癒に商売繁盛などありとあらゆる祈願を行ってもらえるので、先祖の供養以外にも参詣する価値は十分にあります。

最近若い女性を中心に人気を集めている滝行も行っており、豊かな自然の中で日ごろ感じている鬱屈した気持ちや厄を落としたい場合には最適です。

他のお寺ではなかなか体験できないものなので、興味のある人はぜひ体験してみると良いでしょう。

福岡の自然豊かな成田山に是非

成田山不動寺は、昭和39年に成田山新勝寺から御分躰を奉迎して以来、厄払いや交通安全の守護神として地元の人々に親しまれてきた由緒正しいお寺です。

標高200メートルという地点を活かした雄大で美しい自然に周囲を囲まれ、1年中心が洗われるような清々しさを体験することができるパワースポットとなっています。

特に境内から目にすることのできる三里松原の海岸は、美しい鮮やかな海の青さに白く輝く砂浜、緑深い松原が一体となって得も言われぬ感動を与えてくれます。

周囲の景観だけでなく春には桜、梅雨にはアジサイが満開となって美しい花々が咲き誇り、参詣者の心を癒してくれます。

桜が満開となる季節には春祭りも開催され、普段は厳かな雰囲気に満たされている不動寺の境内もお花見を楽しむ多くの人々で賑わいを感じられます。

開運を司る豊前の国七福神の霊場としても古くから親しまれており、パワースポット巡りをする際にも欠かすことのできない場所です。

このような様々な特徴を持っているだけではなく、もちろん本来の御役目である亡くなった方への供養も熱心に行ってくれます。

墓守が満足にできなくなってきた昨今の事情に応える形で納骨堂を設立し、永代供養を積極的に行うなど残された子孫のことも考えてより良い供養の形を示しています。

本職とも言える僧侶達が心を込めて読経してくれるので、子孫としても安心して任せることができます。

お墓の管理が十分にできなくなって荒れさせてしまうくらいなら、例え専用の墓標が無くてもお寺で大切に管理供養してもらえる方がずっと良いと言えるでしょう。

成田山不動寺は数多くの役割を果たす福岡の名所にもなっている場所なので、納骨を検討している場合だけでなく一度訪れてみてはいかがでしょうか。

このサービスをみんなにシェア!